新刊
まんぷくよこちょう

まんぷくよこちょう(文溪堂)

おいしい食べ物、おしゃべり、ふくびき、商店街の魅力満載!

  • ためしよみ
ロングセラー
に〜っこり

に〜っこり(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数33万部突破の人気シリーズ第1巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
  • ためしよみ
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  絵さがしも楽しめるめいろ絵本『おつかいくん』鈴木のりたけさんインタビュー

街じゅうが迷路になる

───迷路絵本は、鈴木のりたけさんにとってはじめての試みだったと思うのですが、実際はどのように迷路を考案されたのですか。たとえば絵のラフが先にあって、絵のなかにうまくハマるような迷路の道筋を考えたのか、それとも迷路を考えるのが先で、迷路にあわせて街の絵を描いたのか・・・。


迷路絵本が生まれるきっかけになった一枚の絵を見せてくださいました。この絵から編集者とアイディアを重ね『おつかいくん』誕生に至ったそう。


絵と迷路、本当に「同時」です。街じゅうが迷路になっているようすを想像しながら街をつくっていきます。川や橋があったり、塔があったりする街をイメージしながら描いていきます。
そもそも自分の知らない道をどんどん開拓していくのは、迷路に似ていますよね。おつかいをする子どもにとっても同じで、実際の生活シーンがまるで迷路に見えることがあるんじゃないでしょうか。


───大人でも、大きな店内で、あの看板が下がっている棚にたどりつくにはどっちから行ったらいいんだろう?と迷うことってありますものね。

スーパーや市場って、実際は迷路になっているわけじゃないのに、たまたま人が並んでいるため通れない通路があったり、荷物が積んであってそれ以上進めないことが現実にある。そういう雰囲気を絵で出したかったのです。

───通路に人が倒れていたり、魚が落ちていたり、車でふさがれていたり、いろんな障害物があっておもしろい!
息子から「またいで乗り越えられそうなところは、乗り越えてもいいの?」と質問があったのですが。

一応、色のついた道がつながっているところを、迷路の道として考えてください(笑)。
迷路の答えを表示するべきかという会話も、編集者との間に一度はあったんですが、それはやめました。迷路をクリアすることがこの絵本の目的ではありませんから。

───ちなみにわが家では「目がきらきらの星マークになってるよ」と言いたくなるくらい、息子がキャラクター探しに真剣で・・・(笑)。カバー折り返しの「おつかいくんのともだち」を特別キャラだと思ったようなのですが。


「どこかにいるよ」キャラのなかでのりたけさんのお気に入りは「もしかもしか」。変装してるけど、もしかして、かもしかですか?という意味なのだそう(笑)。発見できたらチェックマークにチェック!

そうですね。「おつかいくんのともだち」10コのキャラクターは、迷路の途中で会うことができます。
見返し掲載の「どこかにいるよ」73コのキャラクターは、迷路と関係なく登場します。

───なるほど、じゃあやっぱり「おつかいくんのともだち」は特別キャラだったんですね!息子に教えなきゃ(笑)。
迷路についてもう少しお聞きしたいのですが、下描きはされるんですか。

下描き、しますよ。小さいノートに描いたラフを拡大して、トレースします。そのなかにいろいろ描きこんでいきます。
最初はひとめでおさまるくらいの小さな画面に描くのがいいんです。大きい画面だとバランスを見るのが難しいので。


表紙のラフ。すでにもうできあがっているみたい・・・?だけど地の迷路はよく見るとちがいます。


おつかいくんが海のなかに落ちた場面のラフ。

アップにするとこんな感じ。沈んだ船(タイタニック)も迷路です。


上記のラフがこうなりました!

───これをラフというんでしょうか!? すでにかなり完成されています。美しい・・・。
迷路って描くのがすごく難しそうですけど・・・。

迷路自体は、描きはじめてみれば意外と描けるんじゃないでしょうか。そういえば小学校高学年くらいのとき、自分のノートに気持ちわるい迷路を描いていたなー。

───気持ちわるい迷路ですか?(笑)

脳のひだひだみたいなこまかーい迷路です(笑)。

───(笑)のりたけさんは小学生の頃からすでに、描きはじめた迷路を完成させる根気や、絵全体を俯瞰する力を持っていらっしゃったのかもしれませんね。

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界
だるまちゃん絵本&グッズ特別サイトはこちら>>

    作品紹介

    おつかいくん
    おつかいくんの試し読みができます!
    作:鈴木 のりたけ
    出版社:小学館
    おしりをしりたい
    おしりをしりたいの試し読みができます!
    作:鈴木 のりたけ
    出版社:小学館
    全ページためしよみ
    年齢別絵本セット