新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

遠山 繁年(トオヤマ シゲトシ)

遠山 繁年(トオヤマ シゲトシ)

お気に入りの作家に追加する

遠山 繁年さんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

18件見つかりました

表示

  • 蜘蛛の糸
  • ともだちをたすけたゾウたち
  • ちょんまげとのさま
  • おふろのうみ
  • やまなし
  • おおきさくらべ
  • でんしゃがくるよ
  • 双子の星
  • 偕成社 新おはなし文庫2年(2) グリムどうわ二年生
  • 月夜のでんしんばしら
  • かばくんの ラジオ
  • ゆめうりふくろう
  • 七人のふしぎなじいさま
  • ふたりのイワン
  • 偕成社 新おはなし文庫3年(4) 世界の名作童話三年生
  • オツベルと象
  • 永訣の朝−宮沢賢治挽歌画集
  • きのうはどこ?

18件見つかりました

遠山繁年さんの作品のみんなの声

  • 日本のアンデルセン

    タイトルにひかれ、手に取りました。 「うつろのゆめや」を営むふくろうのお話です。村の子どもたちの夢をそっとつかまえてきて、森の動物たちにそれを売ります。 棚にいろんな夢が、あいうえお順に並んでいる・・・続きを読む

  • すごいです

    東京の多摩動物園で実際に起こったお話だそうです。病気になったゾウを2頭のゾウが看病したそうです。病気になったゾウは、一度横になると重い身体を持ち上げることができなるので、ずっと立ったままになるそうです・・・続きを読む

  • 美しい文章

    釈迦が極楽の蓮池を通して、はるか下の地獄を覗き見ています。 幾多の罪人たちが苦しみもがいていましたが、その中にカンダタという男の姿を見つけ、一本の蜘蛛の糸をおろします。 自分が昔読んだ時には、気味・・・続きを読む

  • 発想が面白い

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    夢売りというから、 将来の夢を描き、売るのかと思ったら、 人間の子どもたちが見る夢を集め、 昼間怖い思いや嫌な気持ちになった動物たちが 夜寝るときに見る夢を買いに来るというファンタジー。 ・・・続きを読む

  • 「やまなし」の世界

    このお話は、「小さな谷川の底を写した二枚の青い幻燈です」 という一文から始まります。 青さとスライドのようなイメージが先だってしまうので、遠山さんの、軟らかい絵に、どうしても違和感を覚えてしまいま・・・続きを読む


今読みたい絵本7選 西日本ファミリー読書レビューコンテスト

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット