なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
ピコピコピコさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

にぎりすしさんの公開ページ

にぎりすしさんのプロフィール

その他の方・60代・京都府

自己紹介
今、時々おはなしおばさんで。語りをしたり 
絵本を読んであげたり  手遊びしたりしています
いろんな人の聞いて勉強しています
絵本ナビナビで色々絵本を見たり皆さんのを見せていただいています。有り難うございます!
好きなもの
空を眺めること   雲を見ること  山に登ること(汗ブルブルかいてます) 
散歩すること    旅行大好き いろんな土地の珍しいものを見たり体験すること
子どもの笑顔、泣き顔  キラキラした目を見て 元気をもらっています!

にぎりすしさんの声

4363件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい パソコン時代の現代でも、やっぱり友達と遊ぶのが嬉しい  掲載日:2017/11/17
ぬけちゃった
ぬけちゃった 作: スティーブ・アントニー
訳: せなあいこ

出版社: 評論社
現在は インターネットで 何でもしることができたり  パソコンでいろんな事が解る時代になりました
そんな時代を この絵本で いろいろ考えさせられました

電源を コンセントに連結し パソコンで充分満たされていた
ビビちゃん   
それが、ある日 電源が切れて  外に飛び出して 
シカとうさぎと出会い いろんなあそびを楽しんだ    ビビちゃん
初めての経験  友達と歌ったり 遊んだり    一日中楽しんだビビちゃん(楽しそう)

でも家に帰ることになり、友達とお別れ      その時流した涙・・・・
   
元のコンセントにつながれたビビちゃん

パソコンは すきだけど いま あたまに うかぶのは・・・・・ 
友達と過ごした  楽しかったこと 

ビビちゃんは 自分から コンセントを ぬいちゃって・・・・・ 
楽しかった友達のところへ行ったのかな〜

やっぱり   パソコン時代といえども 友達は 大切ですよ
そんなことをこの絵本から 教えてもらえました
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい クスッと笑える 絵本ですね ゴリラくん  掲載日:2017/11/17
おやすみゴリラくん
おやすみゴリラくん 作・絵: ペギー・ラスマン
訳: いとう ひろし

出版社: 徳間書店
動物園 夜に警備員のおじさんが 見回りに来ますが なんとまあ 
おちゃめなごりらくん  警備員さんの後ろにあったカギをこっそり拝借

そこからは ゴリラくんの出番 「もうねるじかんだよ ぞうさん」
みんなにかける 後から カギをあけて みんなを外に連れ出します

警備員さんの家の中に 動物たちが 行列して入っていくんですよ

「おやすみなさい あなた」 警備員のおくさんは  電気を消して 真っ暗闇
このシーンが おもしろく  ベットに寝ているゴリラ君見て
めをまるくした 奥さん   
静かに 動物たちを 誘導して 動物園に連れて行くとこなんて 
おかしくて・・・・・・クス クスッ
「キャーッ!」
叫ぶんじゃありませんよ
そのあとのゴリラくんは?     
ねずみくんの行動もおもしろく バナナを持ってついてきます

さあ 何も知らずにおやすみ中の警備員さん 朝起きたら どんな顔するのかな?   
 なんだか クスッと笑える 絵本です
余裕を感じさせる 一品ですね 
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おいしそう  どんぐりパンやケーキ  掲載日:2017/11/15
どんぐりないよ
どんぐりないよ 作: 間部 香代
絵: ひろかわ さえこ

出版社: 鈴木出版
どんぐりの季節に 読みたい絵本を探していましたら こんなかわいい絵本が見つかりました
どんぐりだいすきな りすくん どんぐりを探しに行ったのに  4つしか見つかりません・・・・
みんなに どんぐりパーティーでごちそうしようと考えてた りすくん
 
しょんぼり  涙が出てきてかわいそう

そこへやってきた お友達  ぶたくんの どんぐりパン美味しそう
もぐらさんの どんぐりハンバーグ  かえるさんのどんぐりケーキ
どれも美味しそう
みんなで食べたら おいしさもふくらむね〜
笑顔のみんなの顔はステキ!  
招待した りすくんは 4このどんぐりで 何を作ったでしょうか?
これは 絵本を読んでのお楽しみ
絵本は 表表紙も 裏表紙にもお話があるのが嬉しいですね
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい きかんしゃの 冒険で見たものいっぱい!  掲載日:2017/11/15
はしれちいさいきかんしゃ
はしれちいさいきかんしゃ 作・絵: イブ・スパング・オルセン
訳: やまのうち きよこ

出版社: 福音館書店
小さな きかんしゃは 冒険の旅に出ます
ダダダン シュッシュッ!と スピードだして ワクワクして 走り出しました
地下のホームにつくと たくさんの人たちが いろんな景色を楽しんでいます
町をぬけ 田舎をはしり いろんなものと出会います
そのたのしいこと 
まあ きかんしゃは 小さな駅にきたとき 駅長さんが 線路のポイントを切り替えました
線路からとびだして 野原をわたり イェンセンさんの家の中  奥さんのおもしろいこと 機関車に気がつかずにいるところが なんとも おもしろい
はちゃめちゃな きかんしゃ せんたくものや もみの木乗せて町へやってくるとは すごい!
町の人の顔がなんとおもしろく おどろきまくり 
シュッシュ ブワッブワッ ゴットン・・・・・   このリズミカルな動き
そして 落ち着くところは?
そして きかんしゃは いろんなたのしい冒険をしたことを想い出に働いていることでしょう

ホントに おもしろい お話ですね  ちいさなきかんしゃにつれていってもらったようです
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 雨がだいすき かえるの あめふれぼうず  掲載日:2017/11/15
くすのきだんちのあめのひ
くすのきだんちのあめのひ 作: 武鹿 悦子
絵: 末崎 茂樹

出版社: ひかりのくに
毎日雨が降り くすのき団地のみんなの過ごし方が いろいろで 楽しいなあ
8階にすんでる かえるは 雨が だいすき 一人はしゃいで ピクニックに   なんだか かえるくん見ていたら 元気もらえますね

雨が毎日降ると 私は なんだか お日さまや青空が恋しくなるのですがね・・・・・
ピアノを楽しむ きつねの音楽会に ねこが楽しそうに歌っています
うさぎさんたちは にんぎょう作りを楽しんでいるし
雨の日の楽しみ方 いろいろあるなあ〜

かけすの子どもたちは退屈 でも おかあさんに 怖い本読んでもらって
くすのき団地の住人たちの それぞれの 雨の日の楽しみ方  
なかなか いいですね〜
それにしても あえるの   ふれふれぼうずには 笑えました

でも 私は てるてるぼうずで お天気をお願いしたいで〜す

さるのだいくさん どんな 家を造ってくれるのか 楽しみですね
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ちいさなこねこが おばあちゃんの家に帰っていますように  掲載日:2017/11/13
ちいさなちいさなおばあちゃん
ちいさなちいさなおばあちゃん 作・絵: エルサ・ベスコフ
訳: 石井 登志子

出版社: 偕成社
ちいさなちいさなおばあちゃんのおはなしは とても 優しくて リズミカルで 優しい声で 読みたくなるのが不思議です

なんだか こびとの国へ行ったような 気持ちにもなれますし  絵が とっても、優しくて 癒されます 
こんな幸せな 生活を なんだか 私達は 望んでいるような そんな気がしました
おばあちゃんは めうしからしぼった ミルクをテーブルの上に置いてから 何に使おうと思ったのでしょうね?
こねこが ぜんぶ ミルクをなめたのです
おばあちゃんの悲しそうな顔 
「これっ ネコや!!!」とさけんだのです・・・・・
ネコはびっくりしうて 木の上に乗りました   にげて かえってきませんでした   

そのしたに 作者の エルサ・ベスコフが ちいさなちいさな文字で 
でもね やっぱり そのうち おばあちゃんの おうちへ かえったとおもいますよ
こんな優しさ    おばあちゃんも ネコを許してあげたことでしょうね

かわいい絵本でした
石井としこさんの 訳も 後書きも すてきでしたよ!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ドキドキ心臓がなる気持ち解るよ ももちゃん  掲載日:2017/11/13
ピアノはっぴょうかい
ピアノはっぴょうかい 作: みやこし あきこ
出版社: ブロンズ新社
ピアノ発表会で緊張しているモモちゃんの顔 (こわばってる) 
順番がくるまで舞台の袖で待っているももちゃん 心臓の鼓動がどっくんどっくん 聞こえてきそうです
そんな時 現れた こねずみの発表会に誘われて・・・・・ 不思議な世界へ連れて行かれます
ネズミの世界でも 同じように発表会で緊張している こねずみに
だいじょうぶ だいじょうぶと はげましているももちゃん

ももちゃんはピアノを弾いてあげるのです  こねずみのために

ニコニコしている ももちゃん 

そして 舞台ががらりと変わり ももちゃんの ピアノの発表でした
不思議な展開ですが・・・・  ももちゃんへの だいじょうぶ だいじょうぶの声   こねずみたちが応援してくれているように 思えました

えがおもももちゃんは かわいい ホッとしますね  よかったね!

私は大人の おはなし会で どきどきすることよくあるのでももちゃんの気持ちが良くわかりますよ
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 本は誰とでも分け与える宝ものだ  掲載日:2017/11/13
つばさをもらったライオン
つばさをもらったライオン 作・絵: クリス・コノヴァー
訳: 遠藤育枝

出版社: ほるぷ出版
レオ王はねこの国を治めている王さま
でも 自分の名前を書くことも読むこともできません
  
一方北に住むオットー王が持っているなにやら不思議な宝物のことが気になっていました
そんなレオ王に王子が生まれましたが翼をつけて生まれたのです

その王子がある日 たまたま吹いてきた風にのって 舞い上がったのです
木にぶつかり落ちてきたところが、なんと 北の国ののオットー王のところだったのです

そこには本がたくさんあって 翼を怪我した王子を助けてくれ、翼が治るまで本をたくさん読んでくれたのでした(貴重な体験です)

この出会いが 王子には貴重な体験でした!
出会いとは不思議なものです
産みの親と育ての親どちらも 子どもには大切だと言うことが解ります
 
ふくろうにも教えてもらい翼で上手に飛べるようになつた王子は     ある日 海を見てお父さんとお母さんのことを思い出します
そして 助けてくれたオットー王とふくろうに別れを告げて南の国へ帰るのです

レオ王の元に帰り抱きしめてくれたのでした。 父も母も哀しみの毎日を過ごしていたのです(親のありがたさですね)

王子はオットー王から教えてもらった事を守り 友達におはなしを読んで聞かせてあげるのです(学と言うことの大切さを知ることができました)
王子は、本というあたらしい宝物を知り   りっぱな王様になることでしょう
おまけの アルファベットのお話も 楽しいですね
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 昔話 走り坊さんお話しのおもしろさ リズミカルな言葉  掲載日:2017/11/7
京の走り坊さん
京の走り坊さん 文: 東 義久
出版社: クレオ
京都の宇治に住んでいる 東さんと 無呂虚風さんの豊かで 楽しく動きの感じられる絵  なかなかステキな絵本です

図書館で見つけて読みましたが 皆さんの手元に届かないのかな? ちょっと残念です・・・・
走り坊さんはまだ 修行中の坊さんですが 檀家にありがたいお札を配っているのです 京の端から端まで    一日200けん以上檀家をまわるのですから    とぶように走らなければ間に合いません
タッタッタッタ   タッタッタッタ。
みんなのために 走り続ける 走り坊さん   すごい仕事ですね

現代のように車がないから 大変だったでしょう(宅急便も忙しそうですが・・・)
ある日地酒を振る舞われて 走り坊さん お酒によって走るのですが・・・・なんと 走り坊さんの姿が見えなくなりました

そして しばらくたったある日 村人が見つけたのは お札をくわえた赤い鬼が 死んでいたというお話しです

村人は 走り坊さんはしょうしつ鬼という お釈迦さんの歯を盗んで逃げた鬼 韋駄天に追いかけられた   
罪滅ぼしのため 走り坊さんになり ありがたいお札を配っていたのだという 人もいました

こんな昔話に 心を引かれました
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おつきみには おだんご食べて きれいな月を見たなあ  掲載日:2017/11/7
おつきみバス
おつきみバス 作・絵: 藤本 ともひこ
出版社: 鈴木出版
この絵本では おつきみバスにのって ねずみたちが おつきみするのです
こんな風習 私も子どもの頃 家族で お団子作り飾って愛でたものです
すすきも飾って
でも・・・・・ 今となるとなかなかこんな優雅な夜の過ごし方をしない家庭が多いように思います
この絵本では おだんごを うさぎがとったので ねずみたちが怒って
ベロベロバース!と やるのです

現在ふうのお話でべろがびろーんと  舌がのびて うさぎを捕まえるのです

うさぎが おがんごとったのには 理由があったのです
みんなで おだんごつくり めでたしめでたし

昔から伝えられる 風習を伝えたいものですね

さて、 十五夜お月さまという歌があります♪ご存じですか 野口雨情という方の作詞です    
詩がとても もの悲しい歌なのです

それにしても 私達は 十五夜 おつきさまを 愛でる 余裕がほしいですね

絵本読んであげ  子どもたちも 家族でおつきみできるといいね 
そんな願いを込めて・・・・
参考になりました。 0人

4363件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

40年以上ご家庭で読まれ続けているクリスマス絵本

出版社おすすめ

  • パンダおやこたいそう
    パンダおやこたいそうの試し読みができます!
    パンダおやこたいそう
     出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
    「おやこたいそう はじまるよ!」親子いっしょに、からだを動かしながら、からだもこころも豊かに!
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット