まじょまつりにいこう まじょまつりにいこう
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
うさぎは、ねこしかさんかできないまじょまつりにいきたくてしかたありません。そうだ!へんそうすればいいんだ。ところが・・・・・・。

みちんさんさんの公開ページ

みちんさんさんのプロフィール

ママ・30代・愛知県、女の子6歳 女の子4歳 女の子0歳

みちんさんさんの声

8751件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 青春  掲載日:2017/9/20
ダッシュ!
ダッシュ! 著者: 村上 しいこ
出版社: 講談社
陸上部のお話。
自分だけはキャプテンには選ばれないと思っていたが、選ばれてしまった真歩。
みんなをまとめたり、引っ張ったりって向いていないし、自分の記録がいいわけでもない…悩めるキャプテンですが、自分なりにがんばる姿がよかったです。
役を与えられると案外がんばれるかも。環境は大事ですよね。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 想像から生み出された友達  掲載日:2017/9/20
ぼくが消えないうちに
ぼくが消えないうちに 作: A.F.ハロルド
絵: エミリー・グラヴェット
訳: こだま ともこ

出版社: ポプラ社
アマンダの想像から生み出された友達ラジャー。アマンダから忘れられたら…?
絵はきれいなのですが、けっこう怖かったです。
パンティングという大人がラジャーを狙うのですが…!?
私にはこんな友達はいなかったなー、忘れているだけかもしれませんが。
こういった友達を持つ子はいるのでしょうねー。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おこめづくりの様子  掲載日:2017/9/19
おこめができた!
おこめができた! 監修: 中川 孝俊
写真: 岩間 史朗

出版社: ひさかたチャイルド
4歳と6歳の子に読みました。
我々が毎日のように食べるお米。
そのお米ができるまでがよくわかる写真絵本です。
田んぼは見たことはあっても、おこめづくりの様子は初めて知ったこどもたち。へ〜という感じで聞いてくれました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ビリビリ  掲載日:2017/9/19
でんきのビリビリ
でんきのビリビリ 作・絵: こしだ ミカ
出版社: そうえん社
4歳と6歳の子に読みました。
ビリビリビリビリとビリビリのことについて、考えさせられる絵本でした。
我々の身の回りには本当に当たり前にたくさんのでんきのビリビリがあるなーと改めて思いました。
こどもたちはビリビリという言葉が気に入ったのか、ビリビリと言いながら、家にある電化製品を指差していました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いろいろな角度から  掲載日:2017/9/19
ぼくからみると
ぼくからみると 作: 高木仁三郎
絵: 片山健

出版社: 福音館書店
ぼくから見える景色、ほかのものから見える景色。
同じ場所でも違って見えるんだなということが実感できて面白かったです。
いろいろな角度からものが見えるということを知れたり、考えたりでよかったです。
絵も躍動感があっていいですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う がんばる大人の姿  掲載日:2017/9/19
カンナ道のむこうへ
カンナ道のむこうへ 作: くぼ ひでき
絵: 志村 貴子

出版社: 小峰書店
カンナのまわりの大人たちは夢に向かってがんばる姿を見せてくれていいなーと思いました。
私は正直子供にはそんな姿を見せたことがないです…。
何歳になっても夢を持っていて、それに向けてがんばる人ってやっぱりすてきだな、と。
カンナはカンナで自分には夢がないとあせりがあるようですが、夢はあせって見つかるものでもないでしょうしね。
カンナのあせる気持ち、夢に向かってがんばる人をかっこよく思う気持ち等々、共感できました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う うちゅうりょこうへ  掲載日:2017/9/19
ルイのうちゅうりょこう
ルイのうちゅうりょこう 作: エズラ・ジャック・キーツ
訳: 田村 恵子

出版社: 偕成社
4歳と6歳の子に読みました。
みんなにがらくたとばかにされるけれどもそのがらくたを使って、うちゅうりょこうへ行くルイのお話です。
「ごらん、そのきになれば、ここにあるものでうちゅうにだっていけるんだぞ。」ルイのお父さん、いいこと言うなー。
本当にそうだなって思えます。
想像力ってすごいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いじめられっ子とモテ男子  掲載日:2017/9/19
校内限定彼氏 1
校内限定彼氏 1 著: 姫 りんご
出版社: 双葉社
いじめられっ子の香澄とモテ男子の黒木が互いの身を守るために彼氏彼女のふりをすることに。提案者は男の子側。
段々、黒木に惹かれていく香澄にそうだろうなーと思えました。
はたして、このふりはいったいいつまで続くのでしょうね。
いじめっ子側の動きも気になるところです。
続きものです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う プリンセスはお年頃  掲載日:2017/9/19
プリンセス・ダイアリー 悩める見習いプリンセス篇
プリンセス・ダイアリー 悩める見習いプリンセス篇 著: メグ・キャボット
訳: 代田 亜香子

出版社: 河出書房新社
プリンセス・ダイアリー第6巻。
ミアのボーイフレンドへの悩み…お年頃ですねー。ロストヴァージンするか否か。彼は欲望だけの人には見えないけれど?
ほかにも親友がミアを生徒会長に推薦してきたり、いろいろと忙しいプリンセス・ミアですね。いったいどうなることやら。
プリンセスといってもけっこう普通の女の子?といった感があって、共感しやすいかな。
楽しく読めました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 好きなもの  掲載日:2017/9/19
空色バレリーナ
空色バレリーナ 作: 牧野節子
絵: よこやまようへい

出版社:
学校でバカにされたり、家で酒を飲んだ父親にものを投げられたり、つらいこともある中ではるかはバレエに出会います。
好きなものに出会えるって幸せなことですよね。
小学校中学年くらいの女の子にいいお話だと思います。
わりと意外な展開もあったりしてよかったです。
参考になりました。 0人

8751件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

「ななちゃんの絵本」シリーズ つがねちかこさんインタビュー

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

全ページためしよみ
年齢別絵本セット