新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

大砲のなかのアヒル」 レイラさんの声

大砲のなかのアヒル 文:ジョイ・カウリー
絵:ロビン・ベルトン
出版社:平和のアトリエ
本体価格:\1,500+税
発行日:2002年07月
ISBN:9784938365288
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,744
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • それが、戦争のおしまい

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子12歳

    平和博物館を創る会の編集による「世界・平和の絵本」シリーズ、とあります。
    小学校の図書室の購入本で知りましたが、先生が絶賛されていました。
    戦争のために敵地近くにやってきた将軍と兵士達。
    大砲の準備を始めたところ、大砲にアヒルが巣を作っていて動かないのです。
    何とも間の抜けた状況ですが、その解決策に、敵地の市長に大砲を貸してほしい、
    と直談する将軍もなかなかです。
    結局休戦となりますが、戦争の愚かさがよくわかる展開です。
    でも、それ以上に、アヒルを見る優しいまなざしが残っていたからの話。
    この人間らしさをいとおしく感じます。
    だって、アヒルごと大砲を撃とう、という案もあったのですから。
    戦争の愚かさはもちろんのこと、将軍や兵士の人間らしい振る舞いを感じ取ってほしいです。

    投稿日:2008/03/13

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「大砲のなかのアヒル」のみんなの声を見る

「大砲のなかのアヒル」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

そらまめくんのベッド / てぶくろ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット