ぞうのエルマー さがしえブック ぞうのエルマー さがしえブック ぞうのエルマー さがしえブックの試し読みができます!
作: デビッド・マッキー  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
おうちでじっくり探し絵!
りおらんらんさん 40代・ママ

楽しいですね
娘が小さいときに何度も読んだぞうのエル…

てんぐざるさんの公開ページ

てんぐざるさんのプロフィール

ママ・50代・埼玉県、女の子20歳

自己紹介
てんぐざるは、小学生の頃のあだ名です。(誰が心当たりのある方はご連絡くださると嬉しいです)

子どもたちに素敵な本やお話を届けるために、出来ることにはいろいろなことにチャレンジしていきたいなぁと、思っています。
好きなもの
本(特に物語)と、お芝居と、子どもたち。
ひとこと
今は、2016年の高校生向け課題図書『ハーレムの闘う本屋 :ルイス・ミショーの生涯 (あすなろ書房)』にハマってます。
知れば知るほど、知らなかったことが多くて、情けなくなります。
この機会にたくさんの中高生に紹介したいです。

てんぐざるさんの声

7673件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 魚屋さんのお魚、お薦めです。  投稿日:2020/07/25
いらっしゃい
いらっしゃい 作・絵: せな けいこ
出版社: 童心社
小さいお子さんはいろんな職業に憧れるものです。
けれど、この作品では本物が登場するのではなくて、子どもたち自身が簡単になれる○○屋さん。
遊びとわかっているシチュエーションの中で描かれているのが、すごく自然でよかったです。
特に気に入ったのは魚屋さんの魚たち。
いかにも魚っぽい柄の魚がかわいかったです。
洋服屋さんに展示されている洋服も、
エプロンのひもの部分とか、ワンピースのレースの部分とか、細かいところもよく考えて作られているんだなと思いました。
テキストは短く簡潔で読みやすいです。
絵がはっきりしているので、読み聞かせにもお薦めです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい たくましいエネルギーを感じました。  投稿日:2020/07/25
うりの つる くるくる
うりの つる くるくる 作: 田島 征三
出版社: 光村教育図書
ナンセンスでおかしな展開が楽しめます。

植物の強い生命力、食物連鎖。
うりのつるが伸びる(成長)。虫が食べる。虫を鳥が食べる。鳥の卵をヘビが食べる。(ヘビから卵を守ったのはうりのつるでした)
お互いが食べたり食べられたり、助け合ったりして共存している世界を描いているのかなと、思いました。
とても力強く、たくましいエネルギーを感じました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いろんな人の働きによって、生かされてる。  投稿日:2020/07/11
どこからきたの? おべんとう
どこからきたの? おべんとう 作・絵: 鈴木 まもる
出版社: 金の星社
生産、物流など、お弁当の一つとっても、人々は、いろんな人の働きによって生かされているんだと、楽しく理解することが出来ます。

例えば、「このたまごやきはね」の章では、

そーっと そーっと 
きれいな ぱっくに いれて
ダンボールばこに いれて……
と、細かいところまで描いてくれています。

「お弁当箱」の箱がどうやってできてきたのかも、描かれていて面白かったです。
この絵本を読んだ子どもたちが、自分たちんお身の回りのものがどうやってできたのか1つ1つ考えるようになってくれたら、素敵です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 博物館の展示場にいるような気分でした。  投稿日:2020/07/11
自然スケッチ絵本館 砂漠のこと
自然スケッチ絵本館 砂漠のこと 文: キャスリン・シル
絵: ジョン・シル
訳: 福田 晴代

出版社: 玉川大学出版部
砂漠のことを簡潔に1ページ1文程度にまとめてある作品でした。
例えば、「砂漠は、めったに雨が降らない、乾燥したところです」とか、「砂丘といって、砂地になっているところもあります」といった感じで、読んでいて、どこかの博物館の展示物の前にいるような気分になりました。
各ページでは、砂漠における植物やそこに生息する生き物たちも描かれていました。
砂漠に生息する生き物は、カサカサしてごつそうなイメージを勝手に持っていましたが、
有名な狐に似た可愛らしい生き物「フェネック」ほか、ハモンドスキアシガエルとか、ササフケイなどが、紹介されていて、こんな生き物もいたんだと、驚きました。
最後には各ページのより分かりやすい解説が書かれているので、小学校4,5年生以上のお子さんでしたら理解できそうな内容になっています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自分探しをしている人たちに  投稿日:2020/07/11
さがす
さがす 文・写真: 長倉 洋海
出版社: アリス館
写真家長倉洋海さんが2020年の6月に出した写真絵本です。

ぼくは、何をしているのだろ。
どうしてここにいるのだろう。
ぼくは、何をするために生まれてきたのかな。

世界各地を旅してして出会った子どもたちは、最北の寒冷地で、争いの絶えぬ戦地で、アマゾンの大自然の奥地で日々生きていた。
彼らを見つめ、笑顔を撮り続けながら自問していく著者。

自分探しの哲学的な文章ではありますが、そこに写っている人々の顔は素晴らしい笑顔が多く、「生きているんだ」という力強さを感じます。
とても素直な自分の気持ちを綴られているので、
あまり幼いお子さんですと、哲学すぎてよくわからないかもしれません。
小学校高学年から、高校生、中学生の、特に自分探しをしている人や、将来の壁にぶつかってしまった人たちに見てもらいたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 博士の行動が子どもっぽくて笑えます。  投稿日:2020/07/04
はかせのふしぎなプール
はかせのふしぎなプール 作: 中村 至男
出版社: 福音館書店
「どっとこどうぶつえん」の中村至男さんの作品です。
対象年齢は3歳から5歳とありますが、もう少し幅広く小学校低学年くらいまで楽しめそうな気がしました。

当てっこクイズが出来る絵本です。
登場する博士と助手くんが大人なので、聞き手の子どもたちにはとっかかりにくいかもしれませんが、ページが進むごとにプールの中から現れるものを考えるのが楽しくなってきます。

博士の行動が子どもっぽくて笑えます。
早く元に戻れるといいですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 絵でどういう意味なのか分かるようになっている。  投稿日:2020/07/04
ことわざしょうてんがい
ことわざしょうてんがい 作: かんべ あやこ
出版社: あかね書房
「へたな てっぽう かずうちゃ あたる」とか、「かっぱの かわながれ」とか、「けがの こうみょう」とか、「わらう かどには ふく きたる」とか……。
ことわざに対して、解説などは載っていませんが、周りの登場人物たちの動きで、それがどんなことを意味しているのか見て取れるようになっています。
商店街にはガタローの他にもたくさんの妖怪たちが登場するので、その行動や、姿を追うだけでも十分楽しめます。
大勢のお子さんを対象にした読み聞かせ向きではありません。
対面でお父さん・お母さんが読んであげるとか、ひとり読みで楽しむタイプの作品です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 黒ゴマさんきょうだいのアリの変装が笑えました。  投稿日:2020/07/04
すきまっこちゃん
すきまっこちゃん 作・絵: 竹与井 かこ
出版社: 教育画劇
小さい子ってほんのちょっとした小さい場所とか、ちっこいものが好きですよね。
うちの下の子も、小さいときは小さな隙間とか、大好きでした。

すきまっこちゃんたちが、仲間のこんぺいとうちゃんを助けにアリの巣の中へ入っていく冒険物語です。
展開がテンポよく楽しかったです。
最初にこんぺいとうちゃんを助けようとしたクッキーっこちゃんが逆にアリたちに襲わせそうになったり、
アリの巣へ入り込むのために、黒ゴマさんきょうだいがアリの姿に変装していくという案には、その姿に笑ってしまいました。

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 雨の森の絵がめちゃくちゃきれいです。  投稿日:2020/07/04
あめかっぱ
あめかっぱ 作: むらかみさおり
出版社: 偕成社
描かれている雨の森の絵がめちゃくちゃきれいです。
子どもたちの子守をするかっぱが、ある雨の日、不思議な森の世界に連れて行ってくれるお話でした。
大きな木にできた遊具施設は、子どもたちなら一度はやってみたそうなものばかり。(大人だって、体力があればやってみたいですけど)

森の世界を美しく描くために、テキストが白字になっていて、読みづらいのがたまに瑕です。
雨の日、お外に出られないお子さんたちに読んであげてはいかがでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ポロション君のモデルは……?  投稿日:2020/07/02
こわがりのちびかいじゅう
こわがりのちびかいじゅう 作: マリオ・ラモ
訳: 原 小枝

出版社: 平凡社
絵ははっきりしていて、見やすいです。一ページに描かれているテキストも短く簡潔で読みやすかったです。
主人公のポロション君。彼は、ワニのようなカエルのような、カバのような姿をしています。
ポロション君のモデルがなんなのか、知りたいところです。
彼が怖がっている夢に出てくるかいじゅうはなんと人間の女の子!面白い発想ですね。
最後のオチがあっけなかったのがちょっと残念です。
もう一歩。もう一言、なにかあったら、もっと面白かったかなぁ。
参考になりました。 0人

7673件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<前編>

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット