なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

おもいでをなくしたおばあちゃん」 ヒラP21さんの声

おもいでをなくしたおばあちゃん 作:ヤーク・ドレーセン
出版社:朝日学生新聞社
本体価格:\1,000+税
発行日:2011年03月
ISBN:9784904826164
評価スコア 4
評価ランキング 24,140
みんなの声 総数 3
「おもいでをなくしたおばあちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 思い出してもらえること

    身近にあってなんとも重いテーマです。
    痴ほう症でしょうか、記憶が薄れていくおばあちゃん。
    老人ホームに入居しているおばあちゃんをぺトラとお母さんのエマが訪ねていきます。
    おばあちゃんには自分たちが解りません。
    それでも話しかけると、お母さんの妹のことは思い出すのです。
    思い出はなくなったのではなくて、引き出しの奥にしまわれてしまって、なかなか引き出すことができないのです。
    二人を記憶の引き出しから出してもらえたのは、おばあちゃんがお母さんによく聞かせていた歌。
    記憶の引き出しをあける鍵はあるのです。
    帰る電車の中で、ぺトラがお母さんに語ります。
    「お母さんが私を解らなくなっても、自分は自分の子どもにあの歌を歌わせるからね」。
    この親子がいつまでも幸せであるだろうと感じられるラストでした。

    少し評価を下げたのは、絵の難しさです。
    おばあちゃんの心の中をイメージしたのでしょうか。
    抽象的な表現で、絵画として感じるところはあるのですが、お話とのかみ合わせがあまり良くないように思ってしまいました。
    残念。

    投稿日:2011/07/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おもいでをなくしたおばあちゃん」のみんなの声を見る

「おもいでをなくしたおばあちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット