話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

うしろの正面

うしろの正面

  • 児童書
作: 小森 香折
絵: 佐竹 美保
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年09月
ISBN: 9784265060634

出版社のおすすめ年齢:高学年〜
A5判 22.0×16.0
196頁

出版社からの紹介

12歳の誕生日を迎える年の夏、暁彦は亡き父の実家がある羽護山村へ向かうことになった。そこで暁彦を待ちかまえていたものは?

ベストレビュー

イッキに読んでしまいます

表紙の絵がきれい!
「うしろの正面」って
わらべうた「かごめ かごめ」と関係あるのかしら?

と、気になり図書館から借りてきました

わらべうた「かごめ かごめ」は
小学3年生位かな?
怖いもの見たさで
友達と一緒に
怖いマンガで読んだ(笑 記憶があるのです

わらべうたってどうしてこんな歌詞なんだろう?
どんな意味があるんだろう?
って、気になっていたんですね
今もですけど(笑

この本では、「儀式」の時に使用されるのです

タイプの違う姉と弟
弟の暁彦くんが主人公で
ちょっと頼りなさそうで
実は、芯がしっかりしているーという

母方の祖父母の交流

疎遠になっていた
早くに亡くなった父の実家一族との関係

その実家へのひとり旅が始まると
ダダダ〜ッと話は展開し
読むのを止められない、止まらない(笑

幽霊
血族
12歳の成人式
あずき色の電車
月吠(げっぽう)
行者の家系
百目
生まれ変わりの儀
時空間移動 ・・・

頭の中で、関係図とか
状況を空想しながら

ここで、こうなるかぁ〜
とか

と、ちょっと盛りだくさんですが
柔軟な思考力、想像力のある
小学中高学年には
おもしろいのではないでしょうか
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
1,650円
1,540円
1,430円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

2,750円
1,430円
1,980円
275円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

うしろの正面

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら