話題
かむもかまぬも神だのみ めちゃヘンな早口ことば

かむもかまぬも神だのみ めちゃヘンな早口ことば(小学館集英社プロダクション)

これ、言える? 言えたらヒーロー! みんなで遊べる! 一瞬で噛んじゃうヘンテコ早口ことば!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる

ちびっこおばちゃま

その他の方・40代・京都府、男の子4歳

  • Line

ちびっこおばちゃまさんの声

901件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい おもしろい!  投稿日:2024/04/16
ライオンのすてきないえ
ライオンのすてきないえ 作・絵: 西村 敏雄
出版社: Gakken
ライオンの家と聞くだけで、なんだかとっても豪華な家を思い浮かべてしまいます。
ですが、大工のサルくんの代わりに、豚さんやシマウマさんたちが勝手に家を建て始めてしまい、どんな家になるのやらとハラハラ。
出来上がった家は、よく見ると、手伝った動物たちの特徴が現れていて、とってもステキな仕上がりに。
西村敏雄さんの挿絵が味わいがあって、楽しく読むことができました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろい!  投稿日:2024/03/21
どうぶつ でんしゃ
どうぶつ でんしゃ 作・絵: 西村 敏雄
出版社: あすなろ書房
0歳さんから読めそうな、繰り返し絵本です。
パンダの形をした電車、ライオンの形をした電車など、絵を見たらすぐにどの動物が乗っているかわかりそうな簡単な絵本なのですが、息子もお気に入りです。
ゆるりとした癒やし系の挿絵が魅力的です。
動物好き、電車好きのお子さんにはオススメです!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大好きな絵本  投稿日:2024/03/18
しろちゃんとはりちゃん
しろちゃんとはりちゃん 作・絵: たしろ ちさと
出版社: ひかりのくに
しろちゃんとはりちゃんシリーズは、本当にかわいくて、息子も私も大好きです。
仲良しのしろちゃんとはりちゃんは、いつもちょっとしたことでケンカをしてしまいます。
今回はカレーに入れる具材のことでケンカになるのですが、お話の展開がわかっていても、息子はいつもちょっと心配そうに聞いています。
息子の様子を見ていると、感情移入できるようになったんだなぁと成長を感じました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいい!  投稿日:2024/03/15
はっきよい畑場所
はっきよい畑場所 作・絵: かがくい ひろし
出版社: 講談社
かがくいひろしさんの特集を見て、絵本を読み漁っています。
こちらの絵本も、とにかくかわいい!
野菜たちのお相撲勝負ですが、玉ねぎの皮がむけて、ニンジンが負けちゃったり、きゅうりのイボイボが痛くて、ナスが負けちゃったり。
どの勝負もなかなかの名勝負なんですが、かわいい挿絵の効果もあって、ついつい笑ってしまう絵本でした。
かがくいひろしさんの挿絵は、本当に癒やされます!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 他の作品も読みたい  投稿日:2024/03/11
みんなの くまくまパン
みんなの くまくまパン 作: 西村 敏雄
出版社: あかね書房
西村敏雄さんの挿絵が好きで、いろいろと探しています。
くまさんとしろくまさんのパン屋さんが、カバの王様のところでパンを作るお話です。
カバの王子が特別扱いされるのが嫌いだという場面では、なかなかしっかりした王子さまだなと、大人目線で見てしまいました。
くまさんとしろくまさんが作るパンはどれもかわいくて、おいしそうでした。
他のシリーズも読んでみようと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 耳掃除させて!  投稿日:2024/03/11
みみかきめいじん
みみかきめいじん 作・絵: かがくい ひろし
出版社: 講談社
4才の息子は、耳掃除が大嫌いで困っていました。
図書の紹介で、かがくいひろしさんの特集がくまれていた中で、こちらの絵本を発見!
藁にもすがる思いで、息子に読み聞かせしてみました。

耳掃除をしてもらったゾウさんが、気持ち良すぎて溶けてしまう場面では、息子は大爆笑。
「これなら、耳掃除をさせてくれるかな」と思ったのですが、それとこれとは別物だったようで、耳掃除では大泣きされました…。

なかなか耳掃除を扱った絵本はないので、耳掃除でお困りの方。
一度試してみる価値はあると思います!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろい!  投稿日:2024/03/11
バナナンばあば
バナナンばあば 作: 林 木林
絵: 西村 敏雄

出版社: 佼成出版社
西村敏雄さんの絵本が大好きで、いろいろ読んでいます。
こちらの絵本はバナナの三姉妹が登場するのですが、メガネの色とシミの数で見分けるところがおもしろいです。
最初は一つの房にくっついていた三姉妹ですが、ケンカをして、バラバラになってしまいます。
三姉妹は、それぞれ思い思いの場所に旅に出るのですが、離れてしまっても、やっぱり姉妹。
気が強くて、本当は気が合う三姉妹のやり取りがおもしろい絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ルラルさんに目がない!  投稿日:2024/03/09
ルラルさんのえほん(1) ルラルさんのにわ
ルラルさんのえほん(1) ルラルさんのにわ 作: いとう ひろし
出版社: ポプラ社
ルラルさんシリーズの一作目ですが、読み聞かせ始めた瞬間、息子が「目がない!」と叫んでいました。
あとの作品を先に読んでいたこともあり、ルラルさんの表情が違うことに気付いた息子。
最初の頃のルラルさんは、少し意地悪だったんですね?。
でも最後にはいつものルラルさんの顔が登場したので、二人で「いつものルラルさんや?」と笑っていました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う かわいい雨粒ちゃん  投稿日:2024/03/08
あめのひしょくどう
あめのひしょくどう 出版社: 世界文化社
ほしの食堂のシリーズは、いつも不思議なお客さんが登場します。
今回のお話では雨粒ちゃんたちが登場し、雨の国に向かいます。
雨の国の野菜たちは、どことなくしずくの形をしていて、ほしのさんと猫のとらちゃんが作る料理もしずく形のかわいい料理でした。
ほのぼのとしたお話だと思います。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない う〜ん…  投稿日:2024/03/08
おならしたのだぁれ?
おならしたのだぁれ? 作: 加納徳博
出版社: サンクチュアリ出版
他のサイトでは好評価のようですが、私は好きにはなれませんでした。
ひたすら、おならの音を表現しまくった絵本なのですが、この絵本を読まなくても、お年頃の息子は「おなら、ぷっぷ〜」と歌い踊りまくっているので、これ以上刺激する必要はないかなと…。
この絵本を読めば、子どもは大喜びして、おならを連呼すること間違いなしだと思います。
参考になりました。 0人

901件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

出版社おすすめ

  • はるのおくりもの
    はるのおくりもの
    出版社:日本標準 日本標準の特集ページがあります!
    雪を見たいカエルと見せてあげたいキツネとウサギ。心あたたまるお話を美しい四季の絵にのせてお届けします

全ページためしよみ
年齢別絵本セット