話題
かむもかまぬも神だのみ めちゃヘンな早口ことば

かむもかまぬも神だのみ めちゃヘンな早口ことば(小学館集英社プロダクション)

これ、言える? 言えたらヒーロー! みんなで遊べる! 一瞬で噛んじゃうヘンテコ早口ことば!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
話題
むげんことわざものがたり

むげんことわざものがたり(偕成社)

好評につき2刷!ことわざがつながって、ひとつの物語になったおもしろ絵本

  • 笑える
  • 全ページ
  • ためしよみ

TOP500

レイラ

ママ・50代・兵庫県、男の子30歳 男の子28歳

  • Line
自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

7186件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 魅力たっぷり  投稿日:2024/04/18
あいたいな シマエナガ もりにくらす ゆきのようせい
あいたいな シマエナガ もりにくらす ゆきのようせい 写真: 山本 光一
出版社: 世界文化社
最近巷でシマエナガがブームになっているので、その関連本かと思いきや、
いえいえ、本家本元の「シマエナガ伝道師」、山本光一さんによる科学絵本でした。
シマエナガに魅了され、北海道に移住したほどの作者ですから、
そのクオリティは素晴らしいです。
四季折々のかわいいショットはもちろんのこと、生態も含めて、
シマエナガの魅力がたっぷりと。
巻末にはさらに詳しく、あのモフモフの秘密なども。
二次元コードから様々な動画が視聴できるのも嬉しいです。
小学生くらいからしっかり学べそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 微妙な関係性  投稿日:2024/04/18
ピースケのいえで
ピースケのいえで 作: たかどの ほうこ
出版社: 童心社
実は、「家で」と思っていたのですが、「家出」だったのでびっくり。
のぶちゃんのぬいぐるみ、ピースケの家出ストーリーなのですが、
もう一つ、主人公のみどちゃんと、お友だちののぶちゃんの微妙な関係性が紡がれます。
同じマンションに住む仲良し、とはいえ、
いきなり、のぶちゃんの機嫌が悪くなり、帰宅したみどちゃん。
ところが、いつの間にかかばんに、のぶちゃんのぬいぐるみ、ピースケが入っていて。
このシチュエーション、デリケートな女子の世界ではあるあるでしょうか。
そして、ここからは、みどちゃんのぬいぐるみたちとの世界。
ぬいぐるみの声をたっぷりと。
いやはや、ぬいぐるみ、大切にしましょうね。
そして、ラストに向けて急展開での着地。
まさしく、たかどのほうこさんワールド!
余韻もたっぷり味わいたいですね。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 愛おしい日常  投稿日:2024/04/17
クロべぇ
クロべぇ 作: ふくだ いわお
出版社: 光村教育図書
主人公の男の子が、飼い犬のクロべぇとの散歩を語ります。
自分が生まれる前からいるって、じゃあ、だいぶ年老いたという事でしょう。
動作も遅く、ゆったりとゆったりと。
あくまで淡々と、日常の中でのクロべぇの様子が綴られます。
この関係性、いいですねえ。
クロべぇ独得の表情、味わい深いです。
だからこそ、愛おしい日常が浮かび上がってきます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 多彩な「あける」  投稿日:2024/04/17
あける
あける 作・絵: はらぺこめがね
出版社: 佼成出版社
表紙絵からかなりのインパクト。
わあ、うな重!
いろいろな「あける」動作で、美味しそうなものが出現という趣向。
「あけよう あけよう」で間があるのがポイント。
多彩な「あける」にも注目。
ワクワクがたまって、ページを開いて、お・い・し・そ・う!
ちょっとしたダジャレもまぶして、とにかく迫力満点。
やはり、はらぺこめがねさん、ツボをご存じのようで。
ラストは、やられました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「とんとん」の効果  投稿日:2024/04/15
とんとん ももんちゃん
とんとん ももんちゃん 作・絵: とよた かずひこ
出版社: 童心社
単なるオノマトペと思いきや、まあ、なんて素敵な「とんとん」でしょうか!
ももんちゃんが、通りすがりに泣いているお友だちに「とんとん」してあげる趣向。
一緒にいて、とんとんしてもらうって、なんて心が落ち着くことでしょう。
ももんちゃんの優しさにほっこりです。
ほうら、みんな涙を浮かべながらも、笑顔に。
もちろん、ももんちゃんだって、してあげるだけでなく、してもらって。
この心地良さ、たっぷり味わえそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おこって ふくれて ぷー  投稿日:2024/04/15
ふうせんねこ
ふうせんねこ 作・絵: せな けいこ
出版社: 福音館書店
ふうせん?と思ったら、表紙絵を見て合点。
おこって、ふくれて、ふうせんみたい、ということですね。
確かに、イヤイヤ期あるあるです。
あーんあん、と泣かれるのも大変ですが、
こちらもさらに大変。
でもね、こんな風に客観視したら、ほら、愉快愉快。
「ぷー」というオノマトペがツボにはまりそう。
ぷーぷーねこという存在も、親子のコミュニケーションで役立つかも。
この視点に拍手!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「ごめんなさい」という感覚  投稿日:2024/04/15
ルルちゃんのくつした
ルルちゃんのくつした 作・絵: せな けいこ
出版社: 福音館書店
おやまあ、ルルちゃん、靴下失くしたんですって。
子どもあるあるのシチュエーションが共感どころです。
どこへ行ったのか、広がる想像が楽しいです。
でも、靴下の悲しさもちゃんとわかっていて。
これはなかなか素敵なとらえ方。
「ごめんなさい」という感覚が愛おしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ケンカをすると  投稿日:2024/04/15
きれいなはこ
きれいなはこ 作・絵: せな けいこ
出版社: 福音館書店
素敵な題名なのに、この表紙絵は?と違和感。
おやおや、きれいな箱を巡ってのケンカの展開。
そりゃあ、自分が見つけたのに、となれば、仕方ないかも。
おお、なかなか派手にケンカしていますね。
で、箱の中から、意外なキャラクターが登場!
「けんか するのは だれだ!」というセリフにぴったり。
わわわ、そんな展開に!?
これはインパクト大。
もはや、ケンカどころじゃないですか。
仲裁のヒントになるかも。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 馴染みのあるアイテム  投稿日:2024/04/13
りんご ごろごろ
りんご ごろごろ 作: もぎ あきこ
絵: 森 あさ子

出版社: 世界文化社
乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
この手遊びは初見でしたが、メロディーを聞いて、ああ、これね、と。
子どもたちになじみのある果物や野菜が登場し、愉快なオノマトペ付き。
車や汽車の動きもあり、これはポイント高いです。
何より、それらが可視化されているので、重宝しそうな作品です。
森あさ子さんのコラージュは、絶妙な造形で愉快です。
たっぷり楽しめそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 愉快な修行  投稿日:2024/04/13
花見じゃ そうべえ
花見じゃ そうべえ 作: たじま ゆきひこ
出版社: 童心社
軽業師のそうべえ始め、歯抜き師のしかい、医者のちくあん、山伏のふっかい。
おお、またまた集結ですか。
歯医者が辻で人集めして商売と、最初から豪快な展開。
で、なぜか巻き込まれる他の三人。
今までとよく似た展開ですが、強引に花見へと持ち込むおめでたい着地に拍手!
修行と言いつつ、やはり珍道中。
ふんどしネタも、落語風です。
ドタバタしても、まあるく収まるのも心地良いです。
冬眠明けのクマも巻き込んで、美味しそうな花見もそうべえらしいです。
参考になりました。 0人

7186件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット