話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
話題
トリック オア トリート!

トリック オア トリート!(くもん出版)

おかしくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ! 仮装した4人組は、次々におもしろい家を訪れます。楽しいハロウィン絵本!

  • 全ページ
滝平 二郎(たきだいらじろう)

滝平 二郎(たきだいらじろう)

1921〜2009年 茨城県生まれ。1968年、第6回国際版画ビエンナーレ展招待出品。1970年から朝日新聞日曜版に、独自のきり絵を掲載して好評を博している。日本美術会委員、児童出版美術連盟会員。代表作に「八郎」、「三コ」(いずれも福音館)、「花さき山」、「モチモチの木」(岩崎書店)がある。

お気に入りの作家に追加する

滝平二郎さんの作品ピックアップ

  • モチモチの木 モチモチの木 作:斎藤 隆介
    絵:滝平 二郎
    出版社:岩崎書店
    本体価格:¥1,400+税
    ISBN:9784265909063
    豆太は,夜中にひとりでおしっこにもいけない弱虫。でも,大好きなじさまのために・・・。真の勇気とは何かを問いかける感動の絵本。
  • 花さき山 花さき山 作:斎藤 隆介
    絵:滝平 二郎
    出版社:岩崎書店
    本体価格:¥1,300+税
    ISBN:9784265908202
    山菜をとりにいって,山ンばに出会ったあや。やさしいことをすると美しい花がひとつ咲くという花さき山の感動のものがたり。心にのこる名作絵本です。
  • 半日村 半日村 作:斎藤 隆介
    絵:滝平 二郎
    出版社:岩崎書店
    本体価格:¥1,500+税
    ISBN:9784265909360
    一日のうち半日しか陽があたらない半日村。その貧しい村に陽をあてようとして,村のうしろにある高い山をけずる少年の一平・・・。
  • 八郎 八郎 作:斎藤 隆介
    画:滝平 二郎
    出版社:福音館書店
    本体価格:¥1,200+税
    ISBN:9784834001143
    ためしよみができます!
    男の八郎はなぜ自分の体が小山ほどあるのか知らない。ところがある日、大波に田畑を流されて泣く百姓を見て、初めて自分が働く者のためにあることを知り、荒れ狂う海にむかいます。
  • ソメコとオニ ソメコとオニ 作:斎藤 隆介
    絵:滝平 二郎
    出版社:岩崎書店
    本体価格:¥1,400+税
    ISBN:9784265911110
    五歳の女の子・ソメコはあそびざかり。オニにさらわれてもこわがるどころか,あそびのさいそく。こまりはてたオニは・・・。
  • ユとムとヒ ユとムとヒ 作:斎藤 隆介
    絵:滝平 二郎
    出版社:岩崎書店
    本体価格:¥1,400+税
    ISBN:9784265911103
    ユは16,ムは13,ふたりは親友だ。ある日,ワカモノ組のカシラをきめる試しが行なわれ,ユがカシラとなった。と,その時・・・。
  • 三コ 三コ 作:斎藤 隆介
    絵:滝平 二郎
    出版社:福音館書店
    本体価格:¥1,300+税
    ISBN:9784834002065
    貧しいオンチャたちを救おうと、燃える山にかぶさって死んだ三コ(さんこ)は、はにかみを知るやさしい巨人でもありました・・・。
  • ベロ出しチョンマ ベロ出しチョンマ 作:斎藤 隆介
    絵:滝平 二郎
    出版社:理論社
    本体価格:¥1,200+税
    ISBN:9784652005095
    はりつけの刑にさた兄と妹。妹思いの兄長松は、死の直前ベロッと舌を出し、妹を笑わせようとした。表題作他、15編の創作民話。

滝平 二郎さんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

30件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  次へ→  最後のページ

表示

絵本ナビオリジナルの人気ランキング。
評価・レビュー数・絵本ナビでの売上・専門家の評価をもとに総合的に算出しています。

プレミアムサービスへのご登録で、
人気順ランキングをご利用いただけます。

プレミアムサービスに登録する

滝平二郎さんの作品のみんなの声

  • 切ないですね・・・。

    題名にある「ベロ出しチョンマ」をはじめ、たくさんの民話が入っている1冊です。 小学校中学年くらいのお子さん向けの児童書に思いますが、大人にもよいかとも思いました。 取り立てに応じられずに家族全員は・・・続きを読む

  • 善い行いはきっと誰かが見ている。

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子4歳

    山菜を取りに行って、山ンばに出会ったあや。1つ優しいことをすると1つ美しい花がひとつ咲くという花さき山。きっと兄弟姉妹のいるお子さんの中には、子どもながらに様々な我慢をしたり、逆に兄弟を想って優しいこ・・・続きを読む

  • 綺麗な気持ちになれる本

    息子に読もうと妻が買ってきました。 素朴で忍耐強く、それでいて苦難に対しては勇気を以て果敢に立ち向かうといった生き様は、自分のイメージではありますが、いかにも東北の人らしいと思いました。 ・・・続きを読む

  • 是非読んでください

    小学校の頃教科書で読みました。 半日村 半日しか日が当たらない村 高い山があるせいで 日が全然当たらないんです。 だから日が当たる時間になると みんな生き返ったよう・・・続きを読む

  • 最後は思わず鳥肌がたちました

    高い山によって、1日の半日しかお日様が当たらない村のお話。両親の話を聞いて、一人考え行動に出た一平。周りに無理だと思われても、諦めない強い気持ちに心が打たれました。小さな力でも力を合わせて継続し続ける・・・続きを読む


【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット