新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ

でんしゃでいこう でんしゃでかえろう」 あいたわさんの声

でんしゃでいこう でんしゃでかえろう 作・絵:間瀬 なおかた
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年01月
ISBN:9784893254894
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,967
みんなの声 総数 260
  • この絵本のレビューを書く
  • 絵本だけじゃない

    初めて読んだのは保育園生の時でした。
    母も父も仕事柄忙しく構ってあげられず、まあ歳の離れた兄と姉は面白くもない妹に構いたくなかったのかいつも置いてけぼり。そんな私を不憫に思ったのか中々子供に構いたがらない(今では信じられないでしょうが本当に昭和男でした)父が私に一冊の本をくれました。それがでんしゃでいこう でんしゃでかえろう。祖父母に何度も読んでもらいました。兄も姉もその絵本が気に入りよく取り合いになっていたくらいです。
    春夏秋冬トンネルを抜けると移り変わり、私もこの電車に乗りたい、この電車を運転したいと心から思ったことをよく覚えています。
    月日は流れ久しぶりにこの絵本を必死に探し、埃を被った状態で見つかりました。ワクワクしながら読み返してみるとあの時感じた思いが胸を熱くしました。あの時に戻りたいと心から思いました。
    姉は就職し今は実家を離れて住んでいます。兄は今年就職しました。私は今年の三月で実家を離れ来年には日本を離れることが決定しました。3人で仲良く囲んで喋りながら何度も見た絵本。亡くなった祖母が何度も読み聞かせしてくれた絵本。もうあの時に戻ることは出来ないけれど、あの時の思い出は一生私から消えることは無いし、何度もこの絵本のページを開けば私たち家族の思い出が蘇ってきます。
    私にとってこの絵本はただの絵本じゃなくて頑固だった父の初めてのプレゼント。三兄弟の思い出。祖母の思い出。多くの想いが詰まってます。

    投稿日:2020/01/25

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「でんしゃでいこう でんしゃでかえろう」のみんなの声を見る

「でんしゃでいこう でんしゃでかえろう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ひよこさん / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / めがねうさぎの小さな絵本 2冊セット / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


【連載】9月の新刊&オススメ絵本

みんなの声(260人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット