新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる

TOP500

やまわらう

ママ・30代・香川県、女の子3歳

  • Line

やまわらうさんの声

3287件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う まどさんワールド  投稿日:2024/05/11
くうき
くうき 作: まど・みちお
絵: ささめや ゆき

出版社: 理論社
まどみちおさんの、こういうタイプの詩は好きです。こういうタイプというのは、物理的な自分と物理的な世界や宇宙が、時空を越えて溶け合っていくような、存在とは何か?と問われているような詩のこと。個人的にはテキストだけで味わいたいかな。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う テントウムシ  投稿日:2024/05/11
あ! てんとうむし
あ! てんとうむし 作・絵: とうごう なりさ
出版社: 福音館書店
虫が苦手な人でも、テントウムシが手をはうのなら大丈夫っていう人もいるかもしれません。私がそうでした。ツルッとした丸い背中に、ポップなデザイン。かわいい虫の代表では!そんなテントウムシとの出会いが書かれた小さい子向けの絵本です。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 絵がすてき  投稿日:2024/05/11
いい一日ってなあに?
いい一日ってなあに? 作: ミーシャ・アーチャー
訳: 石津 ちひろ

出版社: BL出版
どんな日がすてきな日か聞いてまわる男の子。その人その人にとって、ステキな一日の答えが違います。その答えは、どれも大きな出来事ではなくて、日常のとてもささやかで、当たり前のこと。その当たり前がどんなに幸せか感じさせてくれる絵本です。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 小さな絵本になぞなぞたくさん  投稿日:2024/04/30
たのしいこと なあに?
たのしいこと なあに? 作: いしづ ちひろ
絵: たかばやしまり

出版社: フレーベル館
お話の間に、とてもかんたんな、なぞなぞの問題と解答がでてきて、お話がすすんで行きます。手のひらにはいる小さな絵本です。絵の中から、なぞなぞの答えをみつけるのも楽しいです。親子のコミュニケーションによい絵本ですね。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 低学年でも読めるミステリー  投稿日:2024/04/29
ミルキー杉山のあなたも名探偵 6 なんだかんだ名探偵
ミルキー杉山のあなたも名探偵 6 なんだかんだ名探偵 作: 杉山 亮
絵: 中川大輔

出版社: 偕成社
低学年でも読めるミステリーもの。1冊に3つの事件があって、問題編と解答編に分れている。文字だけでなくイラストをたよりに謎を解くので、ミステリー初心者の読者でも読みやすいかも。シリーズが30冊近くある。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 3つの事件  投稿日:2024/04/29
ミルキー杉山のあなたも名探偵(23) あいがあれば名探偵
ミルキー杉山のあなたも名探偵(23) あいがあれば名探偵 著: 杉山 亮
絵: 中川 大輔

出版社: 偕成社
長〜いシリーズ。ミルキー杉山探偵の事件簿。1冊のなかに3つの事件があって、それぞれに問題編、解答編がある。解答編を読む前に自分で推理して予想するのが楽しい。主人公のミルキー杉山は、きっと著者の杉山亮さんご自身がモデルですよね。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 愛嬌あるヒョウの姿  投稿日:2024/04/27
のせてくださいな
のせてくださいな 作: みやけ ゆま
出版社: BL出版
大きな黒いヒョウ。見た目とはうらはらに、人間の子どものように、のりものに乗りたい願望が!!バスやタクシーやスクーター、いろんな乗り物に頼み込んで乗せてもらいます。ところが…。ヒョウの姿がオモシロカワイイです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う とても素敵な絵本に出会った  投稿日:2024/04/27
森のなかの小さなおうち
森のなかの小さなおうち 作: エリザ・ウィーラー
訳: ひらおようこ
監修: 三辺 律子

出版社: 工学図書
お父さんを亡くした一家。住む家もなくさまよっていると、森の中の小さなみすぼらしい小屋を見つける。そこで暮らすことにした一家。貧しいなかで、自然界の恵みを受けて、豊かに暮らす。その暮らしぶりがとても素敵です。美しい絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 元気がもらえるお話  投稿日:2024/04/27
リパの庭づくり
リパの庭づくり 作・絵: 福井 さとこ
出版社: のら書店
元気をもらえるようなお話でした。主人公の女の子、リパは腕のいい庭師です。飼い猫がいなくなって、元気がなく庭も荒れ放題のおばあさんの庭を手入れしてあげることに。どんどん美しくなっていく庭に、読んでる自分も気持ちが前向きになっていきます。絵も素敵です。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 夢があります  投稿日:2024/04/27
ともだちつれてよろしいですか
ともだちつれてよろしいですか 作: ベアトリス・シェンク・ド・レーニエ
絵: ベニ・モントレソール
訳: わたなべ しげお

出版社: 童話館出版
古風な語りの絵本です。ぼくは何故か、お城の王さまとお妃さまから招待を受けます。ぼくは、毎回、ともだちをつれていっていいですか?と聞きます。王さまとお妃さまは必ずいいですよと言います。さて、ぼくの友だちとは?どんな友だちも受け入れる王さまとお妃さまがステキです。
参考になりました。 0人

3287件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット