新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜 (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

わたしのおひめさま

わたしのおひめさま

  • 絵本
作・絵: エリサ・クレヴェン
訳: たがきょうこ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,540

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784198606268

出版社のおすすめ年齢:5歳〜

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ある日、女の子が紙におひめさまの絵を描いて、きりぬきました。とってもすてきに描けたのに、風が吹いてきておひめさまはとばされてしまいます。思いがけない冒険をすることになったおひめさま。はたして女の子にまた会えるでしょうか? 本のさいごに、自分で作るおひめさまの下絵つき。

ベストレビュー

ディズニープリンセスにはない手作りの魅力

おんなのこが、なんのイメージにも頼らず、
自分の手で生み出した、世界にただひとりのおひめさま。

そのことがまず、感動的だなぁ、と思います。

たとえば、ディズニーのプリンセスは素敵だし、
自分がこどもの時にも、確かに夢中になったのだけれど、
これだけ圧倒的な流通力で世の中に出回られてしまうと、
こどもには、完成されたものの魅力ばかりに慣れてほしくない…

そう思いながら、5歳の娘にそっと差し出してみました。

とても気に入ってくれました。
細やかに描きこまれたディテールにもしっかり目をやって、
「わたしならこのおうちに住む!」などと
本筋とはちがった冒険をも楽しんでいたようです。

お話が終わってから、巻末のおひめさまの型紙で、しっかりお姫様を作りました。
想像力をいたく刺激する一冊だと思います。
(レインドロップスさん 40代・ママ 女の子4歳、男の子2歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
694円
1,430円
1,650円
1,705円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

6,160円
1,650円
4,070円
660円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

わたしのおひめさま

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら