新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

テーマの検索結果

現在の検索条件

10歳

109件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

クリスマスに読みたい絵本

クリスマスプレゼントには絵本を―。大人になった今でも、この日が近づいてくると何だかソワソワしてしまいます。気分を盛り上げてくれるクリスマスの絵本はたくさん出ています。楽しいクリスマスを過ごすための絵本、静かなクリスマスを味わう絵本、子どもたちの大好きなサンタさんやクリスマスツリーが活躍するお話、そし…

初心者でも安心!定番読み聞かせ絵本

「初めての読み聞かせ、何を読んだらいいの?」「読み聞かせに挑戦してみたい!」 そんな方のために、長くおはなし会で愛用され、子ども達に喜ばれてきた定番絵本を集めました。まずはこの中で、対象の子ども達の年齢に合ったもの、読み手自身が面白いと思う作品、読み手の声に合った作品という観点から、読みたい絵本を…

平和を考える絵本

戦争の記憶と平和の大切さを伝える、長く読み継がれるロングセラー絵本から、今の子どもたちにも無理なく読め、理解が深まる新しい絵本までをしっかりとご紹介します。平和を強く守っていくために大切なのは、戦争を昔起きた過去のこととしてとらえるのではなく、自分事としてどうとらえることができるかということ。そのた…

読み聞かせおすすめ絵本(小学校中学年向け)

長いお話でも楽しめる小学校中学年の子どもたち、簡単な絵本では物足りないだろうし、かと言って難しすぎるものでも退屈してしまいそうだし……。どんな絵本を選んだら、楽しく集中して聞いてくれるか悩みますよね。 またこの時期には、ぜひ日本や世界の民話・昔話や長く読み継がれている昔からの名作絵本もたくさん伝え…

「死」と向き合う絵本

大切な人との死別、その悲しみの深さは当人にしかわからないもの。どうやって向き合えばいいのか、この答えがわかる人だっていません。それなのに、それは大人も子どもも関係なく、誰にでも突然やってくる出来事なのです。絵本の中にもやっぱり答えはありません。それでも、どこかのタイミングで心を包んでくれることがある…

まず読むならこれ!高学年におすすめの本(男の子向け)

小学5、6年生ともなると、本が好きで日常的に本を読む子、本に興味がなくあまり読まないという子、など本との関わり方の傾向がはっきりしてきますね。とくに男の子で本をほとんど読まない、という場合、どんな本だったら読んでみようかな、とやる気になったり、本って面白い! と感じることができるのでしょうか。 こ…

障がいを考える絵本

障害(ハンディキャップ)については、知らないとどう接してよいかわからないもの。 誤解から、または無意識に、本人や家族の方を傷つけてしまうことも多いのではないでしょうか。 様々な障害について、理解の助けとなる絵本をピックアップしました。 当事者、関係者の方だけでなく、広く皆さんに読んでいただける…

かず・さんすうの絵本

大人になると実感するのは、算数・数学に苦手意識を持ってしまうと、なかなかぬぐえないってこと。そんな意識がめばえる前に「かず・さんすう」の世界の楽しさを伝えてくれるのがこんな絵本。数をかぞえる本から始まって、算数が楽しくなる絵本、数学の考え方に触れる絵本まで。理数系の得意な方にセレクトしてもらうのも一…

2021年 読書感想文・課題図書

2021年の課題図書に選ばれたのはどんな作品? 絵本も読み物も、たちまち惹き込まれる、読みごたえのあるラインナップが揃いました。それぞれのテーマについて考えるきっかけとなる物語から、生き物の生態や絶滅問題、植物学者や科学者の生き方を知るノンフィクション作品まで、新しい発見や学びに繋がることでしょう。…

2020年 読書感想文・課題図書

2020年の課題図書に選ばれたのはどんな作品? 今年もバラエティ豊かに、物語の本を始めとして、環境問題、平和について考える本、伝記など幅広い内容の本が揃いました。読書感想文に向けて読んでみるだけでなく、ぜひ夏の学びや楽しむための読書として手に取ってみて下さいね。

どんどん揃えたい!読み物シリーズ(中学年)

中学年向け読み物シリーズには、魅力的な主人公がたくさん登場します。魔女の女の子や、おてんばな女の子、ユーモアたっぷりの男の子、冒険家のネコ、動物としゃべれるお医者さんなど…。また、お話の幅も世界もぐーんと広がっていくのも特徴です。豊富にあるシリーズの中から、ぜひ自分にぴったりのシリーズを見つけてみて…

冒険へ出よう!

さあ、お部屋を飛び出して冒険にでかけよう! 空想の冒険から実際の山登りまで、どんな冒険でも帰ってきた時にはなにかが変わっているはず。

いじめを考える本

「いじめ」。子どもも大人も立場は違えど、誰もが1度は悩んだ経験があるのではないでしょうか。それほど身近に存在しているいじめ問題。もしいじめられる側になったら、いじめを見る側になったら、いじめる側になってしまったら…どうすれば良いのでしょう。いじめについてさまざま考えたり、親子で話すきっかけを作りたい…

絵本の中の美味しいレシピ

絵本や童話に登場する美味しそうなあの料理を食べてみたい! そんな願いを叶えてくれるレシピが載っている絵本をあつめてみました。 お菓子、ケーキ、スープ、サラダなどなど・・・美味しそうなメニューがいっぱい。

新作&人気カルタ特集

「カルタ」というと、お正月の時期が近づくと思い出される遊びのイメージが大きいですね。 でもそれでは勿体ない!意外と小さな子でも喜んで遊ぶものです。特に「あいうえお」に興味を持ち始めた頃にはとっても効果的。絵を見ながら、一生懸命文字を探すうちに自然と覚えちゃった・・・なんてことも。 また、…

名作のとびら(高学年向け)

読み応えのある児童文学作品は、たちまちお話の世界にひきこみ、読み終えた後に大きな感動を呼び起こす力があります。こちらでは小学校高学年の子どもたちにぜひ出会ってほしい、ロングセラーの名作を集めました。

戦争・平和のとびら(読み物)

小学生から大人の方におすすめの、戦争と平和を考える読み物を紹介するテーマページです。ロングセラーから新刊まで、戦争の記憶と平和の大切さを次の世代に伝えていくために、児童文学の作家たちや戦争体験者より、毎年、あらゆる表現が駆使された戦争を伝える本が届けられています。作品を通して、戦争が毎日の暮らしをど…

2017年 読書感想文・課題図書

夏休みの宿題の定番といえる読書感想文。課題図書のラインナップを見るといろいろな本が選ばれていて楽しそう。でもいざ書くとなると、どの本でどう書くか悩みの種になっている子も多いのでは!? 感想文を書く時に一番重要なのは、ずばり本選び。ポイントは、最後まで読み通せる好きな本を選ぶこと!表紙を見てぱっと直…

めいさくのとびら(中学年向け)

こちらで紹介している本は、何十年もの間読み継がれ、長く子ども達に支持されてきたお話です。大人の方にとっては思わず「懐かしい」とつぶやいてしまう本もあるのでは?内容も長さも低学年向けのお話よりもぐっと読み応えが増していく中学年向けの名作作品をご紹介します。1人で読むのが難しそうな時には、毎日少しずつ、…

109件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

出版社おすすめ

  • まいごでござる
    まいごでござる
    出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    こたろうが見つけたのは、しろくてふさふさした迷子。いったいこの子は何なんだろう…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット