アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

馬場 のぼる(ばばのぼる)

馬場 のぼる(ばばのぼる)

1927年青森県三戸町生まれ。1949年、上京し漫画家としてスタート。少年漫画家として人気を得る。1967年に出版された「11ぴきのねこ」でサンケイ児童出版文化賞受賞。「きつね森の山男」が絵本デビュー作。「11ぴきのねことあほうどり」他で文藝春秋漫画賞受賞。「絵巻えほん11ぴきのねこマラソン大会」でイタリアの子どもたちが選ぶ、エルバ賞を受賞。2001年永眠。

馬場 のぼる(ばばのぼる)さんの作品ピックアップ

  • きつね森の山男 きつね森の山男 作:馬場 のぼる
    出版社:こぐま社
    本体価格:¥1,300+税
    ISBN:9784772100380
    平和とふろふき大根を愛する山男が、いつのまにかきつねと殿様の争いに巻き込まれて・・・。お話は二転三転して、ふろふき大根が思わぬハッピーエンドに導きます。馬場のぼるの記念すべき絵本第一作の改訂版です。
  • 11ぴきのねこ 11ぴきのねこ 作:馬場 のぼる
    出版社:こぐま社
    本体価格:¥1,200+税
    ISBN:9784772100045
    腹ペコの11ぴきのねこ達は大きな魚をつかまえる為に大格闘!馬場先生のユーモア感覚がぎゅっとつまった大人気「11ぴきのねこ」シリーズ第1作です。全6冊。
  • ぶたたぬききつねねこ ぶたたぬききつねねこ 作:馬場 のぼる
    出版社:こぐま社
    本体価格:¥1,000+税
    ISBN:9784772100601
    ぶたたぬききつねねこの試し読みができます!
    子どもの好きな”しりとりあそび”の絵本です。でもそこは馬場のぼる先生、ただのしりとりでは終わりません。絵を見ているだけでもストーリーが伝わってきて何だか笑えるのです。最後の展開も意外で楽しい。
  • アリババと40人の盗賊 アリババと40人の盗賊 作・絵:馬場 のぼる
    出版社:こぐま社
    本体価格:¥1,500+税
    ISBN:9784772100939
    アリババと40人の盗賊の試し読みができます!
    昔からこの「アリババと40人の盗賊」が大好きだったという馬場先生。そのこだわりを充分に盛り込んだ雰囲気たっぷりの絵本となっています。原作の展開を大事にしながらも軽快な語り口で読み易く、ぐいぐい惹きつけられます。
  • がまくん かろくん がまくん かろくん 作:馬場 のぼる
    出版社:こぐま社
    本体価格:¥950+税
    ISBN:9784772101578
    かえるのくせに泳げないがまくんのために、仲良しのかろくんは何とかあれこれ水泳の上達法を考えますが…。 性格の違うふたりが
    相手の為に努力する、熱き友情の絵本なのでした。声に出すのも楽しい言葉も魅力です。
  • ぶどう畑のアオさん ぶどう畑のアオさん 作:馬場 のぼる
    出版社:こぐま社
    本体価格:¥1,200+税
    ISBN:9784772101592
    夢の中で見たぶどう畑を本当に見つけたアオさん。けれどもおいしそうなぶどうを、オオカミが一人占めしようとして。遺作となったこの絵本の中のアオさんは、著者そのままの性格が反映された様な人の好い優しい馬なのです。

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

48件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  次へ→  最後のページ

表示

絵本ナビオリジナルの人気ランキング。
評価・レビュー数・絵本ナビでの売上・専門家の評価をもとに総合的に算出しています。

プレミアムサービスへのご登録で、
人気順ランキングをご利用いただけます。

プレミアムサービスに登録する

馬場 のぼる(ばばのぼる)さんの作品のみんなの声

  • 面白い!

    可愛くて面白い11匹のねこが巨大な魚を捕まえる大冒険! 何度も失敗して、最後にはやっと捕まえるという話の展開は子どもは夢中になりますね。最後のオチも爆笑でした! 途中で出てくる「ねんねこさっしゃれ・・・続きを読む

  • 馬場のぼる先生の原点

    11ぴきのねこ(おおきなさかな) 11ぴきのねこの絵本に《教訓などありません》 作者の馬場先生が、生前残されたこの言葉に 子供は純粋に絵本を楽しむべきだ という熱いメッセージを感じました・・・続きを読む

  • おひるね、おひるね

    お昼寝と聞くと、昔懐かしい幼い頃の夏休みを思い出します。 なかなか寝つけないカバのごんちゃんの気持ちもよくわかります。 いろんな動物たちのお昼寝風景や、寝られないゴリラのぼうやの姿に、ほのぼのとし・・・続きを読む

  • 一致団結した逆襲がすごい!

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    ねこたちの前に次から次へと立て看板が出てきます。 「はなをとるな」「はしをわたるな」、〇〇するなと言われれば〇〇したくなる子ども心を映し出しているようです。 ねこたちの知恵を侮っていはいけない。彼・・・続きを読む

  • なつかしすぎます

    この11ぴきのシリーズ!なつかしいです。子どもが小さいとき、よく読んでました。ひょうひょうと、笑顔を絶やさないネコたちの様子が、今になって思うと、癒されてたのかな…、教育上は多小はおすすめできないよう・・・続きを読む


「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット