5〜6歳 ハイレベル 夏のおけいこ 5〜6歳 ハイレベル 夏のおけいこ
構成: 入澤 宣幸  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
夏のがんばり賞キャンペーン実施中!夏向け幼児教材売上No1!「できた!」「もっとやりたい!」が聞こえる夏に♪
まゆみんみんさん 40代・ママ

家庭学習の習慣になりようですね。
我が家の娘も、幼稚園児の頃、学研のドリ…

しいら☆さんの公開ページ

しいら☆さんのプロフィール

その他の方・50代・宮城県

自己紹介
保育士歴11年ちょっとで退職。子育て歴27年(+_+)ゞなんだりかんだりボランティアに首を突っ込んで・・・(^^ゞ興味のあるものには、なんでも挑戦♪
好きなもの
絵的なモノ・雑貨的なモノ・文字的なモノ・音楽的なモノ・踊り的なモノ
ひとこと
1日10個楽しい事探し♪
ブログ/HP
人、モノ、何でもいろいろな出逢いを紹介出来たら・・・と、思っています。

しいら☆の宝石箱

公開

しいら☆さんの声

4213件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 本物の世界のように楽しめます!  投稿日:2020/08/02
あまがえるのかくれんぼ
あまがえるのかくれんぼ 作: 舘野 鴻
絵: かわしまはるこ

出版社: 世界文化社
かえるの絵本は、たくさんありますが
あら、本物のような絵・・・
と、気になり図書館から借りてきました

かくれんぼするのですが
3匹、それぞれに名前もあり
スカーフ、帽子、花びらのスカート!
と、それで区別ができますが
それ以外は、本物そっくり!!

これは、かえる愛に満ちているなぁ〜と(笑

おはなしの内容も
おもしろいのです

「色」に着目

確かに、グレーの車に
グレーがかったカエルがいたりしますよね!?

心配したり
お友達を拭いてあげたり(笑
一緒にどろんこ!?
危ない!

と、小さいな世界なのに
とても大きな冒険?
と、知識もゲット!です

絵がきれいで、眺めているだけでも
自然の中に、行けますよ!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 写真も文章も心に響きます  投稿日:2020/08/02
さがす
さがす 文・写真: 長倉 洋海
出版社: アリス館
表紙「さがす」の文字と
こちらを見つめている外国の女の子
なんて、目の力があって、まっすぐなんでしょう

めくると
カバーのところに
「ひょっこりはん」している男の子

1枚1枚
なんて、素敵な表情をとらえた写真でしょう

ところが、文章を読むと
この子どもたちのお話ではなく
作者自身のこと
子どもの頃に感じた

「ふと」思うこと
ーぼくは、何をしているのだろう
ーどうしてここにいるのだろう

思春期のグラグラ揺れるような思い
その答えを見つけに世界へ

そのときに出逢った人たちの表情
きっと、こんな表情をしてくれているのは
作者との関わりがあったからでしょう

日本からすれば
自然の厳しい環境だったり
物資の乏しい、生活環境がよくない
安全ではない・・・等々
マイナスと思われる環境でも

「人としての生きる幸せ」

を、考えさせてくれる場面のなんと多いことか

なんて、キラキラしたまなざしなんだろう・・・
なんて、素敵な笑顔なんだろう・・・

海外の子どもたちの写真を扱った絵本や本は
数多くありますが
この写真絵本は、特に
心を動かしてくれました

素敵な笑顔の日本人の女の子もいますよ!

小学生はもちろん
中学、高校生にも
大人にもお薦めしたい作品です
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おばさん的には、考えさせられます  投稿日:2020/08/02
おばけリンゴ
おばけリンゴ 作: ヤーノシュ
訳: 矢川 澄子

出版社: 福音館書店
湊 かなえ氏の「山猫珈琲」のエッセイに
出てきていて
ん・・・と・・・どういう本だったっけ???
と、覚えていなかったので
図書館にリクエスト

この表紙は見たことはあるけど・・・
読んでみて
こ、これは、一体・・・どういうことだろう・・・
欲張りはいけないってこと?
リンゴが嫌いって・・・
りんごをおぶっているとき、泣いていますよね?
そんなにしてまで・・・

なぜ?

と、つっこみどころが満載で
私的には、楽しめずに
考え込んでしまいました

きっと、こどもは、純粋に
おはなしを楽しむのだと思います

おばさんな私は、どうも、そうはいかないのでした

「ドイツ」の作品
ということで、なんとなく
納得することにしました(笑
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ルウ子ちゃんの冒険!?  投稿日:2020/07/26
雨ふる本屋
雨ふる本屋 作: 日向 理恵子
絵: 吉田 尚令

出版社: 童心社
2008/11/20初版で
図書館にリクエストして
届いた本は
2016/4/8で第29刷ですって!!
すごい人気ですね

雨が「降る」本屋???
かと思ったら
「古本屋」なんですよ

主人公のルウ子は
妹に嫉妬?しているらしく
とても、不機嫌な様子
もしかして、かなり意地悪?
でも、ものすごく、たくましい!!
冒険家でもあり
想像力の長けた女子なんです

「青い鳥」のホシ丸くんや
かえるの「七宝屋」さんのお店が
とても興味深いです!!
「夢」「想像力」「本」との絡み合いといいましょうか
これいやだ・・・と思うものが
実は、とても優れたグッズだったり

シリーズ本のようで
続きが気になります!!
参考になりました。 0人

ふつうだと思う そらちゃんのたくましさに感心!  投稿日:2020/07/26
そらちゃんとカラスボッチ
そらちゃんとカラスボッチ 作: 山口節子
絵: 篠崎 三朗

出版社: 新日本出版社
そらちゃん・・・てっきり男の子かと思ったら!
たくましい
ボールをキックするのが上手な女の子です

公園でありの行列を見ていた
そらちゃんが
ありに運ばれているコガネムシを助けます
その助け方が
特技のキック(笑

そこに「トンブリ」が現れます
「トンブリ」って何だっけ???
秋田のあの実?かな?

とよしな・・・は豊科?かな???

カラスボッチ???

t、いろいろな「?」を考えてしまうおばさんで
すみません

たくましいそらちゃんは
「そらひめ」って呼ばれるんですよ
そのパワーたるや・・・

昔話と現代とがいっしょになったような
感じでありました
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 本って、いいなぁ〜♪  投稿日:2020/07/26
本屋さんのルビねこ(2) ルビとしっぽの秘密
本屋さんのルビねこ(2) ルビとしっぽの秘密 著者: 野中 柊
絵: 松本 圭以子

出版社: 理論社
本屋さんのルビねこ」シリーズ第二弾

個性ある猫たちが、なんともかわいらしく
主人公のチビねこのルビは
好奇心旺盛で
友達のチップスと夜のおでかけ
そこで・・・

で、帰って来ると
大変!!モシモさんに
きつく叱られます
びっくり!しちゃいました
その飼い主のモシモさんとの関係も
と〜っても素敵なんです
ルビの素直さにも、私はとても感心しました

さて、街の猫たちは
それぞれお店の看板ねこ!だったんですね
ルビは、なんか、みんなのお店が
羨ましく・・・

でも・・・

絵もと〜っても素敵で、いいんですよ
まだ、続きますよね!?
続きが楽しみです
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「あるある」なおはなし!  投稿日:2020/07/26
となりはリュウくん
となりはリュウくん 作: 松井 ラフ
絵: 佐藤 真紀子

出版社: PHP研究所
佐藤真紀子さんの絵の作品は
いつも素敵な作品で
うれしくなります♪

表紙の男の子が、きっと、リュウくんだな・・・

主人公は、転校生のリュウくんの隣の席の
レミちゃん
と〜っても、迷惑がっています
その理由は・・・

そんなことおかまいなしに
リュウくんは、マイペース
迷惑この上ないのです

わかるわかる
いるいる・・・こういうお友達

担任の先生が決める
2人掛けの隣の席は
いつも「はぁ・・・」とため息のでるような
男の子でしたっけ(笑

あるある です
でも、リュウくんのこと、わかる日がきます
それは、なんとも
楽しみにしていたいもほりの日で
お腹が痛くなって・・・

「いやだな」と思っていたことが
大どんでん返し!ということを経験することって
とても大切なこと

現実の世界でも
おはなしの世界でも
楽しめるかと

主人公と同じ、小学2年生に
ぴったりな内容だと思います
親子で楽しんでほしい作品です
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 心の癒しに  投稿日:2020/07/23
りすとかえるとかぜのうた
りすとかえるとかぜのうた 作: うえだまこと
出版社: BL出版
なんということはないのです

自然で、風の赴くままに・・・
なんでしょうね

ぎゃはは と笑うことも
怒ったりすることもありません

ただ、ちょっとだけ、りすを心配して
最後は、ほっとする
そんな作品です

絵と色がいいんですよ
自然なお洒落といいますか
さらっとしてて
とても、素敵です

心がささくれ立っていたり
ちょっと、この御時世
余裕がなくなっていたり
不安があったり

そんなときだからこそ
でしょうか
この作品で
ほっこり してみてはいかがでしょう

優しい気持ちが戻ってきますよ
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 心の複雑さを文章にした作品  投稿日:2020/07/23
トリコロールをさがして
トリコロールをさがして 著: 戸森 しるこ
絵: 結布

出版社: ポプラ社
「トリコロール」って何だっけ???

ん?「レ」?「ル」?
どっちだ???
(調べてみてくださいね(笑)

小学4年生の女の子の目線なんですが
憧れの2歳年上のお友達に対する気持ちが
とても、分かりやすく文章化されています

女子特有の感じといいましょうか
年上に対しては、こういうふうにー
とか
空気を読まなければならない
こういう関係とか
あ〜、おばさんでもわかる〜よ〜(笑

この作品の中のママたちは
素敵なママたちなので、とてもいいです

現実は、どうでしょう・・・

お洒落、デザイナーという職業、
個性とみんなに合わせる 等々
身近な悩み、話題が
とても読みやすい文章で
展開していきます

「ぼくたちのリアル」の作者さんでした!!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 『トラベル』というより、突然の冒険!  投稿日:2020/07/23
トラブル旅行社 砂漠のフルーツ狩りツアー
トラブル旅行社 砂漠のフルーツ狩りツアー 著: 廣嶋 玲子
絵: コマツ シンヤ

出版社: 金の星社
「銭天堂」シリーズ、「十年屋」シリーズ、「鬼遊び」シリーズの
廣嶋さんの作品ですが
これは、なんとも・・・
意外でした
中学年対象だからでしょうか・・・

結構、想定内の展開で
いつもと違う感じ
ちょっと拍子抜けでありました

1985年初版の児童書 作: 岡田 淳
「二分間の冒険」を思い出したものですから
そのせいかもしれません

まさかの日常からの
冒険という
ギャングエイジの
小学3,4年生の男の子達に
ぜひ、読んで楽しんでもらいたいです

自分は、何ができるのかー
これも、とても大切

どんな場面でも
自分を生かせる人に成長してほしいと
思いました!
参考になりました。 0人

4213件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

SNS犯罪から子どもを守るために。友達思いなにわとりのお話

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット