あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ あきぞらさんぽの試し読みができます!
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

5227件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい こちょこちょ  投稿日:2018/12/12
ねーずみ ねーずみ どーこ いきゃ?
ねーずみ ねーずみ どーこ いきゃ? 構成・文: こが ようこ
絵: 降矢 なな

出版社: 童心社
「わらべうたでひろがるあかちゃん絵本」シリーズ。
私はこのわらべ歌を知らなかったのですが、
巻末に楽譜?リズム譜?があるのと、ネットで調べると動画で出てくるので、
すぐ覚えることができました。
ねずみ、うさぎ、こぐま、はなちゃんが登場します。
わが巣(家)へ行くというのと、こちょこちょ遊びを合わせたのですね。
これは素敵なスキンシップ遊びです。
乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おなら  投稿日:2018/12/12
へっこ ぷっと たれた
へっこ ぷっと たれた 構成・文: こが ようこ
絵: 降矢 なな

出版社: 童心社
「わらべうたでひろがるあかちゃん絵本」シリーズ。
おはなし会ではわらべ歌も取り入れたいので、
このような作品はありがたいです。
私は、おはなし会仲間がしていた人形遊びで知りました。
きのこちゃんやあひるちゃん、だるまさん、おばけちゃんが、おならをする、
ただそれだけなのですが、
なんとも面白みがありますね。
乳児・小さい子向けのおはなし会で、ふれあい遊びも兼ねて。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい クリスマス前夜  投稿日:2018/12/11
星のひとみ
星のひとみ 絵: せな けいこ
文: 石井 睦美
原作: サカリアス・トペリウス

出版社: KADOKAWA
フィンランドのトぺリウスの代表作ですね。
北欧の物語が好きなので、とても印象に残っていて、
今回石井睦美さんの文章で再び出会えてうれしいです。
原作のエッセンスはそのまま、わかりやすくなっていると思います。
せなけいこさんの絵も、その世界観に寄り添っていて素敵です。
クリスマス前夜、サーミ人(ラップランド人)の夫婦のそりから落ちて
雪原に一人ぼっちになった赤ちゃん。
そのシーンがなんとも厳かです。
だからこそ、その赤ちゃんの瞳に星が宿るというのも説得力があります。
それ故に起こる不思議な出来事は、育て親が不気味に思ったのも仕方ないですよね。
余韻の残る語りも健在です。
小学生くらいから、じっくり感じ取ってほしい物語だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 納豆で豆まき!?  投稿日:2018/12/09
なっとうかあちゃん
なっとうかあちゃん 作: 苅田 澄子
絵: マスリラ

出版社: 講談社
食育絵本としてセレクト。
表紙の絵を見てびっくり。
なっとうかあちゃんの正体はわら納豆!
なるほど、お腹で納豆の子どもたちを育てているということですね。
もちろん、ハプニングの連続ですが、納豆ならではの展開に唖然です。
ねばねばの言葉遊びも病みつきになりそうです。
なんと、納豆で豆まきのシーンも。
なにより、なっとうかあちゃんの母性愛が素敵です。
そして、ラストのなっとうかあちゃんが、とてつもなくかっこいいですね。
そして、お見事な着地に、拍手!
幼稚園児くらいから楽しめそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい フィギュアスケートが描く線  投稿日:2018/12/09
せん
せん 作: スージー・リー
出版社: 岩波書店
文章がなく、絵だけで魅せる作品です。
白い紙に、鉛筆で描かれるスケート靴をはいた少女。
彼女が氷の上を滑りだし、その軌跡が線となって氷上に現れます。
静止画なのに、その躍動感が伝わってきます。
そして、ジャンプ。
え?転倒?
そこからが不思議な展開。
あ、紙上の光景だったのね。
でも、そこからの飛躍がすごいです。
さあ、ここからどんな物語を感じますか?
小学生くらいから、静かに感じ取ってほしい作品だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 個性的なうさぎたち  投稿日:2018/12/08
うさぎたちとふしぎなこうじょう
うさぎたちとふしぎなこうじょう 作: アダム・グリーン
絵: レナード・ワイスガード
訳: こみや ゆう

出版社: 好学社
『THE FUNNY BUNNY FACTORY』が原題。
韻を踏んだ題名でしょうか。
そのリズムが軽快です。
表紙のうさぎたちの絵が、それはそれはキュートで、
そのつぶらな瞳に魅せられてしまいました。
もう使われていない、ある古い工場に、
うさぎたちが住みつく、というお話です。
その数がビックリするほどで、しかもその特徴を一羽ずつ説明してあるのがすごいです。
ちょっとした探し絵要素もあります。
そして、好き放題していたら、工場が突然動き出すのですね。
イースターの卵、お菓子、にんぎょう・ぬいぐるみ、帽子。
各階の製造品は、興味をそそられるものばかり。
ところがそれらに見向きもしない茶色のうさぎ。
マイウェイのうさぎは、自分の勘を頼りに、
自分が求めていたものを発見するのですね。
この姿、頼もしいです。
独特の画風がカラフルでいて滋味深いです。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 野球ストーリー  投稿日:2018/12/07
ぼくらはうまいもんフライヤーズ
ぼくらはうまいもんフライヤーズ 作: 岡田 よしたか
出版社: ブロンズ新社
なんと、揚げ物(フライ)たちが野球をするという、
岡田よしたかさんらしい奇想天外なストーリーです。
オニオンリングや、フライドチキン、エビフライ、アジフライなどなど、
その形状ゆえのハプニングが面白いです。
しかも、仲間に入れてもらいたいがゆえ、
たい焼きとたこ焼きもフライになるとは、唖然です。
物語は練習試合までの練習光景にページが割かれ、
試合開始でラスト。
余韻を残す作戦でしょうか。
でも、何となく、試合の様子が思い浮かぶので不思議です。
野球の楽しさが伝わってきます。
幼稚園児くらいから、突っ込みどころ満載で盛り上がると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かこさとしクオリティの断面図  投稿日:2018/12/06
だいこんだんめん れんこんざんねん
だいこんだんめん れんこんざんねん 作・絵: 加古 里子
出版社: 福音館書店
題名はダジャレでしょうか。
でも、かこさとしテイストが感じられます。
様々な物の断面図を科学する作品です。
導入が食べ物というのもいいですね。
断面という言葉から定義づけされるところが素晴らしいです。
いきなり、野菜の断面図が残念な結果(外から見えない虫食いや腐敗など)というのが、
かなり衝撃的ですが、
それだけに、科学的好奇心をそそられます。
読み進めるにつれて、難易度アップ。
大人も上質な頭の体操レベルです。
まるで、授業を拝聴しているような語り口も素敵です。
作者本人の声を聴いたような気がしました。
小学生くらいから、頭をフル回転させてほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほっくほくー あっつあつー  投稿日:2018/12/05
おいも!
おいも! 文: 石津 ちひろ
絵: 村上 康成

出版社: 小峰書店
村上康成さんのおいもの絵に既視感があったのですが、
読んでみると、あ、そっか、文章が石津ちひろさんね、と納得。
いもほりの様子を描いてあります。
畑でのドキドキワクワク、焼き芋を食べた時のおいしさ。
石津ちひろさんの軽快な文章がドラマチックです。
後半は、焼き芋の黄金色が印象的です。
かなり大胆な飛躍ですが、秋空と相まってとても素敵です。
幼稚園児くらいから、いもほりの思い出と一緒に。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どれにする?  投稿日:2018/12/05
めん たべよう!
めん たべよう! 作: 小西 英子
出版社: 福音館書店
丁寧でリアルな絵が印象的な小西英子さんですから、
期待感が高まりますね。
ほら、表紙の絵から、とても美味しそうではありませんか!
うどん屋さん、スパゲッティ屋さん、そば屋さん、ラーメン屋さんをめぐり、
様々な麺が登場という訳ですね。
嬉しいのは、「どれにする?」と読者に問いかけるところです。
そう、選ぶ楽しさを体感できるのですね。
もちろん、どれもおいしそうなのですが、
お店らしく、器や皿にも注目してほしいですね。
もちろん、最後のページのお品書きも、味わい深いです。
幼稚園児くらいから、盛り上がりそうです。
参考になりました。 0人

5227件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『語りかけ絵本 どんぐり』こがようこさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット