新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  絵本紹介  >  想像力がかきたてられちゃう! さて最後に出てくるのは……『ぞうのボタン─字のない絵本─』

連載

ブランニュープラチナブック

連載トップへ

絵本紹介

2022.05.19

  • twitter
  • Facebook
  • line

想像力がかきたてられちゃう! さて最後に出てくるのは……『ぞうのボタン─字のない絵本─』

文字がない分、会話を楽しみながら読んで

  • ぞうのボタン─字のない絵本─

    みどころ

    おなかにボタンがついていて、中から別の動物が出てくる・・・なんという発想でしょうか。この衝撃的な展開には文字も色も背景も必要ありません。
    中から出てくるわけですから、だんだん動物は小さくなってゆくのですが、最後に意外な展開が待っています。
    文字がありませんから、親としては自分の言葉で子供と会話しながら本を楽しむことが出来ます。

この書籍を作った人

上野 紀子

上野 紀子 (うえののりこ)

1973年、絵本『Elephant Buttons』(邦題『ぞうのボタン』)をアメリカで出版。 以来、数々の絵本を発表。シュールな味わいをもつ独特の作品世界が数多くの読者を魅了してきた。主な作品に、『ねずみくんのチョッキ』(講談社出版文化賞 受賞)をはじめとする「ねずみくん」シリーズ、『いたずらララちゃん』(絵本 にっぽん賞)、『こころのえほん』(共にポプラ社)、『ことりとねこのものが たり』(金の星社)ほかがある。

 

レビュー紹介

出てくる出てくる

字がない絵本ですが、絵だけで十分楽しめました。ページをめくるたびに、「次はだれがでてくるのかな〜?」「これはなんだろう?」と、大人も子どもも想像力を掻き立てられました。赤ちゃんから大人まで楽しめる1冊だと思います。

(morimoriさん)

赤ちゃんじゃなくても

最近ずっと物語絵本を読んでいたので、今小さい子向きの絵本を読んでみたらどうかな?と思い借りてみました。

4歳次女も6歳長女も字のない絵本がとても新鮮だったようで、絵を見て「えー?」と笑っていました。最後のとこは私もびっくり。十分大人でも楽しめますね。

(きーちゃんママさん)

これぞ「絵本」です!

字のない絵本。まさに「絵本」ですね。

ゾウさんには、ボタンが付いていて、中から様々な動物達が出てくる・・・というお話。

とてもシンプルな絵とストーリー。
最後の展開には、「おお〜!!」とビックリ驚きが待っています。

小さい子には、お母さんがお話を作って、読み聞かせするも良し。
小学校低学年くらいでは、自分でお話を作っても良し。

それぞれの年代で、その時々で楽しめる絵本だと思います。

「ボタン」という所が、また好きです☆

(みっちー77さん)

絵本ナビがおすすめする「ブランニュープラチナブック」(2022年5月選定)からご紹介

ブランニュープラチナブックとは……?

絵本ナビに寄せられたレビュー評価、販売実績など、独自のロジックにより算出された人気ランキングのうち、上位1000作品を「絵本ナビプラチナブック」として選出し、対象作品に「プラチナブックメダル」の目印をつけてご案内しています。

「ブランニュープラチナブック」は、1900万人の絵本ナビ読者の評価と販売実績を得て、新しく「プラチナブック」に仲間入りした注目の人気作品。作品を推す読者のコメントを読むと、選ばれた理由がわかります。

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • あめふりあっくん
    あめふりあっくんの試し読みができます!
    あめふりあっくん
    作・絵:浜田 桂子 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    お母さんと離れたくなくて保育園で大泣きするあっくん。涙と雨、どちらが先に止むかな?


みんなで参加しよう!えほん祭
可愛い限定商品、ゾクゾク♪
全ページためしよみ
年齢別絵本セット