あかちゃんごきげん しゃかしゃか あかちゃんごきげん しゃかしゃか
作・絵: 新井 洋行 監修: 山口 真美  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
うごくピーズに、赤ちゃんにっこり! 絵本作家・新井洋行さんのラトル絵本!

クッチーナママさんの公開ページ

クッチーナママさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女の子16歳 女の子13歳 男の子10歳

自己紹介
母親になってよかったなと思うことの一つに、多くの素晴らしい絵本と出会えたことがあります。子どもを持つまでは知らなかった絵本の世界に、今は自分が一番どっぷりとはまっています。我が家には3人の子どもがいますが、長女はいわゆる本の虫。暇さえあれば一人で本を開いています。小学生になってからは読み応えのある児童書をガシガシ読んでいます。次女はナンセンス絵本が大好き。物語よりも絵やリズムを楽しむタイプのようです。乗り物大好きな長男は、やはり今は電車や車の本が好き。男の子の冒険ファンタジーなどをこれからたくさん読んであげたいです。
好きなもの
エッツ、ハッチンス、センダック、マックロスキー、バーニンガム、ベスコフ、フランソワーズ、リンドグレーン、バーバラクーニー、クエンティンブレイク、長新太、かがくいひろし、中川李枝子、五味太郎、せなけいこ、松岡享子、たかどのほうこ、柳原良平、安野光雅。
ひとこと
2011年の10月からこちらでレビューを書き始めました。
絵本の感想投稿も1000件を超え、ますます絵本と絵本ナビの魅力にはまっています。
ブログ/HP
絵本好きが高じて、ブックカフェを開くことにしました。まだまだ発展途上ですが、大人も子どももホッと一息できる空間を模索し続けたいと思っています。
Facebookページでは、「店主の絵本365日」と題して、ほぼ毎日、絵本の紹介をしています。ぜひ遊びにきてください。

クッチーナママさんの声

4343件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う どんな展開?!  投稿日:2020/07/05
カメヤマカメタの一がっき
カメヤマカメタの一がっき 作: ふなざき よしひこ
絵: なんけこうじ

出版社: 草土文化
超のんびり屋の「カメヤマカメタ」。
朝ごはんはお昼までかかるし、お風呂も半日入っているくらい。
「入学式にきてください」というお手紙が校長先生から届き、張り切って出かけるのですが、なかなか学校が見つかりません。
ライオンの学校、ネズミの学校、カラスの学校でたくさんの勉強をしながら、やっと目指す学校に着くのです。
そんな展開?!とラストは驚く方向に。
回り道も悪くないと思えるお話でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 緻密なイラスト  投稿日:2020/07/05
あげは
あげは 作・絵: 小林 勇
出版社: 福音館書店
アゲハチョウがたまごを産み、育て、命を繋いでいく様子を、緻密なイラストでリアルに表現されています。
原寸大や、拡大したものがあり、より細かく見ることもできます。
実際に目の前で観察しているような気分です。
1枚の葉っぱに1個の卵を産むことなど、知らないことがたくさんあって、大人も勉強になりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いしが小鳥に  投稿日:2020/07/05
いしころ
いしころ 作: 森 宏詞
構成: 京田 信太良
撮影: 平光 紀雄

出版社: 文研出版
いしの色や模様を上手に生かしていしに絵を描く。
すると石ころが、小鳥になったり、オットセイになったり、車になったりします。
写真と絵の組み合わせが、とても素敵でした。
何に見えるか、クイズのようにして楽しむのもいいかもしれません。
自分もいしに絵を描いてみたくなりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 憎々しいほど悪い  投稿日:2020/07/05
いじわるブッチー
いじわるブッチー 文: バーバラ・ボットナー
絵: ペギー・ラスマン
訳: ひがし はるみ

出版社: 徳間書店
表紙の女の子が、見るからに意地悪そうなのが、なんかいいです。
外見だけじゃなく、本当に憎々しいほど、悪いのです。
いじわるな子の絵本というのは、今、他にあまりないので、逆に貴重かなと思います。
そんないじわるな子に立ち向かう主人公。
よく頑張った!と、こちらも嬉しくなるお話です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 見返し部分に選手名鑑  投稿日:2020/07/04
それゆけ! きょうりゅう サッカー大決戦
それゆけ! きょうりゅう サッカー大決戦 作: リサ・ホィーラー
絵: バリー・ゴッド
訳: ゆり よう子

出版社: ひさかたチャイルド
派手派手な色のイラストに惹かれて手に取りました。
肉食恐竜チーム「ガブリーズ」と、草食恐竜チーム「べジーズ」のサッカー対決。
たたみこむ実況中継で、迫力満点です。
見返し部分に、チームの選手の名前と背番号と守備位置、キャッチフレーズなどが書かれていて、選手名鑑をみているようで面白かったです。
同じシリーズで野球バージョンもあるようなので、ぜひ読んでみたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい シンプルだけど深い  投稿日:2020/07/04
ブルーナの絵本 ろってちゃん
ブルーナの絵本 ろってちゃん 文・絵: ディック・ブルーナ
訳: まつおか きょうこ

出版社: 福音館書店
友達3人がボール遊びをしているところに、車椅子に乗ったろってちゃんがやってきます。
友達の一人が「一緒にボールあそびしない?」と誘いますが、今まで楽しくやっていた他の二人は、微妙な感じ。
でも一緒に遊ぶと、ろってちゃんはボール投げが上手で、「ろって、なかなかやるじゃない」と、みんな楽しさ倍増でした。
さらっとお説教くさくなく描いているところが素敵。
シンプルだけれど、深いお話だなと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 秘密の忍者大運動会  投稿日:2020/07/04
にんじゃつばめ丸
にんじゃつばめ丸 作: 市川真由美
絵: 山本 孝

出版社: ブロンズ新社
山本孝さんの絵に惹かれて手に取りました。
普通の家の普通の家族が、実は忍者だった!というワクワクする設定のお話です。
富士山の火口で行われる、秘密の忍者大運動会のため、父の指導を受けて、つばめ丸は苦手な術の練習をします。
テンポの良い七五調のリズムで、楽しく読めました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぞうはすごい!  投稿日:2020/07/04
ぞうの金メダル
ぞうの金メダル 作: 斉藤 洋
絵: 高畠 那生

出版社: 偕成社
高畠那生さんの絵本が親子で大好きなので、読みたいと思いました。
いつもは火事を消しているぞうが、オリンピックで大活躍するお話です。
重量挙げ、円盤投げなど力を発揮できる種目の金メダルはもちろん、団体競技でもチームのために頑張ります。
水泳競技にまで出場し、大丈夫か?と思ったら、なんともすごい荒技で、こちらも金メダルをゲット!
それでも、いたって謙虚なぞうに、あっぱれです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う みんなでかけっこは楽しい  投稿日:2020/07/04
かけっこ かけっこ
かけっこ かけっこ 文: 中川 ひろたか
絵: 北村 裕花

出版社: 講談社
「かけっこかけっこ」と僕が走っていると
「ぼくもいれて」と、黒い羽の足の長いダチョウが追いかけてきます。
「いいよ」
そこからは、この繰り返し。
ゴリラやクマ、うさぎたちが次々「いれて」とやってきます。
みんなでかけっこは楽しそう。
途中にある給水所の飲み物や食べ物も、それぞれ、自分にあったものを選んでて笑えました。
なんだか、体を動かしたくなる絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 草原の子  投稿日:2020/07/04
ムルンとサルタイ
ムルンとサルタイ 作: うだ さちこ
絵: わかやま しずこ

出版社: リーブル
モンゴルでは、年に1度夏に「ナーダム」というお祭りが開催され、そこで、弓・相撲・競馬の3つの競技が行われる。
背丈の低いモンゴル馬にまたがるのは、体重の軽い子供。
8歳になったムルンが、ナーダムの競馬に出ることになり、相棒のサルタイとともに訓練に励みます。
家族の応援や、支えによって、ムルンの成長する姿が見られます。
「ムルン、おまえはやっぱり草原の子だ!」という家族の笑顔が印象的でした。
参考になりました。 0人

4343件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット