いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★

ぴょーん爺さんの公開ページ

ぴょーん爺さんのプロフィール

じいじ・ばあば・60代・愛知県

ぴょーん爺さんの声

12987件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ピクニック、楽しそうです  投稿日:2019/08/16
わかくさのおかで
わかくさのおかで 作: かじり みな子
出版社: 偕成社
若草色の表紙と、お花が綺麗なのでうっとりとしてしまいます。

うさぎの家族が、ピクニックに行くので、お弁当のこけももジュース

や、にんじんサンドイッチやライ麦パイ(これは美味しそう!)をも

持ってお出かけです。

「お花が きれいねえ。」とママが言うと、パパがそっとママにお花

さりげなく飾ってあげる場面が、すごくいいなあと思いました。

ママは、嬉しくなって、ラビッタちゃんとピッコラッタちゃん二人にも

花飾りをつけてくれました。素敵な家族だなあと思いました。

ピッコラッタちゃんが、迷子になるハプニングもありましたが、無事

解決できたのでほっとしました。丘の上の景色が素敵に描けて

いて、見惚れてしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 愛される喜びを感じました  投稿日:2019/08/16
ロバのジョジョとおひめさま
ロバのジョジョとおひめさま 文: マイケル・モーパーゴ
絵: ヘレン・スティーヴンズ
訳: おびか ゆうこ

出版社: 徳間書店
ロバのジョジョが、生まれて初めて人になでてもらって、喜びを

感じることが出来てよかったと思いました。

毎日たくさんのメロンを背中に山ほど積んでおやじさんに、優しく

してもらったならば、きっと仕事をするのも楽しかっただろうと思う

ので、生き物を飼っているのなら、やっぱり愛情をかけてほしいと

思いました。ロバのジョジョは、お姫様に可愛がられて、町の人の

命も救うことが出来て、読んでいてもハッピーエンドで嬉しかった

です!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 黄色い絵ばかり描く奇抜な画家!  投稿日:2019/08/15
だれのパンツ?
だれのパンツ? 作: シゲリ カツヒコ
出版社: KADOKAWA
黄色い大きなパンツも、勿論気になりますが、

黄色い絵ばかり描く奇抜な画家が気になりました。

パンツの存在は、やっぱり気になりますね。

絵も大胆で、気になるし、存在感がありました!

孫たちは、大好きな絵本だと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やっぱり、お母さんは優しい  投稿日:2019/08/15
このままじゃ学校にいけません
このままじゃ学校にいけません 文: ベン・ブラッシェアーズ
絵: エリザベス・バーグランド
訳: 福本 友美子

出版社: 犀の工房
学校に行きたくないエディですが、そんな子供に寄り添っている

お母さんが、やさしいなあと思いました。

動物に例えるのは、エディも動物好きで、優しい子だなあと思いまし

た。やっぱり、親も子供が学校に行かないとおろおろしますが、子供

の気持ちが素直に描かれていてよかったと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ザザにお姉ちゃんとして自覚!  投稿日:2019/08/15
ザザのちいさいおとうと
ザザのちいさいおとうと 作・絵: ルーシー・カズンズ
訳: 五味 太郎

出版社: 偕成社
ザザに弟が生まれて、弟は可愛いものの、嫉妬してしまう気持ち

も理解できるので、ママが、弟を抱っこさせることで、ザザにおね

えちゃんとしても自覚が目覚めます。一緒に仲間に入っていれば

おのずと愛情も芽生えるものだと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵な台湾発の絵本  投稿日:2019/08/12
カタカタカタ おばあちゃんのたからもの
カタカタカタ おばあちゃんのたからもの 作: リン・シャオペイ
訳: 宝迫典子

出版社: ほるぷ出版
おばあちゃんは、勿論ですが、孫も息子もおばあちゃんを大切に

思う気持ちが溢れているとても素敵な絵本でした。

台湾・台北生まれのリン・シャオペイさんが描かれています。

いつも使い慣れた古いミシンが壊れたのはとても残念ですが、

大切なものを新しいテーブルに生まれ変わらせたのが、愛情いっ

ぱい感じられました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい サイがんばりました!  投稿日:2019/08/12
カバ! じゃないサイ!
カバ! じゃないサイ! 作・絵: ジェフ・ニューマン
訳: 青山 南

出版社: ほるぷ出版
動物園の人が、”サイ”の看板を間違えて”カバ”と看板を立てて

しまいました。サイは、自分は、”サイ”だと頑張って自己主張して

ます。男の子が現れて{カバ?じゃない。サイ」と、看板を”サイ”

に変えてくれて、「わかってたよ。」と言ってくれた時には、サイも

そうだと思いますが、私もほっとしました。”カバ”には、”ゾウ”の

立て看板があって、カバの表情が面白くて爆笑しました。

動物園の人は、鼻歌交じりでした(笑)

ほとんど、文字はなく、絵だけですが、面白い絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんにちは  投稿日:2019/08/09
こんにちは、ばいばい
こんにちは、ばいばい 作: サトシン
絵: 北村 裕花

出版社: 神宮館
おかあさんと森の中を散歩中の男の子が、動物たちに

”こんにちは”と挨拶するのは、とても気持ちいいなあと思いました

孫が、保育園の頃は、道行く人に誰にでも”こんにちは”と、人な

つこく挨拶していたものだから、一時ちょっと心配した私でした。

今も、小学校2年になってもなかなかその癖が直らないような気

がします。とってもよいことなのに、ちょっと心配な私です。

絵本なので素直にいいなあと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素直に”ありがとう”でコミニケーション  投稿日:2019/08/08
みんなありがとう
みんなありがとう 作: サトシン
絵: 北村 裕花

出版社: 神宮館
喧嘩したり、苦手な相手もいると思うけれど、素直に


”ありがとう”を言って、コミニケーションがとれたらいいなあと

思いました。やっぱり、意識して”ありがとう”が言葉に出なかった

りすると気持的に落ち込むことがあるので、素直に”ありがとう”

を言おうと思いました。サトシンさんの優しさがいっぱい詰まった

絵本でした!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ばけたぬき姉弟のばかしあい  投稿日:2019/08/08
ぽこぼう いちねんせい
ぽこぼう いちねんせい 文・絵: 喜湯本 のづみ
出版社: 小学館
ばけたぬきの子供のぽこばうは、今日から妖術学校の1年生です。ぽこぼうには、おねえちゃんがいて、弟のぽこぼうと一緒に学校に通うのをずーっと楽しみにしてました。でも、ぽこぼうは、学校に行きたくなくて、おねえちゃんから何とか逃げようと必死で、化けてます。おねえちゃんも弟に負けまいと必死で化けてて、二人の化かしあいがとても愉快で面白かったです。ぽこばうは、上手く逃げたつもりが、学校に一番乗りで到着して先生に「やる気があって 偉い!」と、褒められて苦笑い!この続きが読みたいです!絵も楽しいです!
参考になりました。 0人

12987件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

学校に行きたくない…そんな気持ちのときに読みたい

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット