話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

和歌山 静子(わかやましずこ)

和歌山 静子(わかやましずこ)

1940年京都に生まれ、幼少期は函館で過ごした。武蔵野美術大学卒業。力強く大胆な絵を寺村輝夫氏に見出され、20代後半から子どもの本の仕事を始める。絵本『あいうえおうさま』(絵本にっぽん賞受賞)『おおきなちいさいぞう』(講談社出版文化賞受賞)をはじめ、「王さまシリーズ」「オムくんトムくんシリーズ」など寺村氏との仕事が多い。ここ20年程は『てん てん てん』『ひまわり』『どんどこ どん』『おーい はーい』『おかあさん どーこ?』など自作の赤ちゃん絵本も多い。ほかに『ぼくのはなし』『よあけまで』『ぼく とりなんだ』など。

お気に入りの作家に追加する

和歌山静子さんに関連する著者

和歌山静子さんの作品ピックアップ

  • 王さまめいたんてい 王さまめいたんてい 原作:寺村 輝夫
    構成・絵:和歌山 静子
    出版社:理論社
    税込価格:¥1,320
    ISBN:9784652045114
    ためしよみができます!
    わがままで、いばりん坊な王さま。頭のいいところを見せようと名探偵になることにします。 王さまのお話が幼児向け絵本に。
  • ひまわり ひまわり 作・絵:和歌山 静子
    出版社:福音館書店
    税込価格:¥990
    ISBN:9784834022056
    地面に一粒の種が落ちました。お日様の光をいっぱい浴びて、芽が出て、茎が伸び、葉が出て、どんどこどんどこ伸びていき、大きな大きな花が咲きます。生命力あふれる絵本。
  • どんどこどん どんどこどん 作:和歌山 静子
    出版社:福音館書店
    税込価格:¥990
    ISBN:9784834026801
    土の中で、どんどこどんどこ伸びていくのは、にんじん、じゃがいも、さつもいも……そして「どん」と大きなだいこん。縦開きのダイナミックな野菜の絵本です。
  • 新版 おーい はーい 新版 おーい はーい 作・絵:和歌山 静子
    出版社:ポプラ社
    税込価格:¥968
    ISBN:9784591124598
    おーい とよびかけると、はーい と、必ず答えが返ってくる。そんな安心感とやすらぎを、かあさんとあかちゃんに届ける絵本です。
  • はしるの だいすき はしるの だいすき 作・絵:わかやま しずこ
    出版社:福音館書店
    税込価格:¥880
    ISBN:9784834019049
    ためしよみができます!
    「ぱんか ぱんか」「ずんか ずんか」と、にぎやかな足音をたてて動物たちが走ってきました。画面いっぱいに、鮮やかな色彩と力強い線で動物が描かれています。走り回る喜びが伝わってくる絵本です。
  • たたくとぽん 改訂新版 たたくとぽん 改訂新版 作:寺村 輝夫
    絵:和歌山 静子
    出版社:あかね書房
    税込価格:¥1,100
    ISBN:9784251000613
    たまごをぽんとたたいたら、ひよこがうまれる。ひよこをぽんとたたいたら、たまごがうまれる…。ゆかいなたまごの行進がはじまります。
  • てんてんてん てんてんてん 作・絵:わかやま しずこ
    出版社:福音館書店
    税込価格:¥880
    ISBN:9784834015362
    ためしよみができます!
    「てん てん てん てんとうむし」「ぐる ぐる ぐる かたつむり」リズミカルな文章とともに大胆にデザインされた虫たちが登場。子どもたちを楽しい虫の世界に誘います。
  • ぼくとりなんだ ぼくとりなんだ 作・絵:和歌山 静子
    出版社:日本野鳥の会
    税込価格:¥1,540
    ISBN:9784931150515
    ヒナにであったときの「どうしよう?」にこたえる絵本〈日本野鳥の会オリジナル絵本〉

和歌山 静子さんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

177件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

表示

  • てんてんてん
  • まめのかぞえうた
  • あいうえおうさま
  • 紙芝居 こねこのしろちゃん
  • ぞうのたまごのたまごやき
  • ひまわり
  • たたくとぽん 改訂新版
  • にんじんとごぼうとだいこん
  • おしゃべりなたまごやき
  • トイレにいっていいですか 改訂新版
  • わたしのはなし
  • 王さまめいたんてい
  • 紙芝居 ねこの でしになった とら
  • 紙芝居 しんかんせんははやい
  • どんどこどん
  • 王さまレストラン
  • たまごがいっぱい
  • ふくろうのそめものや
  • はしるの だいすき
  • おやまごはん 改訂新版
  • 王さまのえほん (1) ぞうのたまごのたまごやき
  • ぼくのはなし
  • しっこっこ
  • すきときどききらい
  • くろねこさん しろねこさん

177件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

和歌山静子さんの作品のみんなの声

  • かなり苦しい性の話

    この本に賛同できる人はあまり多くはないのではないかと思いました。 今どき、男と女のお話ということでくくってしまったら、トランスジェンダーを性同一性障害と読んでいた時代に逆行してしまいます。 アンド・・・続きを読む

  • 寅年にピッタリの紙芝居

    強いトラにもこんな弱点があったのだと、話のオチには感心してしまいました。 そこをヒントに出に上がったような内容です。 まさかトラがネコの弟子になるなんて想像できないし、今風のタメ口会話も、不思議と・・・続きを読む

  • 自分自身を大切に

    「お母さんとみる性の本」とありますが、性別に関係なく自分自身を、性犯罪から守ることを語っている絵本だと思います。 そのためには自分自身大切にすること、不正なことから逃れるための勇気を持つことの重要さ・・・続きを読む

  • 可愛らしい虫たち

    • ピーホーさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    赤ちゃん向けの絵本のため、簡単な文です。赤ちゃんの気をひく、擬音と可愛らしい虫たち。 てんてんてん てんとうむし や ぐるぐるぐる かたつむり。。虫たちの体の特徴もわかって、楽しい。 3歳になった・・・続きを読む

  • 1話1話どれも楽しいです。

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子5歳

    王さまはお城にあるとり小屋の戸を開けてしまい、にわとりたちが飛び出して大さわぎです。自分が開けてしまったことを言わないようにと一羽のめんどりに言い聞かせたのですが…。油断なりませんね。 このお話は最・・・続きを読む


2022年5月の新刊&おすすめ絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット