新刊
さかなくん

さかなくん(偕成社)

水の外の小学校に通うには、準備がいります。

  • かわいい
  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

テーマの検索結果

現在の検索条件

12件見つかりました

ママが泣ける絵本

ママになった自分を待っていたのは、不安と緊張のくり返し。ふとしたきっかけで涙が流れることも。そんな時に力づけてくれるのは、子どもの存在そのもの。大人になった今も、子どもとしての自分も。生まれてきたことに心から感謝したくなる、そんな絵本をご紹介します。

平和を考える絵本

戦争の記憶と平和の大切さを伝える、長く読み継がれるロングセラー絵本から、今の子どもたちにも無理なく読め、理解が深まる新しい絵本までをしっかりとご紹介します。平和を強く守っていくために大切なのは、戦争を昔起きた過去のこととしてとらえるのではなく、自分事としてどうとらえることができるかということ。そのた…

「死」と向き合う絵本

大切な人との死別、その悲しみの深さは当人にしかわからないもの。どうやって向き合えばいいのか、この答えがわかる人だっていません。それなのに、それは大人も子どもも関係なく、誰にでも突然やってくる出来事なのです。絵本の中にもやっぱり答えはありません。それでも、どこかのタイミングで心を包んでくれることがある…

障がいを考える絵本

障害(ハンディキャップ)については、知らないとどう接してよいかわからないもの。 誤解から、または無意識に、本人や家族の方を傷つけてしまうことも多いのではないでしょうか。 様々な障害について、理解の助けとなる絵本をピックアップしました。 当事者、関係者の方だけでなく、広く皆さんに読んでいただける…

赤ちゃんがやって来た!

世界中で一番の、そしてみんなの宝物「赤ちゃん」が生まれてくる! これは大きな出来事です。ママやパパにも、家族にも、そしてまわりのみんなにとっても。赤ちゃんの事をもっともっと知って、この可愛い天使を迎えましょう。自分が赤ちゃんだった時のお話を聞くのも、子どもたちにとっては嬉しい時間です。

自分のいのち、人のいのちを考える本

いのちって何だろう。いのちの重み、いのちの大切さを子どもたちに伝えるには、どんな本があるのだろう。自分のいのちと周りの誰かのいのちを守るために、また、たくましいこころを育てていくために、親子で一緒に読みたい絵本や読み物を集めました。

老いと思いやりの絵本

年をとれば誰もが「老い」てきます。歩くのがゆっくりになったり、耳が遠くなったり。 今まで出来ていたことが出来なくなり、生活に手助けが必要になることもあります。 おじいちゃん、おばあちゃん、どうしたのかな?子どもたちは疑問に思ったり不安になることもあるでしょう。 「老い」を自然に受けとめ、お互い…

2011年3月11日 東日本大震災のその後を語り継ぐ本

2011年3月11日の未曾有の大災害から10年、人々の暮らしは、心は、どのように変わったのでしょうか。この10年の間に紡がれた本を手に取ってみると、目に見えて復興が進んだり、希望が感じられるコト・ものの存在がありつつも、目には見えない人の内の悲しみや大きなものを失った悔恨の思いは10年前と変わらず、…

大好きなペットとの「さようなら」

家族として生活をともにしてきたペットとの別れは、子どもにも大人にも等しく、言葉に表せない喪失感をもたらします。悲しみをなくしてくれる魔法はありません。けれど、失った命と向き合うとき、または、いつか経験するペットとの別れを考えるとき、絵本が心を慰め、そっと寄り添ってくれることがあります。一緒に過ごして…

きみはひとりじゃないよ

自分がどうしようもなく小さな存在だと思ってしまう時。誰にも気にされていないんじゃないかと感じる時。そんな瞬間というのは、年齢に関係なく訪れるのかもしれません。だけど、そんな時にこそ伝えてあげたいのは「きみはひとりじゃないよ」っていうこと。世界はこんなにも広く、さまざまな生物がいて、さまざまな人たちが…

12件見つかりました


『たんぽぽのちいさいたねこちゃん』なかやみわさんインタビュー

出版社おすすめ

  • アリのメアリ
    アリのメアリ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    いわたまいこさんの絵本デビュー作。繊細で美しい切り絵の魅力がいっぱいの、愛らしい絵本。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット