まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ノルマン・ユンゲ(のるまんゆんげ)

ノルマン・ユンゲ(のるまんゆんげ)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

3件見つかりました

表示

ほるぷ出版の大きな絵本 ドアがあいて…

ほるぷ出版の大きな絵本 ドアがあいて…

作:エルンスト・ヤンドゥル  絵:ノルマン・ユンゲ  訳:斉藤 洋  出版社:ほるぷ出版  本体価格:¥6,000+税  
発行日:2006年03月  ISBN:9784593723911
あ・べ・こ・べ

あ・べ・こ・べ

作:エルンスト・ヤンドゥル  絵:ノルマン・ユンゲ  訳:谷川 俊太郎  出版社:講談社  本体価格:¥1,600+税  
発行日:2000年  ISBN:9784061892071
ドアがあいて…

ドアがあいて…

作:エルンスト・ヤンドゥル  絵:ノルマン・ユンゲ  訳:斉藤 洋  出版社:ほるぷ出版  本体価格:¥1,400+税  
発行日:1999年2月  ISBN:9784593503919

3件見つかりました

ノルマン・ユンゲ(のるまんゆんげ)さんの作品のみんなの声

  • 診察を待つ間の気持ち。

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    ひっそりとした待合室。診察室からはうっすらと明かりがもれてくるだけ。おもちゃの病院で順番を待っているおもちゃたち。患者さんがひとりずつ減っていく。中の先生はどんな人なのかな…。ちょっとドキドキ、ちょっ・・・続きを読む

  • あのちょっと怖いきもち

    待合室のあの空気を感じる、不思議な絵本です。 ほかのひとが次々と呼ばれていく中で、 自分の順番を待っている、あのちょっと怖い気持ちが、 見事に表現されています。 場面転換がない絵本で、こんな風・・・続きを読む

  • ドキドキ

    薄暗い壁際に並んだ椅子の上に、どこか古ぼけたおもちゃたちがすわっていました。ドアが開くたびに、1人、また1人と消えていく様子に、なんだかドキドキさせられます。最後はドアの向こうにいたお医者さんをみ・・・続きを読む

  • 怖そうなタイトルと絵ですが・・・

    娘が4歳、息子が2歳の頃によく読み聞かせていました。 舞台は暗い静かな待合室、表紙を見た瞬間に 「怖い本!?」 「どんなお話なの!?」 と子供達の不安そうな声。 でも最後にはちゃーんと子・・・続きを読む

  • ハラハラどきどき

    病院の待ち合い室においてあったので 読んでみました しーんとした待合室 患者はケガをしたおもちゃたち ドアが開いて治ったおもちゃがでてきて また1人入って、、、 ドキドキしながら自分の番を・・・続きを読む


西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット