話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
バーバラ・ガリソン(ばーばらがりそん)

バーバラ・ガリソン(ばーばらがりそん)

ウェルズリー大学、コロンビア大学卒業後、プラットグラフィックセンターに学ぶ。ニューヨークタイムズの児童書イラストレーション部門ベスト10に選ばれた“Another Celebrated Dancing Bear"、『ひとつ』(福音館書店)の姉妹書となる“Only One Neighborhood"のイラストなどがある。ニューヨーク在住。

お気に入りの作家に追加する

バーバラ・ガリソンさんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

ひとつ

ひとつ

作:マーク・ハーシュマン  絵:バーバラ・ガリソン  訳:谷川 俊太郎  出版社:福音館書店  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2010年09月  ISBN:9784834025705
  ためしよみ

1件見つかりました

バーバラ・ガリソンさんの作品のみんなの声

  • 小さいようで大きい

    雰囲気のあるイラストに惹かれ、手に取りました。 「ひとつ」という言葉の捉え方を説いたお話。 ちいさいようで大きい「ひとつ」。 12個なのに1ダースだったり、9にんで1チームだったり。 数え切れ・・・続きを読む

  • 余韻が残る絵本

    昔懐かしい感じの色合いに心を惹かれました。 一体どういう手法で描いているのでしょうか? クッキーなどが入っていたおかしの缶に書いてある絵のような・・・どこかで見たことのある感じのイラストです。 ・・・続きを読む

  • みんなひとつ

    このお話は、みんな一つの物だという事が描かれていました。例えば車もタイヤは4つでも車で数えれば1つの物。この絵本を読んで、物は見方によっていろいろな見方ができるのだな〜って思いました!!うちの子もこの・・・続きを読む

  • ちょっと早かった

    数に関する絵本です。数がたくさんあっても、それがひとつにまとまるとひとつと数えるという、少々難しい概念を教えてくれる絵本です。 海外絵本なので、絵が独特です。また表現も独特なところがあります。たとえ・・・続きを読む

  • 哲学的「視点」の“ひとつ”

    谷川俊太郎氏の訳なので 借りてみました 絵?版画? なんとも素敵な絵ですが 明るい雰囲気ではないのです でも、なんか、気になる・・・ カバーにある谷川氏の 「ほんやくが むずかし・・・続きを読む


出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット