6歳 夏のおけいこ 新装版 6歳 夏のおけいこ 新装版
編: 学研の幼児ワーク編集部  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
夏向け幼児教材売上No1!「できた!」「もっとやりたい!」が聞こえる夏に♪夏のがんばり賞キャンペーン実施中!

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

5808件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 程よいレベルがうれしい  投稿日:2020/07/09
ちっちゃなつぶやき なぞなぞちゃん
ちっちゃなつぶやき なぞなぞちゃん 作: さいとう しのぶ
出版社: ポプラ社
さいとうしのぶさんによる、50のなぞなぞ集。
題名の通り、答えアイテムが語る自己紹介から当てる趣向です。
たべもの、しぜん、くらし、に分かれていますが、
程よいレベルがうれしいです。
なにより、絶妙なヒントの出し具合が、さすが、さいとうしのぶさん!
それぞれの答えアイテムの造形も、親しみやすく、楽しいです。
全部解いてしまえば、日常生活の中の様々なアイテムが、
生き生きとしたものに見えてくるような気がします。
小学生から、チャレンジしてほしいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 興が乗る  投稿日:2020/07/09
けんけん ぱっ
けんけん ぱっ 作・絵: にごまりこ
出版社: 福音館書店
乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
動物たちがけんけんぱをする、ただそれだけのストーリーなのですが、
実は奥深いです。
最初はお試しの様子でするのですが、だんだん興が乗って、
最後には一大エンターテイメントの様子。
面白いのはその掛け声。
シンプルですが、聞いているだけで楽しくなってきますね。
もちろん、動きの活発なお子さんなら、真似っこしてみましょう。
赤ちゃんなら、例えば指で、実演して見せてあげてもいいかもしれませんね。
身体を動かす楽しみが伝わってきます。
新たな遊び、発見です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 確かに生きていた家族  投稿日:2020/07/06
ヒロシマ 消えたかぞく
ヒロシマ 消えたかぞく 著: 指田 和
出版社: ポプラ社
2020年読書感想文コンクール小学校高学年の部課題図書。
広島平和記念資料館の資料写真から構成された作品です。
実は表紙の写真には見覚えがあり、その意味も知っていたので、
題名もすんなり理解しました。
鈴木六郎さん一家のアルバム写真から、一家の幸せな光景が浮かび上がります。
けれども、一家全員、原爆がもとで亡くなっているのです。
それも、別々の場所での死亡記録や、小さな遺骨などで。
なかでも、瀕死を負ったお母さんが、家族の死亡を悟り、自殺したことが、
やりきれないです。
写真という記録で残っていた、確かに生きていた家族の姿。
それが、一瞬で消されるという事実に、向き合わなければなりませんね。
自分に何ができるか、考えたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絶妙なさじ加減  投稿日:2020/07/06
じごくにアイス
じごくにアイス 作: ナカオマサトシ
絵: 澤野 秋文

出版社: ひさかたチャイルド
意表を突く題名に思わず手に取りました。
どうやら本格的な地獄ストーリーの模様。
それだけに、さわやかなアイスの存在感が、絶妙なさじ加減です。
アイス屋さんのこたろうが、足を滑らせ、頭を打ち、あの世へ行くのですね。
もちろん、最初は裁きを受けるはずが、ハプニングに巻き込まれ、
ひょんなことから、地獄でアイス作りをするというのです。
材料を地獄で調達できる設定に、なあるほど。
存外に普通人の地獄の面々にも注目です。
気になるラストもお見事。
落語風の軽快な関西弁もたまりません。
じごくのそうべいのオマージュ?
いえいえ、いたって健全なストーリーでございます。
子どもたちの笑いのツボもちゃんと抑えてあります。
幼稚園jくらいから、明るく地獄体験ができそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 視点の面白さ  投稿日:2020/07/06
ながーい5ふん みじかい5ふん
ながーい5ふん みじかい5ふん 文: リズ・ガートン・スキャンロン オードリー・ヴァーニック
絵: オリヴィエ・タレック

出版社: 光村教育図書
2020年読書感想文コンクール小学校低学年の部課題図書。
『FIVE MINUTES』が原題。
木坂涼さんの意訳が軽快です。
そう、同じ5分でも、状況によって感じ方にはいろいろあるということですね。
主人公の男の子の視点で語られるので、
あるある共感どころは満載だと思います。
女医さんだったり、パパがキッチンに立っている姿など、さりげない光景がリアルです。
もちろん、この主人公、本好きのようで、それもうれしいです。
両親の様子も、温かいまなざしが感じられ、素敵です。
何より、この視点の面白さを、楽しんでほしいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 動物たちの親子が紡ぐ数え歌  投稿日:2020/07/03
おおきなのはら
おおきなのはら 作: ジョン・ラングスタッフ
絵: フョードル・ロジャンコフスキー
訳: さくま ゆみこ

出版社: 光村教育図書
『Over in the MEADOW』が原題。
このMEADOW(草地)のニュアンスも味わいたいですね。
野原のそこここの動物たちの親子の様子を描いてあります。
注目は、お母さんが子どもたちにいろいな提案をして、
子どもたちが得意げにやって見せる光景。
お母さんの優しいまなざし、子どもたちのドヤ顔、それを包み込む自然の美しさが素晴らしいです。
だんだんと数が増える、一種の数え歌風になっていることもポイントです。
いい塩梅の繰り返しとなっており、心地良いです。
『川はながれる』の絵で気になっていた、ロジャンコフスキーの絵ということでセレクト。
やはり、その味わいは同じです。
幼稚園児くらいから、ゆったりと味わってほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい コラボの結末  投稿日:2020/07/03
てるてるぼうずとふりふりぼうず
てるてるぼうずとふりふりぼうず 作・絵: せな けいこ
出版社: 金の星社
面白い題名に惹かれてセレクト。
なるほど、雨の好きな犬と、雨の嫌いな猫の攻防戦というわけですね。
雨の好きな犬が作ったのが、雨を降らす「ふりふりぼうず」。
これはいいアイデアですね。
よく似た形ですが、それだけに対比が面白いです。
でもでも、いったいどう収拾するの?と心配したのですが、
まったく杞憂でした!
なんと、てるてるぼうずとふりふりぼうずのコラボで、素敵な光景が!
これには脱帽です。
いつもながらのコラージュの絵が軽快で楽しいです。
アジサイや笹舟も描かれているので、梅雨の頃に、ぜひ。
幼稚園児くらいから、雨の好き嫌いで共感できると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 滋味深い題名の意味  投稿日:2020/07/02
きはなんにもいわないの
きはなんにもいわないの 作: 片山 健
出版社: 復刊ドットコム
広松由希子さんがずっと残したい絵本@。
実は題名が実に滋味深いのです。
お父さんと公園にやってきたすーくん。
すーくんはお父さんに「木になって」とねだり、おとうさんは木になるのですね。
その木で遊ぶすーくんですが、何を話しかけても、木(お父さん)は応えてくれません。
このお父さんの立ち位置、すごいです。
すーくんの様々な場面にも動じません。
まさしく、子育ての極意、でしょうか。
幼稚園児くらいから大人まで、いろいろと感じるところがあると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 思い出に包まれて  投稿日:2020/07/02
ヤマネコ毛布
ヤマネコ毛布 作・画: 山福朱実
出版社: 復刊ドットコム
広松由希子さんがずっと残したい絵本A。
不思議な題名ですが、滋味深い物語に納得です。
ある日突然旅立ちを決めたヤマネコ。
ハリネズミは、森の仲間に、ヤマネコとの思い出を刺繍して餞別としてプレゼントしよう、と提案するのですね。
それぞれが刺繍する様子から、ヤマネコとの思い出が立ち昇ります。
思い出は必ずしもいいものばかりではないようですが、
旅立ちの際は、ある意味いい形で昇華するのですね。
色刷りの木版画がいい塩梅に思い出を表現しています。
刺繍という手作業の効果もありますね。
みんなの布片を接ぎ合わせて毛布にするなんて素敵です。
複雑な思いのシマリスの、最後での枕プレゼントも、感無量です。
巻末にそれぞれの布片が添えられ、壮観です。
しかもちょっとした編集がされていて素晴らしいです。
小学生くらいから大人まで、旅立ち本としていいかもしれませんね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 表紙絵から引き込まれる  投稿日:2020/06/29
の 作: junaida
出版社: 福音館書店
まず表紙絵から引き込まれます。
題名も、「の」一文字、しかも小さく、金文字が存在感を放っています。
まるで主人公の吐息のように。
「わたし」からはじまり、「の」をつけてつなぐことで、物語が動き出します。
次々にクローズアップされる世界は、だんだん小さく?あるいは時空を超え、
まさしく天衣無縫。
たくさんの飾りで埋め尽くされた帽子は、赤毛のアンを彷彿させるようです。
小学生くらいから大人まで、まず、その世界観を感じてほしいです。
参考になりました。 0人

5808件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット