もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

日高敏隆(ひだかとしたか)

日高敏隆(ひだかとしたか)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

3件見つかりました

表示

絵本ナビオリジナルの人気ランキング。
評価・レビュー数・絵本ナビでの売上・専門家の評価をもとに総合的に算出しています。

プレミアムサービスへのご登録で、
人気順ランキングをご利用いただけます。

プレミアムサービスに登録する

日高敏隆(ひだかとしたか)さんの作品のみんなの声

  • 目だま自慢

    目だま自慢をしたカエル・ギンヤンマ・ミズスマシでした。 結局は、 「カエルの目だまはカエルの目、 とってもうまくできている。 ヤンマの目だまはヤンマの目、 こいつもうまく・・・続きを読む

  • それぞれの生き物の「目だま」の個性

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子17歳

    科学絵本といっていいと思いますが、意外とストーリー性があってびっくりしました。(著者のロマンチストな部分が伝わってきました) この絵本では、登場するそれぞれの生き物の「目だま」の個性について わか・・・続きを読む

  • どの目もステキ

    このお話は、池で自分の目を自慢するカエルとトンボとミズズマシのお話でした。それぞれが自分の目のすごい所を自慢する姿が面白いと言っていました。そして最後には小さなことを自慢してくだらないことだと気付き、・・・続きを読む

  • どの目もすごい!!!

    リズミカルな文章で、飽きることなく読むことが出来て、とても面白いです。 とんぼの複眼は聞いたことがありますが、ミズスマシという虫が目を4つも持っていることは初めて知りました。ミズスマシ、すごいです。・・・続きを読む

  • 目に注目

    カエル・トンボ・ミズスマシの「目」に注目した作品です。 大人が読んでも、かなり面白いと思いますよ。 特に、ミズスマシの目の構造には驚きました。 文章が詩のようにリズムがあって、声に出して読んでも・・・続きを読む


世界中で愛されている犬、ニッパーと家族の絆をめぐる物語

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット