新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

クッチーナママさんの公開ページ

クッチーナママさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女の子16歳 女の子13歳 男の子11歳

自己紹介
母親になってよかったなと思うことの一つに、多くの素晴らしい絵本と出会えたことがあります。子どもを持つまでは知らなかった絵本の世界に、今は自分が一番どっぷりとはまっています。我が家には3人の子どもがいますが、長女はいわゆる本の虫。暇さえあれば一人で本を開いています。小学生になってからは読み応えのある児童書をガシガシ読んでいます。次女はナンセンス絵本が大好き。物語よりも絵やリズムを楽しむタイプのようです。乗り物大好きな長男は、やはり今は電車や車の本が好き。男の子の冒険ファンタジーなどをこれからたくさん読んであげたいです。
好きなもの
エッツ、ハッチンス、センダック、マックロスキー、バーニンガム、ベスコフ、フランソワーズ、リンドグレーン、バーバラクーニー、クエンティンブレイク、長新太、かがくいひろし、中川李枝子、五味太郎、せなけいこ、松岡享子、たかどのほうこ、柳原良平、安野光雅。
ひとこと
2011年の10月からこちらでレビューを書き始めました。
絵本の感想投稿も1000件を超え、ますます絵本と絵本ナビの魅力にはまっています。
ブログ/HP
絵本好きが高じて、ブックカフェを開くことにしました。まだまだ発展途上ですが、大人も子どももホッと一息できる空間を模索し続けたいと思っています。
Facebookページでは、「店主の絵本365日」と題して、ほぼ毎日、絵本の紹介をしています。ぜひ遊びにきてください。

クッチーナママさんの声

5437件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい チェコのお話  投稿日:2021/02/19
きつねものがたり
きつねものがたり 作・絵: ヨセフ・ラダ
訳: 内田 莉莎子

出版社: 福音館書店
タイトルやその佇まいはとても地味なのに、中身はとびきり楽しい絵本です。
チェコの絵本らしく、おしゃれでユーモラス。
きつねが物語の真似をして失敗したり、人間をうまく騙したり。
きつねがずる賢いだけでなく、ちゃんと役に立つというのも、面白いです。
お話の途中に、カラーの挿絵が差し込まれているところも、レトロでいいなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい まんまるねんね  投稿日:2021/02/18
ねんね
ねんね 作・絵: さえぐさ ひろこ
出版社: アリス館
いろんな動物たちの寝顔が楽しめる写真絵本です。
やまねのねんねは、まんまるねんね。
と、耳にも心地よいリズム良い文章が添えられています。
しろくま。
かば。
キリン。
ライオン。
どの顔も愛らしくて癒されます。
同じシリーズの「いいおかお」もオススメです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい うさぎの意外な一面?!  投稿日:2021/02/18
うさぎのみみはなぜながい メキシコ民話
うさぎのみみはなぜながい メキシコ民話 作・絵: 北川民次
出版社: 福音館書店
いつも仲間のけものにいじめられているうさぎが、神様に、もっと大きくて強い体をくださいとお願いします。
神様はとらとわにとさるを殺して皮を持ってきたら、願いを叶えてやろうと答えます。
メキシコ民話のなぜなぜ話を元にした絵本です。
色合いは地味なのに、とても印象的な絵。
うさぎの意外な一面?が見れて、面白かったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人っぽいイラスト  投稿日:2021/02/17
空のひしゃく 北斗七星
空のひしゃく 北斗七星 作: E.C.クラップ
絵: R.R.クラップ
訳: 藤田 千枝

出版社: 岩波書店
大人っぽい表紙のイラストに惹かれて、手に取りました。
北極星と北斗七星について、いろいろな国の神話などを交えて詳しく語ってくれます。
天文の知識もユーモラスに語られていて、大人も読み応えがありました。
落ち着いた色合いの絵が、星の輝きを際立たせて、迫力あります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おめかしのドレス  投稿日:2021/02/17
よもぎだんご
よもぎだんご 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
ばばばあちゃんの、特にお料理のお話が大好きです。
これまでも、焼き芋や、おもちつきの絵本を読みましたが、こちらは、これからやってくる春にぴったりのお話です。
子供たちとばばばあちゃんが、野原に春の草を取りに出かけます。
そして摘んだヨモギでヨモギだんご作りをするのです。
ヨモギだんごは、食べるのは大好きなのですが、作ったことはありません。
手作りのよもぎだんごは、香りもたって美味しいだろうなぁと思いました。
よもぎだんごを作るのは、自分のお誕生日だからというお茶目なばばばあちゃん。
おめかしのドレスも素敵でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 春が待ち遠しくなる  投稿日:2021/02/17
れんげのおきゃくさま
れんげのおきゃくさま 作: 七尾 純
写真: 久保 秀一

出版社: 偕成社
タイトルに惹かれて、手に取りました。
れんげの花にやってくる小さな虫たちの姿を、写真でおった絵本です。
てんとう虫に、ミツバチ、ちょうちょもやってきます。
身近な植物や虫たちの姿を写真で見ると、意識して実際に会いたくなります。
春が待ち遠しくなる絵本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 黒の背景にくっきりと  投稿日:2021/02/17
しょくぶつ・すくすくずかん (1) イチゴ
しょくぶつ・すくすくずかん (1) イチゴ 作: コールドリィ
写真: バーナード
訳: 舟木秋子

出版社: 評論社
いちごの絵本は色々とありますが、こちらはいちごの写真絵本です。
いちごの1年を、いろんな角度から写した写真と図で、丁寧に紹介しています。
芽や花、茎の細い毛まで。
アップで写した写真は、迫力があります。
黒色を背景にして、くっきり写し出されたいちごは、つやつやで美味しそうでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 畑で大騒ぎ  投稿日:2021/02/16
はたけのともだち
はたけのともだち 作・絵: 田島 征三
出版社: 童心社
「とべバッタ」や「ふきまんぶく」など、田島征三さんのダイナミックな絵本が大好きです。
こちらは、ユニークなナンセンス絵本。
きれいずきなおじいさんの畑で、野菜たちがきちんと並んでいます。
でも、おじいさんが一寝入りしている間に、賑やかな大合奏が始まったかと思うと、みんなで踊って大騒ぎ。
その様子は、とてもおおらかで、見ていて気持ちよかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ダイナミックな絵  投稿日:2021/02/16
ふきまんぶく
ふきまんぶく 作・絵: 田島 征三
出版社: 偕成社
ふきまんぶくとは、西多摩地方の言葉でふきのとうのこと。
主人公のふきちゃんが、山に一か所光るところを見つけ、星だと思って拾いに行くのですが、それはふきの葉に光る夜露でした。
誰もいない夜の山でふきたちと遊ぶふきちゃん。
やがて春が来て…
毎年、ふきのとうが芽吹く頃になると、この絵本のことを思い出します。
田島征三さんの絵が、おおらかでダイナミックで、引き込まれます。

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あなたはひとり  投稿日:2021/02/16
ひろい ひろい ひろい せかいに
ひろい ひろい ひろい せかいに 作: ルイス・スロボドキン
訳: 木坂 涼

出版社: 偕成社
「てぶくろがいっぱい」や「やさしい大おとこ」など、ルイス・スロボドキンの絵本が大好きです。
こちらは、楽しいイラストをたっぷりと楽しめる作品です。
夜空の星、犬、車、帽子…
この世界にあるたくさんのものを集めて、見せてくれます。
いーっぱいの繰り返しが楽しいです。
そして最後には、一つしかないものを。
「あなたはひとり あなたしかいない」のセリフに、ジーンとしちゃいました。
参考になりました。 0人

5437件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話

全ページためしよみ
年齢別絵本セット