新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

ナゴヤーナ

じいじ・ばあば・50代・愛知県

  • Line

ナゴヤーナさんの声

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい そのまんま  投稿日:2011/05/04
うんこ!
うんこ! 文: サトシン
絵: 西村 敏雄

出版社: 文溪堂
表紙の絵からもわかるそのまんまのうんこのお話しでした。
小学校低学年の子には表紙を見せただけで
すでに「エッー!」とどよめきに似た声が出ます。

最近の子どもさんはうんこが畑の肥やしになるなんて、知らないでしょうね。この本を読んで勉強になることでしょう。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 確かに猫は何でも知っています。  投稿日:2011/02/01
ねこはなんでもしっている
ねこはなんでもしっている 作・絵: 青山 友美
出版社: イースト・プレス
家にも猫がいましたが、猫にはみんな色んな事をしゃべります。
気兼ねなく話しが出来るからですね。本に出てくる猫ちゃんにも、
通る人がみな町の情報を教えてくれるので、猫ちゃんは町のことを
何でも知っています。

絵がとても細かく描かれていて、街のようすがすみずみまでわかるような絵です。猫の顔もみんなに好かれる顔をしています。この顔だから
町のみんながお話しをしてくれるのでしょう。

猫が主人公なので、動物愛護の気持ちも持てるでしょう。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おひさまが眩しい  投稿日:2011/01/31
おはよう
おはよう 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: グランまま社
おひさまが人間化するお話しは珍しいです。
朝、子どもがなかなか起きない時に
見せると目を覚ましてくれそうな気がします。
絵がとてもかわいらしいです。
自然な絵でなごみます。
参考になりました。 0人

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット