話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる

星新一ショートショートセレクション(13) クリスマスイブの出来事」 夏の雨さんの声

星新一ショートショートセレクション(13) クリスマスイブの出来事 作:星 新一
絵:和田 誠
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2003年11月
ISBN:9784652020937
評価スコア 4
評価ランキング 29,448
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  •  『星新一ショートショートセレクション13』(理論社)。
     表題作である「クリスマスイブの出来事」をはじめとして、21篇の「ショートショート」が収められた、児童書。
     装幀・挿絵(それぞれの作品にひとつ挿絵がついています)は、和田誠さん。

     表紙の和田誠さんのイラストが笑わせてくれる。
     大きなトナカイがサンタクロースをまるで飼い犬のように持っている絵。星新一さんのショートショートをイラストにしたものかと思うだろうが、表題作「クリスマスイブの出来事」はこのイラストとはまったく違うので、ご注意あれ。
     では、どんな話かというと、クリスマスイブの夜に贈り物を届けていたサンタクロースが泥棒と間違えられるコント風のもの。
     ストーリーをじゃましない和田さんのイラストを、星さんは気に入っていたようだ。

     和田さんのイラストで今回秀逸だったのは、「協力的な男」という作品につけられた挿絵。ほかの作品でもそうだが、作品ひとつに和田さんの挿絵が一枚、一ページ分つく。
     この「協力的な男」の場合、和田さんは一ページを使って、何の変哲もない男の上半身を描いただけ。
     この絵から、強奪事件の犯人だと自首してきた男とその男の嘘に騙される警察の話を想像できる人はいないだろう。
     それでいて、星さんが作品で書いた自首をしてきた男は、きっとこんな風貌だろうと思わせるものが、和田さんのイラストにあるのが不思議だ。

     星新一さんと和田誠さん。
     二人の力が合わさって、星新一ワールドはうんと広がったといえる。

    投稿日:2024/04/02

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「星新一ショートショートセレクション(13) クリスマスイブの出来事」のみんなの声を見る

「星新一ショートショートセレクション(13) クリスマスイブの出来事」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット