宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

アンドリュー・ダッド(あんどりゅーだっど)

アンドリュー・ダッド(あんどりゅーだっど)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

おやすみ、ぼく

おやすみ、ぼく

文:アンドリュー・ダッド  絵:エマ・クエイ  訳:落合 恵子  出版社:クレヨンハウス  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2009年04月  ISBN:9784861011481

1件見つかりました

アンドリュー・ダッド(あんどりゅーだっど)さんの作品のみんなの声

  • 素敵なお話

    オラウータンの男の子が今日頑張ってくれたぼくのからだにおやすみをしていくお話です。 あし、もも、むね、うで、め…自分のことを大切にして欲しいという思いが絵本を通して伝えられます。 これから・・・続きを読む

  • おやすみ前の一冊に

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子7歳、女の子6歳

    自分のあし、おなか、手、ひとつひとつにおやすみを伝えていくチンパンジーがとってもかわいくて愛らしい。 枕にしずむチンパンジーの様子が本当に幸せそうでこっちも自然にねむたくなってきます。 おやすみの・・・続きを読む

  • おやすみ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    おやすみ、ぼくのあし…といった感じに自分の体の部位たちにやさしく声をかけていき、眠りにつくお話。 体もこんな風にやさしく声をかけられたら嬉しいかもしれませんね。 赤ちゃんに読みましたが、読んでいる・・・続きを読む

  • お母さんが子どもをねかせるときに 優しく 子どもに語りかける絵本ですね オラウータンのこどもが こんなに 自分の足や ひざ もも お腹にも感謝して 自分の体を労っています 眠りにつく前に こんなふ・・・続きを読む

  • 自分を解放すること

    幼児絵本ではありますが、最近習っているカウンセリングの中で教わったフォーカシングに共通するところを感じました。 自分の体のひとつひとつ感じてみることの大切さを、この絵本は語っています。 眠る前に、・・・続きを読む


『チリとチリリ あめのひのおはなし』<br>どいかやさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット