話題
に〜っこり

に〜っこり(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数30万部突破の人気シリーズ第1巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

5914件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 小学1年生の主張  投稿日:2020/10/23
ひとは なくもの
ひとは なくもの 作: みやの すみれ
絵: やベみつのり

出版社: こぐま社
主人公は泣き虫のすみれちゃん。
どんな場面で泣くのかが主人公目線で延々と語られます。
だからこそ、ラストで、お母さんへの直球の提言に至るのです。
ここでとても感銘を受けたのですが、あとがきを読んでさらにびっくり。
作者もすみれという名前で、中学三年生!?
しかも、作者が小学校1年生の時の作品を、
祖父のやべみつのりさんの絵で絵本化したのだそう。
道理でリアルなメッセージになっているはずです。
このメッセージ、やはりきちんと受け止めたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 三者三様  投稿日:2020/10/21
おれ、きょうりゅうしんかんせん
おれ、きょうりゅうしんかんせん 作: 片平 直樹
絵: 山口 マオ

出版社: 交通新聞社
まず、題名に違和感がありますね。
きょうりゅうしんかんせん?
しかも、昔懐かしい旧型新幹線。
恐竜と新幹線の組み合わせだけでも驚きですが、そこにお月さまも加わって、
三者三様何とも不可思議な合体ストーリーです。
旧型新幹線の嘆きを聞いてやっていたティラノサウルスに感心したお月さまが、
あろうことか両者を合体させるストーリーです。
その理由も、もっともらしいですが、十分の見込めないまま、
ストーリーはぐいぐい半ば強引に進みます。
戸惑うティラノサウルスと一緒に、こちらも右往左往。
しかも、余韻を残してあっさり終焉へ。
幼稚園児くらいから、超特急で進むストーリーを楽しんでほしいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いそがしい  投稿日:2020/10/21
ねこは るすばん
ねこは るすばん 作: 町田尚子
出版社: ほるぷ出版
ほら、町田尚子さんの描くねこと目が合ったら、もう、見過ごすわけにはいきません。
留守番している、と思われているねこの様子を描きます。
意外なところに入ったかと思うと、そこからは、二足歩行であちこちぶらぶら。
人間のような、猫のような。
淡々と描かれる世界が静かに面白いです。
猫の特性もよくとらえていると思います。
本屋さんには、さりげなく、『ねこづめのよる』も。
何事もなかったかのようなねこの表情がたまりませんね。
小学生くらいから大人まで、しみじみ楽しめると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 発想がすごい  投稿日:2020/10/21
みてみて おひげ
みてみて おひげ 作・絵: ささき みお
出版社: 国土社
表紙を見るとギョッとしますが、なあるほど、食べたり飲んだりした後を楽しむ趣向ですね。
口の周りの汚れととらえればため息モノですが、
こんな風に楽しめば、きっと楽しい時間になりそうです。
もちろん、現実はそうも言ってられませんから、せめて絵本の中で思い切り楽しみましょう。
何よりこの発想がすごいと思います。
そして、ラインナップも豪快です。
ああ、あのネバネバも!
ラストはその集大成でしょうか。
ここまでくると、愉快愉快。
クイズっぽい展開もドラマチックですね。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 豊かな時間  投稿日:2020/10/17
まっている。
まっている。 作: 村上 康成
出版社: 講談社
まさに、題名そのものの作品です。
まずは、表紙絵の空間に身をゆだねましょう。
アカショウビンの鳴き声。
徐々に重なる、セミの声。
釣りをしているぼく。
そう、待っているのです。
そして、生き物たちの待っている様子。
重ねられる鳴き声と、かすかに動く生き物たち。
豊かな時間です。
幼稚園児くらいから、全身で、その豊かな時間を体感してほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いろいろある  投稿日:2020/10/15
きょうは泣き虫
きょうは泣き虫 作: たけがみたえ
出版社: 好学社
表紙から、強面のクワガタの眼力に圧倒されます。
そう、いばりんぼのクワガタのおはなしです。
月夜にいばりちらすクワガタに、虫たちは敬遠するのですね。
カブトムシとやりあって、負け、惨めな思いのクワガタ。
クワガタのいろいろある感情が描かれています。
題名の「は」がポイント。
どんな声掛けが救いになるのかも、そっと教えてくれると思います。
版画による作画でしょうか、虫の世界がダイナミックに感じられます。
合わせて、そっと見守る月の存在感もいいですね。
小学生くらいから、友だち理解としてもいいと思います。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 自分の幸せを見つける  投稿日:2020/10/15
さがす
さがす 文・写真: 長倉 洋海
出版社: アリス館
世界中の子どもたちの姿を追った写真絵本。
「さがす」をキーワードに、著者自身が、生きる意味を探しながら出会った子どもたちの姿です。
紛争地で、寒暑それぞれ過酷な地で、人々の生きる力への驚きが、
写真に迫ってきます。
何より、多くの子どもたちの笑顔が素晴らしいです。
それは、生きる力そのもの。
自分の幸せを見つける人々の表情です。
小学校高学年くらいから、大人まで、その姿から、たくさん感じることができると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いのちの始まりの不思議  投稿日:2020/10/08
こんにちは!あたらしいいのち
こんにちは!あたらしいいのち 著: アイナ・ベスタルド
訳: 青山 南

出版社: 河出書房新社
透かしてみる生きものたちのひみつ、が副題。
コウテイペンギン、リクガメ、タツノオトシゴ、アカカンガルー、ヒキガエルとオオカバマダラ、シロナガスクジラ。
それぞれの誕生の様子や子育ての様子を描いてあります。
注目は、トレーシングペーパーのような透かし紙で、その様子を誘う構成です。
デザイナーによる絵なので、ドラマティックな演出となっています。
解説はかなり本格的です。
それでも、コウテイペンギンのお父さんが動かずに抱卵する様子、
タツノオトシゴがお母さんからお父さんへ卵を移す様子など、
不思議な生態など、興味深いです。
ラストで、「さて、あなたは?」と投げかけられる、この問いがメインテーマでしょう。
小学校高学年くらいから、いのちの始まりの不思議を体感してほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 究極の定点観察  投稿日:2020/10/08
りんご だんだん
りんご だんだん 作・写真: 小川 忠博
出版社: あすなろ書房
いたって普通のりんごを、究極の定点観察した科学絵本です。
定点観測?
ええ、346日!?
条件さえよければ、そこそこ長期保存できるはずですが、
やはり、200日も超えると、すさまじいですね。
カビどころではありません。
崩壊していく様は、ある意味めったに見れない光景だけに、
やはりしっかり見届けましょう。
そして、そこに息づく生き物の気配。
気の遠くなる撮影ですが、写真家魂を感じました。
小学生くらいから、科学の心を感じてほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 生命の触感  投稿日:2020/10/07
つかまえた
つかまえた 作: 田島 征三
出版社: 偕成社
迫力の表紙絵に、思わず惹かれました。
田島征三さんの子ども時代の原体験がベースになっているようですね。
夏の川の浅瀬で見つけた大きな魚。
近づいたら、足が滑って、川の中へ。
思わず触れた魚との格闘です。
まさしく、生命の触感ですね。
捕まえた喜びが伝わってきます。
ふと気づくと、バケツからはねて草の上でぐったりの魚。
必死の行動が、また生命を感じさせます。
ラストシーンは、魚との絆を感じます。
ダイナミックな絵が臨場感たっぷり。
なかなかこんな体験できませんから、ぜひ、一緒に味わってほしいです。
幼稚園児くらいから、でしょうか。
参考になりました。 0人

5914件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット