ロングセラー
おいし〜い

おいし〜い(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数33万部突破の人気シリーズ第2巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
  • ためしよみ

トム・マーロウの奇妙な事件簿(2) 悪夢の目撃者」 てんぐざるさんの声

トム・マーロウの奇妙な事件簿(2) 悪夢の目撃者 作:クリス・プリーストリー
訳:堀川 志野舞
絵:佐竹 美保
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
税込価格:\1,628
発行日:2012年03月31日
ISBN:9784591128688
評価スコア 4
評価ランキング 29,235
みんなの声 総数 1
「トム・マーロウの奇妙な事件簿(2) 悪夢の目撃者」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 物語の根底には黒人奴隷制度が…!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子17歳

    「トム・マーロウの奇妙な事件簿」シリーズ第2巻です。
    1巻ではトム自身の親友が殺されてしまうという悲劇から始まりました。
    第2巻の本書では冒頭からいきなり、トムの「本当の父親」というのが登場します。
    というのは嘘で……とかいう展開になるかと思っていたら、2巻で名乗り出たトムの父「グリーブス」は本当の父親で、若い頃はやくざのような生き方をしていたものの、流刑地であった新大陸アメリカでまじめに働き、富を得て帰ってきて、息子のトムのことはほんとに大事に思っているということが、物語の後半でわかってきます。
    若い時クズな生き方をしていた人って、結局最後は信じていた人を裏切ったりという展開になることが多いものですが、そこはいい意味で作者に裏切られたということですね〜。
    (よかったよかった)

    また、今回は謎解きの相棒ハーカー博士の過去も見えてきます。
    2巻は1巻に比べると、この物語の世界に広がりが見え、街やそこに生きる人々がさらに鮮明にみえてきます。
    内容もぐっとドラマチックになって、あっという間に読み終わってしまいました。

    タイトルにも出てきている《白い騎士》を含め、
    このお話の根底には18世紀からヨーロッパで普通に行われていた黒人差別、黒人の奴隷制について取り上げているようです。
    トムの実の父が富を築き上げたその理由も実は……。
    色々読み応えたっぷりの作品でした。
    小学校高学年から中高生の冒険ミステリが好きな子どもたちに是非読んでもらいたいシリーズです。

    投稿日:2017/05/07

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「トム・マーロウの奇妙な事件簿(2) 悪夢の目撃者」のみんなの声を見る

「トム・マーロウの奇妙な事件簿(2) 悪夢の目撃者」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット