新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
コロマ神父(ころましんぷ)

コロマ神父(ころましんぷ)

お気に入りの作家に追加する

コロマ神父さんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

ねずみとおうさま

ねずみとおうさま

作:コロマ神父  絵:土方 重巳  訳:石井 桃子  出版社:岩波書店  税込価格:¥880  
発行日:1953年12月  ISBN:9784001151039

1件見つかりました

コロマ神父さんの作品のみんなの声

  • 歯が抜け変わる頃に

    初めて乳歯が抜けた6歳のスペインの王様と、その乳歯を取りに夜中に王様の宮殿に訪ねてきたねずみのペレスのお話。 賢いおうさまと、王様の自覚を促す女王の姿に感動。 文章も挿絵も、品があって美しかったで・・・続きを読む

  • どう生きるか

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子2歳

    6歳の長男の歯が抜け替わっている時期なので、読んでみました。 6歳にして王さまとなった主人公、初めて乳歯が抜けた晩、枕の下にその歯を入れて寝ると、夢のような不思議な体験をします。歯を取りにきたね・・・続きを読む

  • がんばり

    幼い王様が成長していくお話です。 小さな子供なのに王様になる。 とってもプレッシャーを感じる。 でも、自分自身に自問自答しながら 一歩一歩成長していく姿が とっても心を打ちます。 私も頑張・・・続きを読む

  • おうさまはとてもやさしい

    ぬけたはをまくらの下にいれると、ねずみがとりにくるというのが、ふしぎでした。 ぺれすのしっぽをおうさまのはなの中に入れると、おうさまがねずみになったからふしぎでした。 ぺれすは、まほうがつ・・・続きを読む

  • 子どもの幸せを

    訳が石井桃子さんということで選んだ本です。 小さな王様の歯が抜けるところから始まるので、歯の風習のお話かと思ったのですが、ねずみのぺれすと出会い、貧しい子どもの生活を垣間見たところから、政治のあ・・・続きを読む


4月の新刊&オススメ絵本情報

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット