季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
ふしみ みさを(ふしみみさを)

ふしみ みさを(ふしみみさを)

1970年埼玉県生まれ。上智大学仏文科卒。絵本を好きになったきっかけは、子どもの頃父親が、自分や近所の子を主人公にして漫画付きのお話をしてくれたこと。20歳の時、パリと南仏エクサンプロヴァンスに留学。洋書絵本卸会社、ラジオ番組制作会社、餃子店経営を経て、海外の絵本や児童書の翻訳、紹介につとめている。ペットは、顔、頭、目、耳、鼻、性格ともに悪い、忠義心のないラブラドール。 おもな訳書に『うんちっち』(あすなろ書房)、『トラのじゅうたんになりたかったトラ』(岩波書店)、『どうぶつにふくをきせてはいけません』(朔北社)、「せんをたどって」シリーズ(講談社)、『トトシュとキンギョとまほうのじゅもん』(クレヨンハウス)、『ホラー横町13番地』(偕成社)、『おやすみ おやすみ』(岩波書店)、「ハムスターのビリー」シリーズ、『ゾウの家にやってきた赤アリ』『大スキ! 大キライ! でも、やっぱり…』(ともに文研出版)『ねむいねむいちいさなライオン』『せかいをみにいったアヒル』『チビウオのウソみたいなホントのはなし』『クリスマスをみにいったヤシの木』(以上、徳間書店)など多数。

お気に入りの作家に追加する

ふしみみさをさんに関連する著者

ふしみ みさをさんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

190件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

表示

絵本ナビオリジナルの人気ランキング。
評価・レビュー数・絵本ナビでの売上・専門家の評価をもとに総合的に算出しています。

プレミアムサービスへのご登録で、
人気順ランキングをご利用いただけます。

プレミアムサービスに登録する

ふしみみさをさんの作品のみんなの声

  • インディアンのことが少し分かる

    ハムスターのカウボーイであるビリーは、ある日インディアンに会うため山の向こうに行くことにしました。 いっしょに行ってくれるのは、ミミズのジャン=クロードです。 途中でヤギのパメラもいっしょに行くこ・・・続きを読む

  • 思った通りにならない

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    「玩具を貸してあげるのはいいのです。 ただし いっしょに あそぶのなら、です。」 思った通りにならないことってありますが、 この犬のマクスも、 初めて出会った犬たち、ジュニアとジンジャーに・・・続きを読む

  • 清潔が一番

    主人公のジュールは、どちらかというと不潔なブタの男の子です。 だから一緒に学校に行くジュリーは、ジュールのことが嫌でたまりませんでした。 そんなある日、二人はいじわるオオカミにつかまってしまい・・・続きを読む

  • 優しさの連鎖

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子4歳

    おなかを空かせたこうさぎは、外に食べ物を探しにいきました。すると、雪に埋もれた、大きなにんじんを2本見つけます。にんじんを1本食べたこうさぎは、もう1本をこうまくんの家に持っていきます。お腹いっぱいに・・・続きを読む

  • ハリネズミの隣に寝るのは…

    • みいのさん
    • 60代
    • その他の方
    • 東京都

    昔読んだ「とんとんとめてくださいな」という絵本を思い出しました。 途中、動物たちの心境の変化が微笑ましいです。 動物たちの表情やウィルの目線もポイントです。 それにしてもハリネズミのお隣に寝るの・・・続きを読む


今月の新刊&オススメ絵本情報

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット