虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

ネッティ・ローウェンスタイン

ネッティ・ローウェンスタイン

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

アンナと冬のすみれ

アンナと冬のすみれ

再話:ネッティ・ローウェンスタイン  絵:エリザベス・ハーバー  訳:中川 千尋  出版社:徳間書店  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2000年  ISBN:9784198612764

1件見つかりました

ネッティ・ローウェンスタインさんの作品のみんなの声

  • 読み聞かせで使いたい

    継母とその連れ子の姉にいじめられる・・・という設定は ありがちな感じでラストも勧善懲悪。 お決まりと言えばそうなんですけど途中の展開が新鮮で娘は真剣にお話を聞いてくれてました。 アンナが出あう1・・・続きを読む

  • 12の月の物語

    これって、マルシャークの「12の月のものがたり」だと言えば、どなたでもすぐわかるのではないでしょうか。 内容はまったく同じなのですが、主人公の少女の名前は、マルシャーク版でも“アンナ”だったかしら…・・・続きを読む

  • 絵が繊細で美しくて私好みです

    訳がなかがわちひろさん、絵が「あざみ姫」と同じだということで読んでみました。 「森は生きている」や「十二の月たち」と同じお話ということで、読み始めて息子も「あっこれ、あれだ。十二の月が出てくるや・・・続きを読む

  • あたたかな絵

    絵がほのぼのとあたたかいので こういう居心地のよい家に住んでいる人が 継子いじめなどするかしらと余計なことを考えてしまいます。 12の神様の超然とした様子がすばらしい。 それぞれ個性的に描かれ・・・続きを読む

  • 素敵な神話

    12月のある日、まま母と姉さんに言われて、 森にすみれの花を探しに行ったアンナ。 (朝から晩まで働かされ、いじわるばかりされていた) 森のなかをさまよううち、火を囲んで12人の人がいすに すわ・・・続きを読む


せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…
  • ねえねえ
    ねえねえ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    世界は不思議なことがたくさん!ねえねえ、いっしょにでかけよう!遊び心いっぱい、父と子の冒険絵本。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット