話題
いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

いっしょにあそぼ しましまぐるぐる(学研)

クリスマスにピッタリ♪100万部突破記念キャンペーン実施中!公式サイトオープン!

  • かわいい
  • ギフト
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ

クッチーナママさんの公開ページ

クッチーナママさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女の子16歳 女の子13歳 男の子11歳

自己紹介
母親になってよかったなと思うことの一つに、多くの素晴らしい絵本と出会えたことがあります。子どもを持つまでは知らなかった絵本の世界に、今は自分が一番どっぷりとはまっています。我が家には3人の子どもがいますが、長女はいわゆる本の虫。暇さえあれば一人で本を開いています。小学生になってからは読み応えのある児童書をガシガシ読んでいます。次女はナンセンス絵本が大好き。物語よりも絵やリズムを楽しむタイプのようです。乗り物大好きな長男は、やはり今は電車や車の本が好き。男の子の冒険ファンタジーなどをこれからたくさん読んであげたいです。
好きなもの
エッツ、ハッチンス、センダック、マックロスキー、バーニンガム、ベスコフ、フランソワーズ、リンドグレーン、バーバラクーニー、クエンティンブレイク、長新太、かがくいひろし、中川李枝子、五味太郎、せなけいこ、松岡享子、たかどのほうこ、柳原良平、安野光雅。
ひとこと
2011年の10月からこちらでレビューを書き始めました。
絵本の感想投稿も1000件を超え、ますます絵本と絵本ナビの魅力にはまっています。
ブログ/HP
絵本好きが高じて、ブックカフェを開くことにしました。まだまだ発展途上ですが、大人も子どももホッと一息できる空間を模索し続けたいと思っています。
Facebookページでは、「店主の絵本365日」と題して、ほぼ毎日、絵本の紹介をしています。ぜひ遊びにきてください。

クッチーナママさんの声

5209件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 日本人女性のチカラ  投稿日:2021/01/08
エンザロ村のかまど
エンザロ村のかまど 作: さくま ゆみこ
絵: 沢田 としき

出版社: 福音館書店
アフリカについての絵本ということで、興味を持ちました。
焚口1つで、鍋が3つかけられるかまど。
このかまどができてから、ケニアの人たちは、煮沸して衛生的な水を飲めるようになったのだそう。
それを可能にしたのが、日本人女性のおかげだったとは…
アフリカの暮らしを知るお話と思っていましたが、思わぬ展開にびっくりしました。
感動です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 小さいようで大きい  投稿日:2021/01/03
ひとつ
ひとつ 作: マーク・ハーシュマン
絵: バーバラ・ガリソン
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 福音館書店
雰囲気のあるイラストに惹かれ、手に取りました。
「ひとつ」という言葉の捉え方を説いたお話。
ちいさいようで大きい「ひとつ」。
12個なのに1ダースだったり、9にんで1チームだったり。
数え切れないほど星はあるけど、空はひとつだけ。
谷川俊太郎さんの詞的な訳文も素敵でした。
「ひとりっきゃいないぼく」というセリフにキュンとしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人が夢中に  投稿日:2021/01/02
つづきの図書館
つづきの図書館 作: 柏葉 幸子
絵: 山本 容子

出版社: 講談社
タイトルが気になって、手に取りました。
絵本の中の主人公たちが、絵本を読んでくれた子どもの人生のつづきを知りたくて、本から出てきてしまうというお話です。
お話の主役は、40代バツイチの司書、桃さん。
はだかの王様や、オオカミと7ひきの子やぎのおおかみなどに振り回されながらも、次第に生き生きとしてくる様子に、自分も元気をもらえた気がします。
児童書なので当たり前なのですが、フリガナが邪魔だなって思って読み始めたのですが、途中から、全く気にならないほど、お話に夢中になってしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい クネクネさん、ふわふわさんと再会  投稿日:2021/01/02
たいこ
たいこ 作・絵: 樋勝 朋巳
出版社: 福音館書店
「きょうはマラカスのひ」を読んでから、樋勝朋巳さんのファンになり、以来、新作が出るたびに、楽しみに読んでいます。
こちらは少し小さめサイズのかわいい絵本。
クネクネさんが、今回はマラカスではなく、たいこ遊びをします。
トンポコペタボン、トンポコペタボンと、たいこの音が響きわたる、賑やかで楽しい絵本でした。
クネクネさんやふわふわさんと再会できて、私も嬉しい限りでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う きらきらひかるしっぽ  投稿日:2021/01/02
ふしぎなしっぽのねこ カティンカ
ふしぎなしっぽのねこ カティンカ 作・絵: ジュディス・カー
訳: こだま ともこ

出版社: 徳間書店
真っ白くて、しっぽだけ縞模様になっている表紙の猫が可愛くて、手に取りました。
おばあさんと仲良く暮らす猫のカティンカ。
真夜中にカティンカがしっぽをキラキラ光らせて、森へ走っていくのを見つけます。
素敵な絵だなと思ったら、大好きな「モグシリーズ」の作者さんでした。
猫への愛が感じられます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい シリーズの1作目  投稿日:2021/01/01
こそあどの森の物語(1) ふしぎな木の実の料理法
こそあどの森の物語(1) ふしぎな木の実の料理法 作・絵: 岡田 淳
出版社: 理論社
こそあどの森の物語シリーズの1作目です。
こそあどの森で暮らすようになって10年も経つのに、みんなと馴染めずにいた恥ずかしがり屋のスキッパー。
ある日、南の島へ旅に出たバーバさんから手紙と木の実が届きます。
木の実の料理法を知るため、森の住人たちを訪ねて歩き、人との関わりを克服していく成長のお話。
この本は、子どものためにと思って購入しましたが、自分も夢中になって読みました。
シリーズの続きも読みたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う はじめてのお友だち  投稿日:2020/12/31
きょう、おともだちができたの
きょう、おともだちができたの 作: 得田 之久
絵: 種村 有希子

出版社: 童心社
表紙のかわいらしい女の子2人に惹かれ、手に取りました。
恥ずかしがり屋のゆうなちゃんに、はじめておともだちができて…
嬉しい気持ちや、ちょっと不安な気持ち。
ゆうなちゃんの気持ちが伝わってきて、自分もこそばゆいような、嬉しいような、ほんわかした気持ちになりました。
友だちができるっていいなと、素直に思えるお話でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 月の形を食べ物に見立てて  投稿日:2020/12/31
くいしんぼうのおつきさま
くいしんぼうのおつきさま 作: なかた みちよ
出版社: 文研出版
フォークとナイフを持って、舌を出すお月さまの表情に惹かれ、手に取りました。
月の満ち欠けのお話です。
バナナのような三日月。
ホットケーキのような満月。
などなど、月の形を食べ物に見立てているのが楽しいです。
お月さまに協力する、星空レストランのコックさんたちが、いい仕事をしています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 心配でしたが  投稿日:2020/12/31
はじめてのふゆ
はじめてのふゆ 作・絵: ロブ・ルイス
訳: 舩渡佳子

出版社: ほるぷ出版
タイトルを読んで、今の季節にぴったりの本かなと思って、手に取りました。
小さなネズミのヘンリエッタが、1人ぼっちではじめて冬を迎えます。
森のみんなが手助けしてくれて、冬の準備をしますが、なかなか上手に行かず。
どうなっちゃうんだろうと心配でしたが、ラストはハッピーエンドでした。
イラストもお話も、優しく素朴でほっこりしました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 仲良し兄弟  投稿日:2020/12/31
にちようびのぼうけん!
にちようびのぼうけん! 作: はた こうしろう
出版社: ほるぷ出版
はたこうしろうさんのかわいいイラストに惹かれ、手に取りました。
日曜日に届いたぼく宛の謎の手紙。
「今から公園に着くまで、絶対に誰にも見つかってはいけない」
とあって。
もう読んでいるこちらも、ドキドキワクワクが止まりません。
暗号文を解読するのも楽しいです。
とっても優しい、素敵なお兄ちゃん。
こんな仲良しの兄弟って、いいなと思いました。
参考になりました。 0人

5209件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

今月の新刊&オススメ絵本情報

出版社おすすめ

  • かける
    かける
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    はらぺこめがね最新刊!ケチャップ、シロップ、粉チーズ…かけるは美味しくなる魔法です★

全ページためしよみ
年齢別絵本セット