話題
しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.

しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.(フレーベル館)

ひらいてビックリ!めくって楽しい!しっぽをさわらずにはいられない!

にぎりすしさんの公開ページ

にぎりすしさんのプロフィール

その他の方・60代・京都府

自己紹介
今、時々おはなしおばさんで。語りをしたり 
絵本を読んであげたり  手遊びしたりしています
いろんな人の聞いて勉強しています
絵本ナビナビで色々絵本を見たり皆さんのを見せていただいています。有り難うございます!
好きなもの
空を眺めること   雲を見ること  山に登ること(汗ブルブルかいてます) 
散歩すること    旅行大好き いろんな土地の珍しいものを見たり体験すること
子どもの笑顔、泣き顔  キラキラした目を見て 元気をもらっています!

にぎりすしさんの声

5547件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい カワセミって本当にきれいな鳥です 夫婦愛すごいですね!  投稿日:2020/09/24
かわせみのマルタン
かわせみのマルタン 作: リダ・フォシェ
絵: フェードル・ロジャンコフスキー
訳: 石井 桃子

出版社: 童話館出版
カワセミはとってもきれいな瑠璃色をしていて なんてきれいな鳥でしょうと見ほれます
マルタンとマルチーヌは夫婦です
卵を産み ひなを育てる どんな生き物も 子どもを育てるのは 親の愛情があります

えさをとるのも色々大変ですが 子どもへの愛情は なにものにも変えられません

いろんな生き物がいて それをえさにして生きているのですが

すごいな〜 感動します!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 働くと言うこと 毎日が充実してますね  投稿日:2020/09/22
うえきやのくまさん
うえきやのくまさん 作: フィービ・ウォージントン ジョーン・ウォージントン
絵: フィービ・ウォージントン ジョーン・ウォージントン
訳: 間崎 ルリ子

出版社: 福音館書店
うえきやのくまさんは働き者 
お隣のお家の 庭の手入れ なかなか 上手です 
だって うえきやさんですものね

お仕事も丁寧です
代金は 500円(なかなか 安いですね〜)

それに自分の畑で 野菜作り それを家の前で売るなんて
新鮮なお野菜は おいしいから すぐに売り切れます

一日働いて ぐっすり眠ります なかなか充実した一日ですね
おつかれさま!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 狐に取り憑かれるって?ホント? お祭りの様子が懐かしい  投稿日:2020/09/18
狐 作: 新美 南吉
絵: 長野 ヒデ子

出版社: 偕成社
新美南吉さんのお話で 長野ヒデ子さんの絵がとってもいい雰囲気の絵本です

昔の子ども達は げたを履いていました

なんだか懐かしいんです・・・・ 私も 小さい子どもの頃 げたを履いてたことがあったな〜

文六ちゃんは 一人っ子で 甘えん坊 でも お母さんは 村の子ども達にお願いして 子どもだけで祭りに行かせたところが いいですね

げたやさんで 文六ちゃんのげたを買うように 頼まれていたのです(文六ちゃんのげたの鼻緒が切れてる)

このお話のおもしろさは おばあさんが「晩げに 新しい下駄をおろすと狐がつくというだに」

子ども達は 祭りの楽しさに忘れていましたが 帰り道 月夜の晩に この言葉が思い出されて・・・・

ラストの文六ちゃんとお母さんの会話 甘えん坊の文六ちゃん涙

熱いものがありますね〜  
流石 新美南吉さんのお話は 愛があふれています
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 戦争が お父さんを奪い国さえも奪う 怖いのは戦争です  投稿日:2020/09/16
ジャーニー 国境をこえて
ジャーニー 国境をこえて 作: フランチェスカ・サンナ
訳: 青山 真知子

出版社: きじとら出版
海のそばで 幸せに暮らしていた 家族が・・・・
戦争が起こり お父さんも 戦争に行き 亡くなりました

哀しみに包まれて  どんなにか不安な思いでしょう
人々は 国を離れて 国境を越えて 逃げていくのです

お母さんと ぼくと妹の三人は  逃げるのです
ただ ただ 怖い思いをして 国境を越えて 長い長い旅をするのです

どうか 幸せな暮らしがありますように!

鳥たちもまた 空を飛んでいます
その姿を見て 国境が無いとりたちが羨ましいと思うのですね〜

本当に戦争は 人々の平和な暮らしを 壊してしまうのです

どうか 戦争を亡くし 平和な 生活ができますように
願わずにはいられません!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 恐竜好きの子は ワクワク 楽しめるよ!   投稿日:2020/09/13
ぼくのきょうりゅうかんさつ日記
ぼくのきょうりゅうかんさつ日記 作: 長崎 真悟
監修: 真鍋 真

出版社: 徳間書店
恐竜は 今から 2億3000万年前に 地球上生きていたのです

私たち人間は ほ乳類です

恐竜のすんでいた時代へ タイムスリップ
ドラえもんの どこでもドアでいったようですね!

お父さんが恐竜大好きで ぼくにいろんな事を教えてくれると言うのも 羨ましい 描き方ですね

本当に 恐竜が住んでいた時代がこんな風だったのか
そして 今は 人間が その時代に住んでいた恐竜の化石から
恐竜の大きさや 名前などつけています

いろんな恐竜がいたことも学べます どんな食べ物を食べていたのか
そして なぜ 絶滅し 地球上に住む ほ乳類へと 時代が変わっていったのか?

とても ステキな かんさつ日記でした! 
作者の 長崎 真悟さんに 拍手です!!

恐竜好きの子 どうぞ 読んで楽しんでください
ママもね
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい だいすき! 愛情表現 だいすきだっこ! いいですね〜  投稿日:2020/09/13
だいすきだっこ
だいすきだっこ 文: ニック・ブランド
絵: フレヤ・ブラックウッド
訳: 灰島 かり

出版社: 岩崎書店
ママにだいすきだっこしてもらうと  本当に幸せですね!

パパにも だいすきだっこ  そして お兄ちゃん達のだいすきだっこ

そして 妹に だいすきだっこ その時の 優しい表情が幸せはこんでくれますね〜(いちごジャムのいい匂いがしました)

犬のチャミ 
チャミは家中駆け回り  家の中は 散らかっています

家中に様子から見たら ホント散らかってる
でも・・・・ 家族愛が感じられる だいすきだっこの絵本でした

ほんわか 優しい気持ちになれますよ
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 知らない事を知る  そして 人に伝える事は 難しい  投稿日:2020/09/12
さかなってなにさ
さかなってなにさ 作・絵: せな けいこ
出版社: 金の星社
うさぎは 毎日クローバーばかり食べていて 「何かおいしいもの食べたいなあ」

そんな時 ねこがやってきて 魚の方がおいしいぜ
さかなをしらない うさぎ

出会った友だちに いろいろ 聞いてみたんだけれど・・・・

その答えは まちまち  ますます  魚のことが 分からない!

かめさんと一緒に 海へもぐり・・・・
海に中の生き物に出会い さかなも たくさん見ました
まるで 水族館ですね〜

うさぎは やっぱり クローバーを食べたくなる そんなオチでした
せなさんの 遊び心ですね
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 非戦の思いをこめ 平和を愛する大切さ伝えたかったのですね  投稿日:2020/09/12
ひろったらっぱ
ひろったらっぱ 作: 新美 南吉
絵: 鈴木 靖将

出版社: 新樹社
新美南吉さんが 1935年(昭和10年) 大学の4年生の時に書かれた作品

両親も兄弟もなく 本当に一人ぼっちの貧しい男の人は「人のびっくりするようなことをして 偉くなりたい」 そんなことを考えていました

誰かに認められたいという事だったのかもしれません

その頃戦争をしている国がありました
男の人は  そこへ行き 自分も手柄を立てたいと考えるのです。

そんな時に ひろったらっぱがありました
男の人はこのラッパをどのように使ったのでしょう

新美南吉さんの 平和を希求する思いがこめられています!
皆さんも是非読んでみてください
お奨めします

今でも戦争が起こっていますが 戦争を経験した人は 
二度と戦争をしてはいけないと 私たちに伝えてくれています

その声を 伝えていくのが 私たちの 使命だと思いました
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あたまをひねった なぞなぞ?? わかるかな?  投稿日:2020/09/11
えほん なぞなぞうた
えほん なぞなぞうた 作: 谷川 俊太郎
絵: あべ 弘士

出版社: 童話屋
なかなか 高度な なぞなぞですが・・・・

答えを見れば なるほど〜
でも 答え 「にんげん」はどうあな〜? もうちょっと 工夫がいると思いましたが

ちょっと 苦笑いしながらの なぞなぞも あります

頭ひねってみて  そして ヒントもいるかもね

あなたは 子ども達は どこまで答えられたかな?

世界中 どこへいっても よっつある  
かせいにっても あるのかな?(作者の答えを聞いてみたいです!)

なぞなぞうたとは 歌いながら 楽しめるかな?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろい おばけの世界 人間のおもてなしと同じ  投稿日:2020/09/11
お化けのおもてなし
お化けのおもてなし 作: 川端 誠
出版社: BL出版
おばけの世界にも ちゃんとした流儀があって
お・も・て・な・しがあるんですね〜

三つ目の大入道は うどん作り名人
一つめ小僧は アイデアマン 竹で 流しそうめん風
カーブに工夫が凝らしてあるのが 最高です!(頭は使いよう?)
そして ろくろっ首 すなかけばばあも 得意なんです
お出しつくり

お客さんは 座敷わらしと 袖ひき小僧(東北地方のおばけなんだって・・・・)
料理人は 小豆とぎと 小豆あらい 

歓迎パーティーは みんなで 流しうどん食べて おもてなし

いいですね〜  仲良く 
オチは?  お・も・て・な・し
さてわかるかな?
参考になりました。 0人

5547件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…
  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット