話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

ヨーロッパお菓子物語

ヨーロッパお菓子物語

著: 今田美奈子
出版社: 朝日学生新聞社

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2012年10月
ISBN: 9784904826744

内容紹介

ひと口食べれば、笑顔の花が開く。人名に関わるお菓子、土地の特産物を使ったお菓子、ユニークな名前や形のお菓子の3章に分け、ヨーロッパ伝統のお菓子にまつわる26のお話を紹介。16のレシピ付き。

ベストレビュー

サンリオの絵とヨーロッパのお姫様の世界の夢の競演

26カ国のヨーロッパの国々の歴史や伝統、文化を感じさせるお菓子。夢のある物語と、お菓子や歴史的な背景を、わかりやすく紹介。自宅で簡単に作れるように工夫されたレシピ付き。

上流階級の女性たちに好まれたお菓子、庶民の生活の中から生まれたお菓子、おもしろい由来をもつお菓子。美しく懐かしいサンリオ風のイラストと共に、夢のようなお菓子の世界を堪能できる一冊。ページを開ければ、そこはお姫様の世界。この世の憂さを一気に飛び越え、メルヘンの国を旅行。

著者は日本のお菓子屋さんたちが始めてヨーロッパの国立成果学校に研修旅行に行く際に同行されてもらってから、以来、洋菓子やテーブルセッティングなど美しい文化を研究し、日本に紹介してきた。主婦でありながらも、いつまでも新鮮な感性をもち、年齢不詳のお姫様的な表現力でいくつものお菓子関係の本を書いている。何冊か読んでいるが、どれも夢の国、メルヘンの世界にいざなわれる。お姫様ごっこを楽しんだ子ども時代を思い出したり、お菓子の家に憧れていたことを思い出したりして、楽しい気分になる。
この本は、眺めるだけでも歴史や文化がなんとなく入ってくるような仕掛けになっている。実際にお菓子を作ってみなくても、読んでいるだけで幸せになる魔法がかかる一冊だ。
(渡”邉恵’里’さん 40代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,210円
1,320円
1,650円
1,045円
1,760円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,980円
385円
495円
990円

出版社おすすめ

  • こどもべやのよる
    こどもべやのよるの試し読みができます!
    こどもべやのよる
    出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    岩波の子どもの本 最新刊。こどもべやに夜がきました。せかいじゅうで、おきているのは、いっちゃんだけ。



ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

ヨーロッパお菓子物語

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら