ありとすいか ありとすいか
作・絵: たむら しげる  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ある夏の午後、すいかを見つけたありたちは、巣に運ぼうとしてみんなで力を合わせて押しますが、びくともしません。そこで − − − 。

ピンポンならすのだあれ?」 まゆみんみんさんの声

ピンポンならすのだあれ? 作・絵:たるいし まこ
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2003年
ISBN:9784579404209
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,284
みんなの声 総数 8
「ピンポンならすのだあれ?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 家庭のルールを伝えながら。

    はじめての留守番は子供にとってはドキドキですね。
    ピンポンが鳴ってしまった時には、それはもう〜ですよね。
    この絵本は繰り返し要素やピンポンに来た相手など楽しさ満載ですが、我が家では防犯上、親がいない時のピンポンは反応しなくていいと教えているので、家庭のルールも伝えつつ読むのがいいと思いました。

    投稿日:2019/02/27

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ピンポンならすのだあれ?」のみんなの声を見る

「ピンポンならすのだあれ?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / そらまめくんのベッド / てぶくろ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット