新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
かむもかまぬも神だのみ めちゃヘンな早口ことば

かむもかまぬも神だのみ めちゃヘンな早口ことば(小学館集英社プロダクション)

これ、言える? 言えたらヒーロー! みんなで遊べる! 一瞬で噛んじゃうヘンテコ早口ことば!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
チロヌップの子 さくら

チロヌップの子 さくら

  • 絵本
文・絵: たかはし ひろゆき
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2022年07月01日
ISBN: 9784323003054

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
判型(サイズ) 23.6×24.6cm
ページ数 48ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

北海に浮かぶ小さな島チロヌップ。きつねたちと人々の暮らしを、やがて戦争が…。
人間ときつねに生まれた強い絆

江戸時代、北の孤島チロヌップで、与平の娘さくらときつねのチロは、きょうだいのようにくらしていました。しかし、ある夏の日、さくらは突然、息をひきとります。平和への祈りを込めて描かれた絵本。

ベストレビュー

江戸時代のキツネ物語

高橋宏幸さんのチロヌップシリーズは、キツネたちへの愛情に充ちています。
この作品は江戸時代にまでさかのぼる、千島列島の小島が舞台ですが、キツネをはさんで日本人夫婦とロシア人とのいさかいの物語になっていて、北方領土問題にまで関連するような内容です。
ロシア人たちにとっては、ラッコ狩猟は当然の事だったのでしょうが、そのために北見与平の生活を破壊したのは悲しいことでした。
北見夫婦との再会がかなわなかったチロも哀れです。
物悲しい話に心をしめつけられました。

(ヒラP21さん 60代・パパ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

2,750円
1,760円
1,100円
2,200円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

10,780円
2,530円
1,870円
385円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

チロヌップの子 さくら

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら