話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ

おみやにいったらむしがいる」 ジョバンニさんの声

おみやにいったらむしがいる 作:日浦勇
絵:たかはし きよし
出版社:福音館書店
本体価格:\757+税
発行日:1994年
ISBN:9784834002102
評価スコア 4.4
評価ランキング 11,230
みんなの声 総数 4
「おみやにいったらむしがいる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 図鑑としての利用価値も高い

    • ジョバンニさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子5歳、女の子1歳

    虫好きな息子のために、ある本屋さんで「お薦めの本は?」と訪ねたところ、この本を紹介してくれました。なんと日浦勇さんの本ではありませんか。日浦勇さんといえば昆虫,特に蝶の大家として有名な方でした。日浦さんが亡くなられて、早20年が過ぎようとしていますが、この様な形で日浦さんの書物にお目にかかれるとは思いませんでした。さらに絵は、ファーブル昆虫記などの絵も描かれている”たかはしきよし”さんです。この2人が造った絵本です。それだけで感動です。
    内容は”お宮”で見られる昆虫を、散文詩的な文書で紹介しているものですが、虫の特徴を説明したページなどは図鑑としての利用価値も高いと思います。
    タイトルの”お宮”とはチョットした森、最近では”ビオトープ(自然な状態で様々な生物が生息できる環境の最小単元)”と称する場所をイメージしているものと思われます。虫は買うものと思っている(都会?の)子供が増えているようですが、『ちょっとしたところを探せばどこにでも虫はいますよ』と言う日浦さんのメッセージが込められているような気がします。

    投稿日:2003/10/07

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おみやにいったらむしがいる」のみんなの声を見る

「おみやにいったらむしがいる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / バムとケロのおかいもの / バムとケロのそらのたび

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット