話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
やくそくだよ、ミュウ

やくそくだよ、ミュウ

  • 児童書
作: 小手鞠 るい
絵: たかす かずみ
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2012年04月15日
ISBN: 9784265062959

出版社のおすすめ年齢:低学年〜
A5判 21.6×15.5/80頁

出版社からの紹介

ぼくが生まれる前から家族だった犬のミュウは、ぼくにとって優しい姉さんであり、遊び仲間でもあった。そんなミュウがだんだん年をとってきて、ついにお別れのときがきた。

ベストレビュー

犬好きにはたまらない

人間よりも寿命が短いペットとの
家族としての、出会いと別れが描かれています。

夫婦と犬の生活から6年して
主人公の「ぼく」が生まれます。
このお話はその「ぼく」目線で進みます。

私は断然犬派なので
犬が「ぼく」の「おねえちゃん」として
いろいろお世話してくれる様子は、とてもうなづけます。
それくらい犬って、やさしさにあふれてるんですよね。
そんな「4人家族」としての幸せな日々も
犬の寿命で、幕を閉じます。
でも
心では生き続けてる・・。

私にも思い出深い犬が何頭かいます。
いまでも時々思い出します。
なんだか見守ってくれているような気もしています。
犬の温かさって
心にも体にも染み入っていくものだと
この物語を読んで感じました。
(やこちんさん 50代・ママ 女の子16歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,100円
1,540円
1,430円
1,100円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

715円
1,958円
3,190円
1,430円

出版社おすすめ

  • こどもべやのよる
    こどもべやのよるの試し読みができます!
    こどもべやのよる
    出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    岩波の子どもの本 最新刊。こどもべやに夜がきました。せかいじゅうで、おきているのは、いっちゃんだけ。



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

やくそくだよ、ミュウ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら