おおきなうみと ちいさなマーヴィー おおきなうみと ちいさなマーヴィー
作・絵: H@L  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
海の世界で未来を夢みるくじらのマーヴィー!絵本いっぱいに広がる青が、夏にぴったりな1冊です!

クッチーナママさんの公開ページ

クッチーナママさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女の子16歳 女の子13歳 男の子10歳

自己紹介
母親になってよかったなと思うことの一つに、多くの素晴らしい絵本と出会えたことがあります。子どもを持つまでは知らなかった絵本の世界に、今は自分が一番どっぷりとはまっています。我が家には3人の子どもがいますが、長女はいわゆる本の虫。暇さえあれば一人で本を開いています。小学生になってからは読み応えのある児童書をガシガシ読んでいます。次女はナンセンス絵本が大好き。物語よりも絵やリズムを楽しむタイプのようです。乗り物大好きな長男は、やはり今は電車や車の本が好き。男の子の冒険ファンタジーなどをこれからたくさん読んであげたいです。
好きなもの
エッツ、ハッチンス、センダック、マックロスキー、バーニンガム、ベスコフ、フランソワーズ、リンドグレーン、バーバラクーニー、クエンティンブレイク、長新太、かがくいひろし、中川李枝子、五味太郎、せなけいこ、松岡享子、たかどのほうこ、柳原良平、安野光雅。
ひとこと
2011年の10月からこちらでレビューを書き始めました。
絵本の感想投稿も1000件を超え、ますます絵本と絵本ナビの魅力にはまっています。
ブログ/HP
絵本好きが高じて、ブックカフェを開くことにしました。まだまだ発展途上ですが、大人も子どももホッと一息できる空間を模索し続けたいと思っています。
Facebookページでは、「店主の絵本365日」と題して、ほぼ毎日、絵本の紹介をしています。ぜひ遊びにきてください。

クッチーナママさんの声

4512件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 一番乗りのおじさん  投稿日:2020/08/07
すいかのプール
すいかのプール 作: アンニョン・タル
訳: 斎藤 真理子

出版社: 岩波書店
夏らしい絵本が読みたくて、選びました。
夏といえば、すいか。
そのすいかが丸ごとプールとして登場するという、画期的なお話です。
こちらの村では、毎年、このプールで泳ぐのか恒例。
さっくさっくと歩く感じが、すいかの歯ごたえを思い出して、心地よかったです。
一番乗りのおじさんの表情が、最高でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う SNSの楽しさと危うさ  投稿日:2020/08/07
スマホをひろったにわとりは
スマホをひろったにわとりは 作: ニック・ブランド
訳: いしだみき

出版社: マイクロマガジン社
主人公は、農場でたくさんの動物と暮らす、友だち思いのにわとりです。
そのにわとりが、不思議な光る箱を発見し、生活が少しずつ変化していきます。
目の前に友だちがいるにも関わらず、SNSに夢中になっています。
歩きスマホで、車にぶつかりそうにもなります。
読みながら、自分も、このにわとりのようになっていないかと、ドキドキしてしまいました。
小学5年生の息子も、スマホを欲しがる年頃ですが、手渡す時には、一緒にこの絵本を読ませなくちゃと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う そんなに怖くない?  投稿日:2020/08/06
きもだめし
きもだめし 作: 新井 洋行
出版社: 講談社
夏の夜に読むのにぴったりかなとい、手に取りました。
ページを縦に開く絵本。
しかももう1枚めくる仕掛け担っています。
次々と出てくるお化けたち。
表紙の絵は結構怖いけれど、中身はそこまで怖くありません。
ちょっとかわいく思えちゃうほどです。
ゆっくり読んで、怖がらせ、さっとめくるのが、読むポイントかもしれません。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う なんでか面白い  投稿日:2020/08/06
ティーニイタイニイちいちゃいおばちゃん
ティーニイタイニイちいちゃいおばちゃん 作: ジル・ベネット
絵: トミー・デ・パオラ
訳: ゆあさ ふみえ

出版社: 偕成社
トミー・デ・パオラの絵が好きなので、読みたいと思いました。
イギリスの昔話。
ちいちゃいおばあちゃんが、墓場でホネを拾います。
その夜、持ち主がそれを取り返しにやってくるのです。
ひたひたと迫る声とおばあちゃんのやりとり。
そう聞くと怖いのですが、なぜか面白いのです。
トミー・デ・パオラの、ユーモラスなイラストのせいもあるのかな。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 白黒で描かれています  投稿日:2020/08/06
もりのおばけ
もりのおばけ 作・絵: かたやま けん
出版社: 福音館書店
夏の夜に怖い話を読みたくて、おばけの本などを色々読んでいます。
白黒で描かれた片山健さんのかなり前の作品です。
弟と森の中までかけっこし、気づけば、ひとりぼっちになってしまった男の子。
怖くなって、「おーい」と呼ぶと、なんと森の奥から「おーい」とおばけが飛んでくるのです。
幻想的な絵が、ほんのり怖い感じを際立たせている感じでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 上手にかくれんぼ  投稿日:2020/08/05
ぐるぐるちゃんかくれんぼ
ぐるぐるちゃんかくれんぼ 文・絵: 長江 青
出版社: 福音館書店
こちらのシリーズは、「ぐるぐるちゃん」「ぐるぐるちゃんとふわふわちゃん」を読みました。
とても可愛いイラストで、すっかりぐるぐるちゃんのファンに。
新しい絵本が出ていたのを知らずにいたので、見つけた時は嬉しかったです。
今回は、ぐるぐるちゃんがお父さんとかくれんぼ。
1から10まで数えて、もーいいかい。
あんまり上手に隠れすぎたので、お父さんを心配させてしまったようでした。
変わらず可愛いぐるぐるちゃんでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 本の楽しさ  投稿日:2020/08/05
このほん よんでくれ!
このほん よんでくれ! 文: ベネディクト・カルボネリ
絵: ミカエル・ドゥリュリュー
訳: ほむらひろし

出版社: クレヨンハウス
怖そうな表紙のオオカミに惹かれて、どんなお話なんだろう?と興味を持ちました。
偶然、人間の親子の読み聞かせを聞いたオオカミ。
落としていった絵本を読んでもらおうと、動物たちに頼みます。
表紙で怖がっているうさぎさんが、優しく勇気あるうさぎさんでよかった。
本の楽しさを再確認できるお話でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自分にも言われているみたい  投稿日:2020/08/05
やすんでいいよ
やすんでいいよ 著者: おくはら ゆめ
出版社: 白泉社
とっても優しいタイトルに惹かれて、手に取りました。
「トンボさん、やすんでいいよ」と優しいキツネが声をかけます。
トンボはキツネの指先に止まって、「らくちんらくちん」。
ちょうちょさんやリスさん、たぬきさんも一緒に休みます。
おくはらゆめさんのイラストがとてもいいです。
自分も「やすんでいいよ」と言われているみたいで、ほっこりしました。
疲れた大人も癒される絵本だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おしりふりふり  投稿日:2020/08/05
ぱんだんす
ぱんだんす 絵: すがわら けいこ
文: やまぐち りりこ

出版社: アリス館
表紙の背を向けて並んだぱんだに惹かれて、手に取りました。
とーってもかわいいイラストと、リズムを楽しむ絵本です。
おしりをふりふりするぱんだのかわいいこと。
一緒に体を動かしたくなること必至です。
「ぱんだんす」「ぱんだんご」など、言葉遊びもあって、楽しかったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う だいたいほとんどみんなねこ  投稿日:2020/08/05
ねこです。
ねこです。 作: 北村 裕花
出版社: 講談社
シンプルなタイトルに惹かれて手に取りました。
ページいっぱいの、個性的な顔をしたねこたち。
リラックスしている表情とか、ふてぶてしい感じとか、ねこの魅力が盛りだくさんです。
ひたすらねこ、なのですが、「だいたいねこ」は、違うのもいたりして。
それもまた面白いです。
参考になりました。 0人

4512件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

【連載】第1回「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ 紅子さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット