しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ぴょーん爺さんの公開ページ

ぴょーん爺さんのプロフィール

じいじ・ばあば・60代・愛知県

ぴょーん爺さんの声

11839件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 三蔵法師に出会う前の孫悟空  投稿日:2019/01/15
孫悟空
孫悟空 絵: 本田庄太郎
出版社: 講談社
新・講談社の絵本が、ずらりと並んでいたので、幾冊か図書館から借りてきました。綺麗な色彩で、登場人物等がリアルに描けています。三蔵法師が、孫悟空を助け出す前の孫悟空を描いているので、「西遊記」の物語を読む前に、「孫悟空」を読むことをおすすめします。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 黒目が気になります  投稿日:2019/01/15
一休さん
一休さん 絵: 宮尾 しげを
出版社: 講談社
お馴染みの「一休さん」ですが、表紙の黒目がちょっと不気味な感じがして気になりました。一休さんの子供のころの「とんち話」と、大人になってからの「とんち話」も工夫がしてあっていいなあと思いました。中身もやっぱり一休さんだけ黒目で塗られているのが、私には気になりました(笑)インパクトがありました(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 安寿こいしや ほうやれほ 厨子王こいしや ほうやらほ  投稿日:2019/01/15
安寿姫と厨子王丸
安寿姫と厨子王丸 絵: 須藤重
出版社: 講談社
「安寿姫と厨子王丸」は、小学生の頃に読んで、「安寿こいしや ほうられほ  厨子王こいしや ほうやれほ」と歌う盲目の母親が、哀れで頭から離れなくなってしまいました。その場面を思いフ出すと涙が止まりませんでした。幾つになっても、母親が子供を案じる思いが伝わってきて、涙が出てしまいます。ハッピーエンドがわかっているから、安心して読めました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ”ばばあ汁”が、登場しなかったのが、一番よかったです  投稿日:2019/01/15
かちかち山
かちかち山 絵: 尾竹国観
出版社: 講談社
お馴染みの「かちかち山」ですが、この絵本は残酷なのであまり好きではないのですが、たぬきがおばあさんを騙して殺してしまって”ばばあ汁”の登場がなかったのが、私は一番よかったです。
気になったのが、おじいさんが、たぬきを担いで家に戻る場面ですが、おじいさんの”目”の描き方がちょっと怖くて私は、好きではありません。(?)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 仇討ち  投稿日:2019/01/15
曾我兄弟
曾我兄弟 作: 千葉 幹夫
絵: 布施長春

出版社: 講談社
曾我兄弟が、父親の仇討ちだけに、一生を捧げたと思うと私には理解出来ないなあと思うばかりです。11歳と9歳の兄弟が、首を切られる前の最後に母に言い残す言葉が、ふたりがにっこり笑って「怖がらずに、切られたと、母上にお伝えください」だった。母親は、兄弟の仇討ちを喜びながらも二人が死んでしまったことを深く悲しんだ。せっかく、処刑が中止になって助かった命だからと思いますが、きっと仇討ちに、命をかける人生だっただろうと思うと切ないです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 願いを叶えることができてよかったです  投稿日:2019/01/15
孝女白菊
孝女白菊 作: 千葉 幹夫・講談社
絵: 富田千秋

出版社: 講談社
初めて読む「孝女白菊」でした。白い白菊の中に捨てられていた赤ちゃんが、大切に育てられて、育ててもらった母親の願い通りに、ハッピーエンドでよかったなあと安堵した私でした。兄上様となる昭英と父昭利との無事の再会をはたし、親子三人の楽しい暮らしが待っている、本来あるべき幸せが掴めてよかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 美しい女神  投稿日:2019/01/15
白鳥のコタン
白鳥のコタン 文: あんどうみきお
絵: みずし すみこ

出版社: ポプラ社
コタンの酋長たちの大きな戦がおこってコタンには、誰も住めなくなるほど荒れています。酋長の息子のイクレシェだけが生き残ったので、優しい美しい白鳥の女神が、空から降りてきてアイヌの娘になってねえさん代わりになってイクレシェの面倒をみます。イクレシェがだんだん大きくなって立派な若者に育った頃に、コタンの山が元のように美しくなったと聞いて、こっそり遠くへ逃げていたアイヌたちもまたコタンへ戻ってきたので、空に戻るように白鳥の女神は国づくりの神に言われます。雷の神が、イクレシェが「あねぎみを空へ帰さない」と我がままを言ったことで、雷の神の怒りをかって、イクレシェを守る為に、沼に飛び込んでしまったのでした。美しい白鳥の女神は、優しくて心まで美しかったです。一人ぼっちになった幼いイクレシェをどうしても見捨てれなかったから、後悔はしてないと思うけれど、なんだか切なかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ママの愛情  投稿日:2019/01/14
ママのキスは、ね
ママのキスは、ね 作: ジャネット・ロウラー
絵: アリソン・ジェイ
訳: 成沢栄里子

出版社: BL出版
ママの愛情を、色、小石、ほうき星、お花、雨粒、どんぐり、雪、毛布にたとえて愛情いっぱいが感じられる言葉が心地よいです。2歳の孫が、最近べたべたの口でキスをしてくるので、嬉しいですが、顔中べたべたになって困ってます(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 桃太郎は、ハンサムです  投稿日:2019/01/14
桃太郎
桃太郎 絵: 齋藤五百枝
出版社: 講談社
表紙の「桃太郎」が、とてもりりしくてハンサムだったので、図書館から借りてきました。お馴染みの桃太郎ですが、おじいさん、おばあさんもとてもリアルに描いてあるのもいいなあと思いました。とても綺麗な丁寧な描写を楽しみながら読めました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大勢で「だるまさんがころんだ」を放課時間によくやりました  投稿日:2019/01/14
しんけんしょうぶ だるまさんがころんだ
しんけんしょうぶ だるまさんがころんだ 作: 武田 美穂
出版社: ほるぷ出版
懐かしい遊びなので、図書館から借りてきました。確かに真剣に遊んでいたけれど、殺気が感じれるくらい真剣な男の子二人にびっくりしてしまいました(笑)二人だけで、遊べれるんだとちょっと感心してしまいました。大勢で遊んだなあと、とても懐かしかったです。
参考になりました。 0人

11839件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

ママ・パパが感動で涙。全米100万部突破の絵本、ついに邦訳!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット