話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ

クロウチーフ」 レイラさんの声

クロウチーフ 作・絵:ポール・ゴブル
訳:倉橋 由美子
出版社:宝島社
本体価格:\1,456+税
発行日:1995年
ISBN:9784796609784
評価スコア 4
評価ランキング 25,655
みんなの声 総数 2
「クロウチーフ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • アメリカ・インディアンの民話

    • レイラさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子12歳、男の子9歳

    石槍や矢で獲物を仕留めていた先史時代のアメリカ・インディアンの民話。
    インディアンたちは獲物のバッファローを仕留めるのに苦労していました。
    理由は賢いカラス「クロウチーフ」が事前に人間の動きをバッファローに伝えたからです。
    当時カラスは白かったのですが、
    「流れ星」という助っ人を得たインディアンの策略にはまり捕らえられ、
    煙のすすで真っ黒にされるのです。
    人間と共存するために、と黒くされたカラスたち。
    先史時代は、今からは想像できないほど人間と動物達の距離は近かったのでしょう。
    ティピというインディアンのテントなどの生活の細部が興味深い味わいの絵本です。

    投稿日:2006/01/13

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「クロウチーフ」のみんなの声を見る

「クロウチーフ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット