宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ペイジ・ブリット(ぺいじぶりっと)

ペイジ・ブリット(ぺいじぶりっと)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

おんなじほしをみつめて

おんなじほしをみつめて

作:ペイジ・ブリット  絵:ショーン・クウォールズ&セリーナ・アルコー  訳:ほむらひろし  出版社:フレーベル館  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2018年04月  ISBN:9784577045879

1件見つかりました

ペイジ・ブリット(ぺいじぶりっと)さんの作品のみんなの声

  • 自分である意味?

    行きかう人に、”その人は、どうして僕は、”あの子じゃあないんだろう?”と、同じ疑問を持つ女の子に出会いました。”もしも、僕が別の誰かだったら?”と、同じく疑問を持つ女の子との出会いで、”自分である意味・・・続きを読む

  • 出会いのお話?

    ちょっと理屈っぽい絵本ですが、異性にあこがれを持ったときに入り込む世界かもしれません。 自分にないものを持っている人に、なぜなぜなぜの疑問符がいっぱい。 でも、お互いが同じことを思っていたら、素晴・・・続きを読む


ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット