新刊
ワニのガルド

ワニのガルド(偕成社)

おーなり由子が描く、さびしい人だけに見えるワニと女の子のお話。

  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

子どもとよむ日本の昔ばなし26 かっぱのいちもんせん」 ヒラP21さんの声

子どもとよむ日本の昔ばなし26 かっぱのいちもんせん 絵:みやもとただお
再話:おざわ としお いとう なおこ
出版社:くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
税込価格:\495
発行日:2008年01月
ISBN:9784774312484
評価スコア 4.5
評価ランキング 8,489
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • ねこの大活躍

    川をはさんで正直だけど貧乏暮らしの東のおじいさんと、大金持ちだけど欲ばりで意地悪な西のおじいさんが住んでいました。
    昔話特有な対比ではありますが、おじいさんの人相が対比的で面白いのです。
    西のおじいさんは何をしても、人相が悪い。

    貧乏なおじいさんが授かったかっぱの一文銭。
    そのおかげで東のおじいさんは裕福になりますが、それに相反するように西のおじいさんはだんだん貧乏になっていきます。
    なにやら経済のしくみのような話です。
    正直者と欲ばり爺さん。
    こんな大人になりとうない、と思ってほしい。

    さて、正直者で愚直な(?)東のおじいさんが、かっぱの一文銭を西のおじいさんに課したのですが、経済均衡が再び逆転。
    しかも、われ関せずとばかり無視をする西のおじいさん。
    東のおばあさんが飼い猫にかっぱの一文銭を取り返して来てほしいと頼むところから、ねこの大活躍が始まります。
    イヌ、ネズミ、トビ、ウ、アユ。
    ねこはいろいろな動物の力を借りて綱渡りのような活躍です。
    このスピード感と緊張感は結構子どもウケ保証。

    子どものお話ですが、大人としてもいろいろと考えさせられました。

    投稿日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「子どもとよむ日本の昔ばなし26 かっぱのいちもんせん」のみんなの声を見る

「子どもとよむ日本の昔ばなし26 かっぱのいちもんせん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」公開記念インタビュー藤原竜也さん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット