なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

5614件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 思い出と現実がふわり  投稿日:2020/01/17
小学館あーとぶっく7・シャガールの絵本
小学館あーとぶっく7・シャガールの絵本 出版社: 小学館
小学館あーとぶっくF。
シャガールは白ロシア出身のユダヤ人だったのですね。
それゆえ、第二次大戦前後、放浪を余儀なくされ、
思い出と現実がふわり、という画風になったのですね。
そういう風に見てみると、この画風の世界観が理解できるような気がします。
バイオリンが大切なモチーフになっているのも印象的です。
ただただ、自由に思い出を絵に落とし込んだシャガール。
やはり浮遊感を感じました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 淡い色彩の女流画家  投稿日:2020/01/17
小学館あーとぶっく11・ローランサンの絵本
小学館あーとぶっく11・ローランサンの絵本 出版社: 小学館
小学館あーとぶっくJ。
高校生の時に出会って以来、ファンの女流画家です。
何より、その淡い色彩がお気に入りです。
当時は新しいアート表現の時代で、フォービズムやキュビズムの影響を受けながらも、
独自の世界を、静かに全うした世界観が素敵です。
女流画家という点もポイントが高いです。
女性らしい感性を感じます。
少し寂しげな世界ですが、案内文は軽やかにナビゲートしてくれます。
やはり素敵な世界、一緒に体感してほしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お休み絵本としても  投稿日:2020/01/17
ねんねしたらサンタさん
ねんねしたらサンタさん 作: ひらぎ みつえ
出版社: ほるぷ出版
乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
赤ちゃん・小さい子用クリスマス仕掛け絵本です。
子どもがねんねしたら、サンタさんが現れる仕掛けですね。
厚紙で丈夫なつくりなので、ページは少ないですが、
小さい子にはネタ的にも程よいと思います。
重点は、「ねんねしたら」と促すところです。
クリスマスのころのお休み絵本としても使えそうですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自己流だからこその素朴派  投稿日:2020/01/14
小学館あーとぶっく5・ルソーの絵本
小学館あーとぶっく5・ルソーの絵本 出版社: 小学館
小学館あーとぶっくD。
私にとっては、作品がすぐに出てこない記憶の画家ですが、
作品を見たら、あ、これなのか!と納得。
やはり、自画像が、画家の思いを語っているような気がします。
自己流だからこその素朴派なのですね。
「眠るジプシー女」の世界観がわかったように思います。
写実的なようで、実は「楽しいウソ」というのが衝撃的ですが、
その自由さに、新たな魅力を感じました。
まさに夢そのもの。
この視点に感謝です。
夢と現実の中間の世界、きっと共感できると思います。
小学生くらいから、自由なアートを感じてほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 愛らしく、楽しく、美しい  投稿日:2020/01/14
小学館あーとぶっく4・ルノワールの絵本
小学館あーとぶっく4・ルノワールの絵本 出版社: 小学館
小学館あーとぶっくC。
印象派として有名なルノワールの絵を優しいまなざしで鑑賞します。
ルノワールは、愛らしく、楽しく、美しい絵画を目指したそうで、
なるほど、その世界観に納得です。
「ないしょ」というキーワードは、探求心をそそります。
意識が深く向いて、絵をたっぷり味わうことができそうです。
絵にしまい込まれた物語が立ち上ります。
控え目ですが的確な解説がうれしいです。
小学生くらいから、このみずみずしい世界、知ってほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 和歌山県バージョン  投稿日:2020/01/09
ねずみのよめいり
ねずみのよめいり 作: 小澤 俊夫
絵: 金井田英津子

出版社: くもん出版
昔話はやはり良いクオリティの再話で、とセレクトしました。
昔ばなし再話での第一人者ですから、安心です。
和歌山県バージョンだそうです。
ねずみの夫婦に娘が生まれ、年頃になったから、と
世界で一番偉い婿を探すのですね。
私の知っているものと同じストーリーですが、
味わい深い絵がうれしいです。
その後談も、さりげなく暗示されていてほっこりです。
幼稚園児くらいから、大人まで、味わってほしい作品だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい そばもちと、墨絵の味わい  投稿日:2020/01/09
ねずみじょうど
ねずみじょうど 再話: 瀬田 貞二
絵: 丸木位里

出版社: 福音館書店
おむすびころりんの昔話ですが、そばもちバージョンですね。
浄土、とは仏の国のことですから、ねずみ浄土、という言葉も味わってほしいです。
貧乏なじいさんが、そばもちを穴に落として、
ねずみに、地下の国に案内してもらい、小判まで土産にもらうが、
隣の家のじいさんが真似て、やり込められる物語。
瀬田貞二さんによる丁寧な再話と、丸木位里さんの墨絵が味わい深いです。
♪ねこさえいなけりゃ♪というフレーズが耳に残りそうです。
幼稚園児くらいから、しっかりと五感で味わってほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい エノキとオオムラサキ  投稿日:2020/01/07
丘のうえのいっぽんの木に
丘のうえのいっぽんの木に 作: 今森 光彦
出版社: 童心社
写真家であり、ペーパーカットアーティストでもある今森光彦さんの作品。
里山復元活動もされているので、生き物たちへのまなざしが感じられます。
小さな丘の上のエノキの木と、そこで命を育むオオムラサキ(チョウ)の姿を
切り絵で表現してあります。
切り絵とは思えないほど繊細な絵は、生き物の息遣いまで感じさせ、
単色なのに、多彩な色彩を感じさせてくれるようです。
シンプルだからこそ、五感に訴えてきます。
小学生くらいから大人まで、体感してほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 力強い絵は主人公の生き方のよう  投稿日:2020/01/07
ボルカ はねなしガチョウのぼうけん
ボルカ はねなしガチョウのぼうけん 作・絵: ジョン・バーニンガム
訳: 木島 始

出版社: ほるぷ出版
ジョン・バーニンガム、28歳でのデビュー作です。
力強い絵は主人公の生き方のようですね。
ガチョウのポッテリピョン夫婦のもとに生まれためすのボルカ。
なんと、羽なしだったのですね。
お母さんが羽を編んでくれますが、仲間からは相手にされず、
ついには、渡りの季節に置いてけぼりに。
でも、そこからがたくましいです。
必死に休む場所を探して、船倉にもぐりこんだところ、船が出港。
でも、良い出会いが、キュー植物園という場所に届けてくれます。
生き物たちの厳しさと温かさをそっと教えてくれる作品だと思います。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい シリア難民を石で描く  投稿日:2020/01/07
石たちの声がきこえる
石たちの声がきこえる 作: マーグリート・ルアーズ
絵: ニザール・アリー・バドル
訳: 前田 君江

出版社: 新日本出版社
『STEPPING STONES』が原題。
シリア生まれで、在住のニザール・アリー・バドルさんの石アートに感銘を受けた作者による作品。
『図書館ラクダがやってくる』など、子どもたちへの思いがあふれています。
シリアの少女ラーマーが主人公。
弟や両親、祖父との平和な暮らしが、戦争で一変する様子を描きます。
ひたすら歩き、ボートでの危険な逃避行。
やっとの思いでたどり着いた新天地での喜び。
石を並べただけのアートに、物語が立ち上ります。
撮影が済めば、解体され、石に帰るという、存在感。
小学生くらいから、平和学習に。
参考になりました。 0人

5614件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット