新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ナンティー・ソロ 子どもたちを鳥にかえたひと

ナンティー・ソロ 子どもたちを鳥にかえたひと

  • 絵本
作: デイヴィド・アーモンド
絵: ローラ・カーリン
訳: 広松 由希子
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,870

絵本ナビ在庫 残り4

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2023年01月19日
ISBN: 9784776410713

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
240mm×285mm 34ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

町に女がやってきました。名前はナンティー・ソロ。自分は子どもたちを鳥にかえられると言いました。大人たちは、子どもたちを守ろうと大騒ぎ。ところが……国際アンデルセン賞受賞のデイヴィッド・アーモンドと、ブラチスラバ世界絵本原画展グランプリのローラ・カーリンによる、美しく、不思議に満ちた絵本。自由に飛び立ちなさいと背中を押してくれるお話です。

ベストレビュー

いったい、なににそんなにおびえているんだい?

おしゃれで美しいイラストに惹かれ、手に取りました。
町にナンティーソロという女の子がやってきます。その子は自分は子供たちを鳥に変えられるのだと言います。
大人は怯えて子供たちを彼女から遠ざけようとしますが、素敵なことが大好きな子供たちは、彼女の元に行って……。
私も絵本の中の大人のように怪しんでしまったけれど、「いったい、なににそんなにおびえているんだい?」というセリフにハッとしました。
とても不思議なおはなし。読み方によって、いろんな解釈ができそうなので、また時を変えて読み直してみたいと思いました。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子16歳、男の子13歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
1,760円
1,320円
1,650円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

2,310円
550円
440円
1,100円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

ナンティー・ソロ 子どもたちを鳥にかえたひと

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら