宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

味戸 ケイコ(Ajito Keiko)

味戸 ケイコ(Ajito Keiko)

函館生まれ。多摩美術大学卒業。
おもな作品に画集『かなしいひかり』『夕風色に』『かなしいひかり』『白い少女』など、絵本『あのこがみえる』(ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞)『わたしのいもうと』『夜くる鳥』『花をかう日』『かあさんのこころ』など多数。「花豆の煮えるまで」で赤い鳥さし絵賞、「詩とメルヘン」で第1回サンリオ美術賞を受賞。また展覧会を各地で多数開催。

関連する著者

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

26件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  次へ→  最後のページ

表示

  • ここにいる
  • 遠い野ばらの村
  • まねっこでいいから
  • うまれてきたんだよ
  • だれかないてる
  • うさぎ座の夜
  • チャーうさのやくそく
  • かあさんから 生まれたんだよ
  • チャーうさのあわてんぼう
  • チャーうさとあんずちゃん
  • 夢の果て −安房直子 十七の物語−
  • かあさんのこころ
  • あの子はだあれ
  • 月夜の誕生日
  • 花をかう日
  • 夜くる鳥
  • かたくりのワンピース
  • 花豆の煮えるまで
  • 宮沢賢治絵童話集(9) 水仙月の四日
  • 「うそじゃないよ」と谷川くんはいった
  • わたしのいもうと
  • 鳥にさらわれた娘
  • 花のにおう町
  • あのこがみえる
  • 木の葉の魚

26件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  次へ→  最後のページ

味戸 ケイコ(Ajito Keiko)さんの作品のみんなの声

  • お姉ちゃんが 突然目が見えなくなる病気になりました お姉ちゃんの哀しみはもちろんのこと 家族の支えが  盲導犬が来ることになりました お父さんは 盲導犬を連れて 世界中を旅行した人の話をしま・・・続きを読む

  • 月食の夜の不思議な物語

    誕生日の夜に始まった月食が、不思議な物語に誘います。夜空に延びるつると、順に現れる動物たち。万里は大切な誕生日プレゼントの一部や、住所、名前、思い出まで動物たちに渡してしまって、次第に存在感を失ってい・・・続きを読む

  • いじらしい

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    お勧めされていたので読んでみました。 「まねっこでいいから」という女の子がいじらしく、 お母さんもどうしたらいいかわからないので 二人で困っている部屋の寒々とした感じが 読んでいてつらかっ・・・続きを読む

  • 虐待で亡くなった子の絵本

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子7歳、女の子5歳、女の子1歳

    虐待で3歳で亡くなってしまった子が主人公の絵本。 笑うことも知らず…。 親に愛されるのが当たり前っていうわけではない子がいる…現実なわけですがとても悲しいです。 うちの子たちにはまだ向かないと思・・・続きを読む

  • 匂い

    そうか。目が見えない人に何かを贈る時には、お花は いいかもしれないなあって読んで、思いました。 もちろん、お花はどんな人への贈り物としても素敵なのです けれど、「匂い」がありますものね。匂いで、・・・続きを読む


『いつつごうさぎのきっさてん』<br>まつおりかこさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット