おしりたんてい ププッ きえたおべんとうのなぞ! おしりたんてい ププッ きえたおべんとうのなぞ!
作・絵: トロル  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
こんかいのじけんは、つぎつぎなくなるおべんとう! 電車の中で、おしりたんていが大かつやくします。はたして、はんにんは?

ハウルの動く城(3) チャーメインと魔法の家」 capellaさんの声

ハウルの動く城(3) チャーメインと魔法の家 作:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
訳:市田泉
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:2013年05月31日
ISBN:9784198636142
評価スコア 4
評価ランキング 26,613
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • ふしぎな家が面白い

    ハウルのシリーズ第3弾にして完結編です。
    魔法とは縁遠いお嬢さん学校の教育を受け、大切に育てられたチャーメインは、読書をしていればご機嫌な女の子なのですが、大魔法使いの大大おじさまのお世話に行くことになると言うところから物語は始まっています。
    大大おじさまの家はとても不思議な家で
    呪文だらけです。
    うっかり曲がり角を間違えれば、どこに行くかわからない奇妙な家で、
    こわいけれど魅力的。
    折りたたまれて、どこに通じているか、なかなか理解できないので、動くたびに冒険です。
    前半は何がどうなっているのかさっぱりで、チャーメインや宿無し(わんこの名前)が無事に戻るたびにやれやれ。
    でもここの、食事のシステムはかなり魅力的です。
    後半に待望のハウル一家登場。
    カルシファー頑張っていて、健気で大好きです。
    ソフィーとハウルのやりとりもとても面白い。
    ラストはパタパタと謎も解けて、とんでもない奴も、やっつけてすっきり!
    もう続きがないのがさみしいので、何度も読みます。

    投稿日:2017/09/14

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ハウルの動く城(3) チャーメインと魔法の家」のみんなの声を見る

「ハウルの動く城(3) チャーメインと魔法の家」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット