話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

季節
ゆき ふふふ

ゆき ふふふ(くもん出版)

真っ白な美しい世界を体で感じ、おもいっきり雪あそびをしたくなる絵本です。

  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ

渡辺諦さんの公開ページ

渡辺諦さんのプロフィール

その他の方・40代・東京都

自己紹介
アートや本が大好きで、子どもの頃よりも、今、絵本を楽しんでいます。

膠原病患者です。
(混合性結合組織病、関節リウマチ、シェーグレン症候群)
その他、間質性肺炎、甲状腺機能低下症があります。

読書は安全に楽しめる趣味の一つですが、せっかくなので、インプットだけではなく、アウトプットもしてみようと思い、レビューを書いています。
大人のための読書案内の、参考になればうれしいです。
好きなもの
演芸(落語、講談、浪曲、手品、お笑い、大道芸など)
読書(いろいろな本を読みます)
図工(絵画制作、手芸なども)
アートセラピー
東京の街歩き、下町や銭湯巡り、昔風の建物見学
喫茶店・カフェ
料理、自宅で「同居」しているぬか床とのお付き合い
6月は、梅仕事とラッキョウ漬けに精を出す(予定)
ひとこと
大人も楽しめる絵本を探しています。
図書館内のカフェや自宅でゆっくり、絵本を楽しみます。
絵本は誰でも楽しめるアートで、ちょっとした異空間に安全に旅行できます。
年齢に関係なく、いろいろな本を楽しむ事が好きです。

読書は、私のような持病のある人も、入院中も楽しめるステキな娯楽ですね。
ブログ/HP
mixi:読書会に参加した時の課題本、面白かった本の紹介と日記。
    本の他に映画などについても。

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100007188730590
 キリシタンなので、礼拝の説教を聞いた感想を書いています。

Twitter: https://twitter.com/erio20170122
 イタバシ読書会 でおススメ本、時事ネタなどをどきどき発信。

マイ絵本棚

他の本棚

チェック済

公開

初期〜2020年ごろまで、読書・レビュー記載分

渡辺諦さんの声

654件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 人類の歴史に大きな影響を与え続けている植物  投稿日:2022/01/21
ワタの絵本
ワタの絵本 作: 日比暉
絵: 山田博之

出版社: 農山漁村文化協会(農文協)
1998年刊行。身近な繊維:木綿の歴史や、種類、栽培方法や加工法を総合的に学べる学習絵本。種を蒔き、栽培し、収穫した綿で、糸を紡ぎ、布を織るところまで紹介。

時代劇などでも木綿の着物や布団などを見かけるから、てっきり古い時代から日本では利用されていたとばかり思っていた木綿。
思ったよりも歴史が浅く、一般に普及しだしたのは戦国時代の終わりごろになってからだという。
それまでは麻やそのほかの植物などから作った繊維を利用していた。寒い時期など、どうやって過ごしていたのだろうか?

また、ジーンズ類を職場で着用禁止にする理由もわかった。
もともとは労働用の作業着として開発されたものであり、正式な場面では不適切だと思われてきたという。ジーンズの発明以前のズボンは、破れやすかったりして不便だったらしい。当時は画期的な発明で、安くて丈夫な新素材。大人気で、生産量を上げるために、技術の革新もあったが、奴隷制、戦争、植民地などの問題も引き起こした。世界史に大きく関係する植物の1つだった。

知れば知るほど、人間の歴史に深いかかわりと、大きな影響をもっていることがわかる。相当勉強になった。
布は大切に扱わなければと思った。
子ども向けの本だが、情報量が多く、大人にも十分読み応えがある。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 光触媒の仕組みが、よくわかりました  投稿日:2022/01/19
太陽と光しょくばいものがたり
太陽と光しょくばいものがたり 共著: 藤嶋 昭 かこ さとし 村上 武利 中田 一弥
出版社: 偕成社
2010年刊行。太陽のしくみ、太陽の光を利用した技術を紹介する科学絵本。酸化チタンという白い粉(昔から塗料などに白い色を出すのに使われている鉱物)が、太陽の紫外線が当たるといろんな働きをする様子を実験で確かめる。実際に身の回りで使われている様子も紹介。

難しそうなタイトルだが、科学の知識が全然ない人でも理解できるように工夫されている。
太陽のこと→太陽の光が届いている様子→光を利用した発電などの身近な技術、という順番で絵が展開していくので、少しずつ身近なこととして受け入れられる。

また実験では、1つの実験で1つの働きを丁寧に紹介してくれる。
・色水の色が消える実験:光触媒の「分解」する働きを解説
実験の様子は写真でしっかり確認できる。仕組みの解説は、わかりやすいイラストで、一目で理解できる。そして、実際に使われている例が書かれている。

この絵本を見ると、光触媒をいろいろなことに利用して、人の役に立つ様子を想像できる。医療や環境保護、農業や清掃、各種の産業、道路などなど。いくつかの課題も正直に書かれており、研究者や本書の製作者たちが、次の世代に期待を寄せていることも感じられる。

子どもが読んでももちろん良いものだが、科学オンチの大人にもおすすめだ。難しい方程式や数字はないので、絵を見ているだけでなんとなく理解できてしまう親切設計。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 机の前から人類の歴史へ、そして宇宙へ飛躍  投稿日:2022/01/19
宇宙 そのひろがりをしろう
宇宙 そのひろがりをしろう 作・絵: 加古 里子
出版社: 福音館書店
1978年刊行。身近なところからどんどん「もっと高く」「もっと遠く」へ飛躍していき、自然物、人工物・技術、地球、天体と大きな世界に向かって果て無く突き進む。科学絵本。

この絵本は、「かこさとしの世界」という筆者の仕事を総まとめにした一冊の本で知った。子どもたちが身近なところから理解できるように工夫したという。筆者は、後書きにあるように、この本に実に壮大な願いを込め、制作に専念するために25年間勤務した会社を退職し、資料の整理のためにアトリエを増築したという。
この本に込めた想いの強さが察せられる。

几帳面に、丁寧に、真正面から正攻法で読者に語り掛けている。
だが、あまりに真面目になりすぎると面白くないからか、ところどころにユーモアが入る。大きな画面にたくさんの絵や情報が書き込まれているが、大事なところにはしっかり目が行くようになっている。
そんなに大事ではない(と思われる)ところにユーモアがあり、それを発見する喜びもある。
70年代に発行されているので、新しい発見や情報の更新などが現代と違うところもあるのだろうが、今読んでも十分に面白く、発見がある。

何よりも、こんなにたくさんの情報を入れ込んでいるのに、すっきり見える上、制作者の意図がしっかり伝わるレイアウト、デザインが素晴らしい。
それぞれの位置や、大きさ、速さなどの違いが、イラストで一発で理解できる。順番に並べてみると、技術の飛躍がよくわかる。

この本は、最初に読むとどんどん途方もない世界に飛んでいってしまい、不安になった。だから、2回目は最後のページから逆戻りしてみた。そうすると、自分のいる場所の机の前からどんどん人類の歴史をたどり、未来に向かって飛び出し、宇宙の果てに行ってから、家に帰ってくるという旅行ができる。
最後に「普通の大きさのマッチ箱」とか、コメツキムシ、新宿住友ビルなんかを見ると、ほっとする。
壮大な宇宙も素晴らしいが、今いる自分の家、地球も素晴らしい。
そして、読者にいろんなことを真摯な態度で伝えようとする作者の真心も素晴らしいとわかる。神様や宇宙人などの視点が体験できるかもしれない。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 近所の人っぽい、なまはげ軍団  投稿日:2022/01/19
なまはげ
なまはげ 写真・文: 小賀野 実
出版社: ポプラ社
2019年刊行。秋田県、男鹿半島に伝わる大みそかの行事「なまはげ」。その様子を激写し、舞台裏や現場中、ユネスコ文化遺産登録などを紹介する写真絵本。なまはげ面も多数紹介。

秋田といえば、なまはげだが、広く知られるようになったのは最近のことらしい。出刃包丁を持って各家を周り、「なぐ子はいねがぁ〜」と脅すのは知っていたが、それ以上のことは知らなかった。
この本では、なまはげを行う前の準備(仮面や仮装の用意、出発前のご祈祷など)、現場に向かうなまはげ軍団の様子、現場での仕事(意外と、最初は新年のあいさつをするという礼儀正しさ!)、終了後の反省会まで、全工程をくまなく見られる。
これであなたもなまはげ検定の受験資格を得た。

襲来した家では、主人が正装してもてなし、ご馳走やお酒がふるまわれる。武装したなまはげ軍団は、もてなしを受け、子どもたちの教育的指導(例の出刃包丁で脅すもの)や、今年の農業予想などのカウンセリング業を行い、お酒をどんどん飲み(仕事の1つ)、大暴れする。厄除けの四股踏みも忘れない。なかなかやることが多い仕事である。
家の中に刃物を持った不審者が暴れているのに、迎える人たちは楽しそうだ。若い女性にも大人気。けっこう楽しそうなのが印象に残った。

観光用のなまはげではなく、実際に地域の行事としての本物のはまはげ。先祖代々の暮らしを守り、一家が睦まじい様子も見られ、あったかい。
こういうものは、ずっと残って、伝えていって欲しい。
こんな調子で、他の地域の伝統行事も、紹介して欲しい。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 人間が生きること、食べることに向かい合う  投稿日:2022/01/19
ぶたにく
ぶたにく 写真: 大西暢夫
出版社: 幻冬舎
2010年刊行。鹿児島県の知的障害者の福祉施設で行われている畜産(ブタの飼育)を取材した写真絵本。黒豚の出産、成長、屠畜、加工、種付け、出産…その一連の流れを見つめる。巻末には施設でブタを飼育することになったいきさつなどを紹介。

動物が大好きな人にとっては、つらい現実を見ることになる一冊。
お店で並んでいる肉が、どういう風に作られるのか?を考えたことがあるだろうか。動物を育てて、殺して、加工する一連の流れを知ることで、自分たちが食べる肉や、肉を提供してくれる動物、育てたり加工したりする人たちなどのことを考える。
豚を出荷する(=殺す)ために、連れていく仕事が一番つらい、と語った人。「のこさず食べてくれることが、豚たちへの一番の供養だと思っています」と語った人。動物が大好きで、職員よりも豚のことをよく知るようになった障害のある人。
この本には、いろんな人の、いろんな思いが詰まっている。

生きている動物を殺して食べている現実を直視することで、命を大事にすることを真剣に考えることになった。
豚肉はおいしいのでファンも大勢いるし、畜産業で生計を立てている人も大勢いるけど、私は、豚は死んでいる肉よりも、生きていて走り回っているほうが好きだ。豚に限らず、動物はみんな生きていて、元気で幸せで暮らせているほうがいいと思っている。

人間も幸せで、動物も幸せで、地球も幸せで、宇宙も幸せになるようになるためには、どういうふうにしたらよいだろうか?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 40年後の一家は、更に大忙し  投稿日:2022/01/14
からすのおかしやさん
からすのおかしやさん 作: かこ さとし
出版社: 偕成社
いずみがもりでパン屋を営むカラスの一家の、長男の話。
両親が3日ほど留守にしている間、長男のアイデアでお菓子も販売することに。お菓子作り大好きなお客さんも手伝うことになり、お店はますます繁盛していく。

ちょっとした冒険心から、どんどん良い流れにのって、あれよあれよという間に幸せになってしまうおいしい話。
ずいぶん儲かっている人が書いた本のなかにも、同様のことが実例として書かれていた。
・お店が忙しいと、お客さんの中に手伝ってくれる人が表れる。
 →そんな人を雇って一緒に働いてもらう
・お客さんの要望を実現させていって、成功した
他にも、商売がうまくいくために必要なことがいろいろと、この絵本の中には描かれている気がする。元気で気持ちよく対応するとか、お店をきれいにしておくとか、従業員同士が仲がよいとか…

実際にお店で働いたことがあると、なかなかここに描かれているようにはうまくいかない。だが、この本のように素敵になるように頑張って、人生の最後まで楽しく仕事をして過ごせれば最高だと思った。

カラスのパン屋さんも、事業を拡げたり、いろいろあるのだから、今ごろオンラインショップも展開しているかもしれない。孫の世代のカラスたちはどういう風に商売をしているだろうか?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いろんなハーブと栽培・料理・利用法  投稿日:2022/01/14
ハーブの絵本
ハーブの絵本 編: 広田せい子
絵: 岡田 里

出版社: 農山漁村文化協会(農文協)
ミント、ローズマリー。ラベンダー、タイム…料理やお茶、ポプリなどに使う香りのある植物の種類、栽培、利用、歴史などをまとめた絵本。

ハーブで何をしたいのか?をまず考えてから、栽培するハーブを選び、栽培方法(庭、鉢植え)を選ぶ。計画性が大事だ。
だが、私はホームセンターの園芸コーナーや花屋さん、時には八百屋さんなどで衝動買いすることが多い。先日などは、八百屋で根っこのついたミントを見つけて、「苗」だと思い、ベランダで栽培し始めた。
※根っこが付いた状態で新鮮な野菜として売られていた。苗用ではない。

実際、ハーブは丈夫なものが多く、どんどん増える。知人が農園を刈りているが、ミントは取り放題。管理しなくてもどんどん増えて、困っているという。
田舎では、畑の周りにシソや三つ葉、セリ、のびるなどが自由に生えていた。町ではスーパーで結構なお値段で売られている。
少しだけ植物を育ててみたい人にはお勧めしたいハーブの栽培。

この本は、いろんなハーブの特徴や栽培の作業予定表、収穫後の保存方法や利用法などが総合的にみられるので、大人も十分実用書として使用できる。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 電車で読んで、乗り過ごすほど夢中に  投稿日:2022/01/13
ラブストーリーセレクション(9) はてない想い
ラブストーリーセレクション(9) はてない想い 編: 赤木 かん子
出版社: ポプラ社
2008年刊行。恋愛ものの短編から、”はてしない”というキーワードに合うような、途方もない話、不思議な話、はてない想いを描いた話を集めた短編集。

「マッキンレー山の思い出」 星野道夫 『ノーザンライツ』より採録
「黄色い顔」 漫画:JET 『シャーロック・ホームズの冒険2』より
「えすがたあねさま」 日本昔話 (ポプラ社 お話名作絵本)
「きれいな下着」 ゲスタ・ロマノム 『新世界むかし話集5』より
「花図鑑10 世界爺-セコイヤ-」 漫画:清原なつの
「つるばらつるばら」 漫画:大島弓子

一途に一人の人を長年思い続けている様子が印象的な話ばかり。
あちこちよそ見、浮気はなく、迷いもない。
それぞれの状況や時代、職業などは違っていても、一本気なところがすがすがしい。そんな想いが通じてか、奇跡や感動がある。

個人的には、SF風の作品「世界爺」が印象に残った。泥臭い周囲の人たちの世界と、清廉な主人公たちの妙に幸せな世界が同時進行している様子が面白い。これを読むと、同じ時代にいろんな世界を生きる人が、案外近い場所でひしめき合っているのがわかる。
本当に豊かな人は、喧嘩しない。ただ、そんな人場ばかりだと、平和すぎて話が盛り上がらないから、欲の塊みたいな人が出てきて面白くしてくれるのだ。

漫画も多く、小説は読みやすい文字の大きさや行間の新設設計。どの話から読んでもよいので、気楽に開ける一冊。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 温かくておいしい、焼き立てパンの香りがする  投稿日:2022/01/11
からすのパンやさん
からすのパンやさん 作: かこ さとし
出版社: 偕成社
山奥に棲むカラスの一家に4匹の子どもが生まれた。パン屋を営む夫婦は、毎日子育てと仕事で大忙し。そんな中、子どもたちも商売を手伝うようになり…パン屋繁盛記。

80年代に親類の家で初めて読んだ。子どものころには子ども向けの本の良さがあまりわからなかったが、この本は話の筋よりも、たくさんのパンが出てくる場面や、カラスの一羽一羽が個性豊かに描かれているところに非常に魅力を感じた。テレビパンとか、かみなりパンとか、変な形のパンはどういう具が入っているのだろう?サボテンパンはサボテンの実や葉が入っているのかしら?などと、1つ1つの成り立ちや作り方、味、物語などを想像して楽しんでいた。

大人になって、中年になって、白髪が生えてからまた読んだ。
やはり面白い。今度はしっかり話の筋も楽しく、やはり絵も魅力的だった。かこさとしという作者についても興味が沸いたし、後書きにある制作秘話も素敵だった。
この絵本は、どの年齢の人がどのように読んでも面白く感じるように作られているのだと思った。いたるところに読者を楽しませる工夫があり、一つ一つの絵に物語が含まれている。
後書きにあった筆者の狙いがしっかり反映され、効果が表れているのだと実感した。
ロングセラーなのも十分うなずける。

これから時代も社会もどんどん変わっていくが、この手作りで愛情たっぷりの絵本はずっと残ってみんなを楽しませていくだろう。パソコンなどを使った絵では出せない地味深い味わい、温かさがある。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい −の目と、黄金のひづめ  投稿日:2022/01/04
ヒツジの絵本
ヒツジの絵本 作: むとうこうじ
絵: スズキ コージ

出版社: 農山漁村文化協会(農文協)
羊飼いの筆者が、羊の歴史、性質、種類、飼育方法、羊毛の刈込方法、羊毛の利用法(毛糸づくり、フェルトづくりなど)、羊肉の料理などを紹介する。羊飼い入門。

セーターなどで日常的にお世話になっている動物。だけど、あまりよく知らない。この絵本では、羊の飼い方を中心に、羊についてのいろいろをまんべんなく教えてくれる。スズキコージ氏の斬新な絵が、目玉が−型の宇宙人のような羊を量産していて、異界に迷い込んだよう。

聖書ではよく出てくる羊。農村でも、都会でもあまり生きた羊を見かけたことがないので、「よい羊飼い」「子羊」などをイメージしにくかったが、この本でいろいろなことがわかった。
特に「黄金のひづめ」を持つと表現される羊の恵みは、素晴らしい。羊毛、肉、フン(燃料など)のほか、羊があちこちに移動したり草を食べたりすることで、土が耕され、よい草地ができるという。

おとなしく家畜を長年やっていたおかげで、自力で毛を替えることができなくなり、人間が毛を刈らないと夏場は暑くてへばってしまうようになったのだとか。
インターネット動画などでさらに調べると、家畜化された羊の毛刈りを行わないと、命に関わるほど危険だとわかり、驚いた。
人間と一緒に生活するようになって、動物としてはどう思っているのかわからないが、一緒にいないといけなくなった羊は、観念しておとなしくなり、献身的になったのかもしれない。
参考になりました。 0人

654件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『ふしぎな森のものがたり』あいはらひろゆきさん&ちゅうがんじたかむさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット