おんせんたまご おんせんたまご おんせんたまごの試し読みができます!
文: 中尾 昌稔 絵: 河本徹朗  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
ふう、あったかい。ああ、いいきぶん。のんびり、ゆったり、おふろだーいすき!

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

5319件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う くらしの道具  投稿日:2019/03/22
あなたのいえわたしのいえ
あなたのいえわたしのいえ 作・絵: 加古 里子
出版社: 福音館書店
かこさとしさんが説く、家とは?です。
確かに、家は、暮らしそのもの。
丁寧に考えれば、ほら、たくさんの知恵が見えてきます。
屋根、壁、窓、台所、便所などなど、暮らしの知恵のありがたさに気づくと思います。
かこさとしさんの語り口は、心地よいトーンで素敵です。
絵もユーモアがあって、そこここにサブストーリーもあるので、
それも味わってほしいです。
当たり前と思うことにきちんと向き合って考える姿勢、
とても大切だと思います。
この視点、大事に育んでほしいです。
1969年初版でやや古風ですが、
今でも通用するクオリティがやはり素晴らしいと思います。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ステップアップするトイレトレーニング  投稿日:2019/03/19
ノンタンおしっこしーしー
ノンタンおしっこしーしー 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
ノンタン赤ちゃん版シリーズBです。
題名の通り、トイレトレーニングの作品です。
しーしー、というオノマトペを軸に、
おむつ、おまる、トイレでおしっこというわけですね。
もちろん、おもらしのフォローも忘れません。
何より、おしっこの後の心地よさが伝わってきます。
そう、にこにこ笑顔が大事です。
ノンタンと一緒なら、頑張れそうですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う バイバーイのバリエーション  投稿日:2019/03/19
でんしゃから バイバーイ
でんしゃから バイバーイ 作: いしづ ちひろ
絵: きたむら じん

出版社: くもん出版
乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
赤ちゃんが最初のうちにできるようになるのが、
バイバーイの仕草でしょうか。
そのバリエーションを広げてくれるヒントになりそうです。
注目は、お出かけの電車内というシチュエーション。
ほら、こんなに機会がありますよ。
これは、退屈しがちな車中でありがたいですね。
そして、「のせてくれて ありがとう」の気持ち。
これは大事です。
バイバーイは、あいさつでもあり、心をつなぐツールでもあります。
この視点、大切に育んであげたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 四角から真ん丸を作る  投稿日:2019/03/19
シカクさん
シカクさん 文: マック・バーネット
絵: ジョン・クラッセン
訳: 長谷川 義史

出版社: クレヨンハウス
『サンカクさん』で登場したシカクさんが主人公。
今回はマンマルさんとの対峙ですね。
前作でも実直な(四角四面な!?)キャラクターですが、
もちろん今作でも健在です。
ひょんなことから、マンマルさんに「天才彫刻家」と勘違いされ、
大阪のおばちゃんさながらの厚かましさで、
マンマルさんの彫刻作成を押し付けられたシカクさんの努力が描かれます。
四角から真ん丸を作る、その難題が、意外な方向で開花。
なるほど、こういう展開もありですね。
でも、あくまで謙虚なシカクさん。
この人柄がいいですね。
幼稚園児くらいから、大人まで、滋味深く、味わってほしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 食べ物電車!?  投稿日:2019/03/19
でんしゃがきました
でんしゃがきました 作・絵: 三浦 太郎
出版社: 童心社
『バスがきました』に続く作品です。
動物たちのいる駅に、踏切音が鳴り、食べ物電車が到着する趣向です。
チーズ、野菜、お肉などなど、実はあちこちにヒントや遊び心があります。
ということで、カッパ、さび抜きなど、意外に高度な作品です。
お父さんも食事を作ってくれる人として描かれているのもいいですね。
実は、おまけのページが意外にツボかもしれません。
その気持ち、わかりますね。
観音開きのページは電車だからこそ、大迫力です。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 土佐弁の味わい  投稿日:2019/03/18
花じんま
花じんま 再話・絵: 田島 征三
出版社: 福音館書店
田島征三さんの力強い絵が印象的です。
有名な花さかじいさんの昔話を、土佐弁で再話してあります。
じんまとは、じいさんのことですね。
ひとのえいじんまと、いじくそのわりいじんまの、
ダイナミックな対比が軽快です。
田島さんの絵は、原始的な筆致で、昔話の持つエネルギーを感じさせてくれますね。
花を咲かせるだけでなく、木の実という、食の恩恵まで体現しているのが見事です。
土佐弁は坂本龍馬で有名ですが、あまり接することがないだけに新鮮でした。
ぜひ、音読で耳でも味わってほしいです。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ラインマン  投稿日:2019/03/17
そらのうえのそうでんせん
そらのうえのそうでんせん 作: 鎌田 歩
出版社: アリス館
送電線のメンテナンスをするラインマンの仕事を追った作品。
高い鉄塔を登り、送電線を伝って移動する様子は、
何重にも安全を確保しての作業。
その緊張感が伝わってきます。
そう、このような作業をしてくれているラインマンのおかげで、
安定した電気が送られているのですね。
送電線の構造もよくわかります。
小学生くらいから、この仕事のリアリティを感じてほしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おにぎりの作り方  投稿日:2019/03/14
わがまんまちゃん
わがまんまちゃん 文・絵: こが ようこ
出版社: 大日本図書
不思議な題名ですが、わがままなまんま(ご飯粒)ということのようですね。
みうちゃんが見つけたのは、炊き立てご飯の中にいる、
ご飯粒、まんまちゃん。
言いたい放題ですが、おにぎりの作り方を指南してくれます。
なんと、歌付きですから、楽しくできますね。
もちろん、みうちゃんもチャレンジして、満腹満腹。
でも、それで終わらないのが、まんまちゃん。
やれやれ、だから、わがまんまちゃんなのですね。
でも、意外に憎めないキャラなのが絶妙です。
幼稚園児くらいから、食育も兼ねて。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う オムレツ!  投稿日:2019/03/14
しゃかしゃかじゅうじゅう
しゃかしゃかじゅうじゅう 作: 若菜 ひとし 若菜 きよこ
絵: 若菜 ひとし 若菜 きよこ

出版社: ひさかたチャイルド
楽しそうなオノマトペの題名です。
表紙の絵を見たら、オムレツ!ではありませんか。
その調理の様子がシンプルに展開していきます。
でも、なかなかにダイナミックな動きに魅了されます。
出来上がったオムレツも、シンプルに美しいです。
そう、この色合い、やはり素敵です。
小さい子から楽しめそうですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お風呂カウントダウン  投稿日:2019/03/14
オフロケット
オフロケット 著: ザ・キャビンカンパニー
出版社: 白泉社
???の題名に、手に取って納得。
お風呂とロケットの組み合わせですね。
体を洗った後、お風呂につかっている間に、
10からカウントダウン!という趣向。
なるほど、数字と言葉遊びも兼ねています。
発射!にあたる「あがったよ〜!」は、
ドヤ顔が目に浮かびます。
これなら、お風呂タイムも、ワクワクな時間に大変身。
ビビットな絵も新鮮です。
幼稚園児くらいから、楽しんでほしいです。
参考になりました。 0人

5319件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット