新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
せんそうってなんだったの?3家族

せんそうってなんだったの?3家族

監修: 田代 脩
出版社: Gakken Gakkenの特集ページがあります!

税込価格: ¥2,200

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2007年02月
ISBN: 9784052027284

出版社からの紹介

戦時下の厳しい生活を、支えあった家族の絆について紹介しています。出征した兄の遺志を継ぎ、家を現在まで守り続け、次代につないだ妹。軍に強制的に供出させられた家族同然の動物たちを想う飼い主の愛情。それらを絵本にしています。資料ページも収録。

ベストレビュー

家族をうしなうこと

戦争体験者の語りを絵本で紹介しているシリーズの第3巻です。
この巻は戦争に振り回される家族のことが描かれています。そして、家族の一員である愛犬についても同様だったことが書かれています。
2編の話が載っています。


第1話
「ひまわりは今も」 西川夏代:文 / 尾崎曜子:絵 
 4人兄弟の3番目で次女の私。姉が嫁ぎ、兄は徴兵で戦争に。自分は家業の農業を継ぐからと、兄に言われて学校に行かせてもらった私も軍需工場にかりだされます。
 戦争に行く兄から「家を守ってっくれ」と言われた私はの遺志を継ぐことになります。
 戦死した兄が戦地から送っていた10粒ほどのヒマワリの種。
 なぜヒマワリの種なのかは解らないけれど、その種が今もヒマワリを咲かせています。
 戦争で家族を失うことほど悲しいことはありませんが、残された者はその戦争をずっと引きずっているのですね。
 家督を継いだ坂本さんにとって、人生に曇りがないことを祈りました。

第2話
「クロをつれていかないで」 井上こみち:文 / あいのやゆき:絵
 愛犬のクロが「戦争に必要なので差し出すように」と徴用されていきます。犬にとって戦争などという意識はありません。連れて行かれる道々はしゃぎ回ったり、匂い付けをしたり…。
 最近軍事犬のドラマを見て、犬も軍事用に使われたという事実を知りましたが、誰にとっても戦争は悲惨だと再認識しました。
 井上こみちさんには戦争と犬を題材にしたお話が他にもあり、動物に対する愛情たっぷりのお話になっています。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,430円
1,320円
3,300円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

726円
440円
440円
385円

出版社おすすめ

  • まめぞうのぼうけん
    まめぞうのぼうけん
    出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ひとりぼっちの 小さな まめぞうは、大きな海へ とびだしました! 繊細な切り絵の世界は素敵です。



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

せんそうってなんだったの?3家族

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら