虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

大野 八生(おおのやよい)

大野 八生(おおのやよい)

千葉県生まれ。子供のころから、園芸好きの祖父と共に植物に親しむ。
造園会社の仕事などを経てフリーに。
現在イラストレーター、造園家として活躍中。
著書に『夏のクリスマスローズ』(アートン新社)、『にわのともだ
ち』(偕成社)など。

関連する著者

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

19件見つかりました

表示

  • 青いあいつがやってきた!?
  • カエルの目だま
  • かわいいゴキブリのおんなの子メイベルとゆめのケーキ
  • かわいいゴキブリのおんなの子メイベルのぼうけん
  • きつねの時間
  • 草木とみた夢 牧野富太郎ものがたり
  • さくら研究ノート
  • じったんのオムライス
  • じょうろさん
  • ドクター・サンタの住宅研究所
  • 庭のたからもの
  • にわのともだち
  • ハーブをたのしむ絵本
  • ひとり暮らしののぞみさん
  • ペンギンは、ぼくのネコ
  • ぼくとおじちゃんとハルの森
  • ぼくの、ひかり色の絵の具
  • 盆栽えほん
  • ヤマトシジミの食卓

19件見つかりました

大野 八生(おおのやよい)さんの作品のみんなの声

  • 日本の植物学の父・牧野富太郎

    物心ついた時から、草や木が大好きで、94歳になる死ぬまで 一生涯を植物と共に携われたのが、幸せな一生だったと思いまし た。妻のすえさんが亡くなった時に、新種のササを、”スエコササ” ・・・続きを読む

  • 目だま自慢

    目だま自慢をしたカエル・ギンヤンマ・ミズスマシでした。 結局は、 「カエルの目だまはカエルの目、 とってもうまくできている。 ヤンマの目だまはヤンマの目、 こいつもうまく・・・続きを読む

  • 身近な植物に目を向けて

    全ページためしよみで読ませていただきました。 作者の大野八生さんは園芸家とのこと。 植物の知識、植物を楽しむ方法、植物への愛があふれているなと感じました。大げさに園芸をと構えなくても、身近にあるも・・・続きを読む

  • 物を大事にすること

    水やりに活躍していたじょうろさん。 だんだん、穴があいて、水がもるようになり、使われなくなります。 ものの気持ちがせつないです。 物を大事にする心を育てるのにとてもよい絵本だと思います。 じょ・・・続きを読む

  • 図鑑のような絵本

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、女の子5歳

    「これ、めっちゃおもしろいで。」「花がひらくとこ見てみたいから、今度真夏の夜に散歩に行こう」と、年長の子が喜んで見ていました。 クローバーにもいろんな種類があることや、保育園にある花の名前が分かった・・・続きを読む


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット