季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

ロシアのわらべうた」 レイラさんの声

ロシアのわらべうた 絵:ユーリ・ワスネツォフ
訳:田中 潔
編:コルネイ・チュコフスキー
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2009年06月
ISBN:9784033481203
評価スコア 4.14
評価ランキング 22,953
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く
  • わらべうたの躍動感

    わらべ歌、ということで読んでみました。
    ロシアのわらべ歌22編が収められています。
    マザーグースのように、奇想天外なストーリーが繰り広げられます。
    もうひとつのこもりうた、は、赤ちゃんを寝付かせようとするお母さんの、
    切実な思いが歌から伝わってきます。
    チュウヒ、は、ハロウィン並みのおどろおどろしさが魅力でしょうか。
    バスネツォフの絵は、ロシアの情緒を掬い取った画風でぴったりです。
    きっと、手遊びなども入っているのだろうなあ、と思いました。
    小学生くらいから、リズムと直感で楽しんでほしいです。

    投稿日:2020/03/07

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ロシアのわらべうた」のみんなの声を見る

「ロシアのわらべうた」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / くだもの / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


3月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット