ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

ハンス・クリスチャン・アンデルセン(Hans Christian Andersen)

ハンス・クリスチャン・アンデルセン(Hans Christian Andersen)

1805年デンマ-ク・オーデンセ生まれ。貧しい靴屋に生まれ、14歳でオペラ歌手を志しコベンハーゲンに行くも挫折。政治家の助けによリ大学に入学し、哲学などを学んだ。その後、小説『即興詩人』を発表し、『みにくいあひるの子』 『人魚短』 『マッチ売りの少女』など約160篇の童話を残した。 『雪の女王』は1844年の作品。生涯独身のまま70歳で亡くなり、 その葬儀にはデンマークの王太子も参列した。

お気に入りの作家に追加する

ハンス・クリスチャン・アンデルセンさんに関連する著者

ハンス・クリスチャン・アンデルセンさんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

139件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

表示

  • にんぎょひめ
  • ぶどう酒びんのふしぎな旅
  • 白鳥
  • バーナデットのモミの木
  • せかい童話図書館(3) みにくいあひるのこ
  • マッチうりの少女
  • はだかの王さま
  • スズの兵隊
  • 雪の女王
  • すずのへいたい
  • すずの兵隊さん
  • はだかの王さま
  • おやゆびひめ
  • せかい童話図書館(22) おやゆびひめ
  • マッチうりのしょうじょ
  • 紙芝居 雪の女王
  • 人魚姫
  • マッチうりの女の子
  • 人魚姫
  • アンデルセンの絵本 人魚ひめ
  • もみの木
  • モミの木
  • せかい童話図書館(12) はだかのおうさま
  • おやゆびひめ
  • あかいくつ

139件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

ハンス・クリスチャン・アンデルセンさんの作品のみんなの声

  • ただ、ただ、悲しかったです

    「マッチうりの少女」のお話自体は、子どものころから知っていましたが、大人になって読むと、改めて胸が苦しくなるお話でした。とても悲しいお話で…。ただ、ただ、悲しかったです。「どうか世界中の子どもたちが幸・・・続きを読む

  • イラストを楽しんでいます。

    バーナデット・ワッツの描く温かみのある色合いのイラストが好きです。これまで『白雪姫』や『赤ずきん』『きたかぜとたいよう』などなど、グリム童話やアンデルセンなどの作品を読みましたが、どれも本当に好きです・・・続きを読む

  • スリムで気品のある王さま

    『ちいさいおうち』のバージニア・リー・バートンの描く、アンデルセンの「はだかのおうさま」。このお話は、これまで何度も読んだり聞いたりしていましたが、王さまのイメージはでっぷりと太った姿でした。でも、バ・・・続きを読む

  • 幻想的な絵本

    手芸と写真を使った独創的で幻想的な絵に包まれた物語です。ほのかに登場人物の姿や心を醸し出しているような表現なので、しばらく絵を味わいながら読み進みました。 肝心な人魚姫の姿や仕草は、イメージの中で浮・・・続きを読む

  • 素敵な本ですね。

    美しく、どこか癒しも感じる水彩絵も印象的な児童書です。 アンデルセン童話を楽しめる1冊となっています。 小さいお子さん向きというよりは、小学校高学年以上のお子さん向けかも知れません。 大人が読む・・・続きを読む


『うみべのおはなし3にんぐみ』翻訳家・小宮由さんインタビュー

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット