新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる
平澤 朋子(ひらさわともこ)

平澤 朋子(ひらさわともこ)

"1982年、東京に生まれる。武蔵野美術大学卒業後、フリーのイラストレーターとしてさまざまな媒体で活動。装画、挿画を手がけた主な児童書に、『トメック』『ハンナ』『緑の模様画』『ニルスが出会った物語』シリーズ(以上福音館書店)、『わたしのしゅうぜん横町』(ゴブリン書房)、『アギーの祈り』(偕成社)、『青矢号』(岩波少年文庫)、『赤い髪のミウ』『あしながおじさん』 『クロックワークスリー』(以上講談社)、『きんいろのさかな・たち』(くもん出版)、『緑の精にまた会う日』(徳間書店)、『ならの木のみた夢』(アリス館)などがある。東京都在住。 おはなしとあそびを届けるユニット「ピピオ」としても活動中。 http://casa-pipio.jp/ 好きな事:映画を見る 散歩をする 旅行をする 辛いものを食べる "

お気に入りの作家に追加する

平澤 朋子さんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

60件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  次へ→  最後のページ

表示

  • 双子の星
  • スウェーデン・サーメのむかしばなし 巨人の花よめ
  • トムと3時の小人
  • 名探偵カッレ 城跡の謎
  • レナレナ
  • ニルスが出会った物語 (1) まぼろしの町
  • もうどう犬べぇべ
  • ドン・キホーテ クラシックバレエおひめさま物語
  • あたしデイズ
  • 唐木田さんち物語
  • しずかな魔女
  • 親子あそびのえほん
  • ニルスが出会った物語 (2) 風の魔女カイサ
  • 緑の模様画
  • オンボロやしきの人形たち
  • おばけ道、ただいま工事中!?
  • 名探偵カッレ 危険な夏の島
  • 名探偵カッレ 地主館の罠
  • 竹取物語
  • ならの木のみた夢
  • ニルスが出会った物語 (6) 巨人と勇士トール
  • ニルスが出会った物語 (5) ワシのゴルゴ
  • ニルスが出会った物語 (4) ストックホルム
  • ニルスが出会った物語 (3) クマと製鉄所
  • クロックワークスリー

60件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  次へ→  最後のページ

平澤朋子さんの作品のみんなの声

  • 毎回楽しみにしているシリーズ

    作品ごとに異なる絵本作家の方が絵を描く「宮沢賢治の絵本シリーズ」。今度はどのお話だろう。誰が絵を手がけるんだろう。と宮沢賢治好きの私は、毎回楽しみにしています。 双子の星は、美しい天上の世界と恐ろし・・・続きを読む

  • 素敵な絵!

    宮沢賢治の初期の作品だとは知りませんでした。チュンセ童子とポウセ童子の双子の星がかわいくて、なんとも幻想的なお話でした。歌など、美しい言葉にも魅入られます。ただ、文章だけだと、子どもには読みづらいかと・・・続きを読む

  • 双子星のおはなし

    宮沢賢治の透き通るような文章と、平澤朋子さんの青く幻想的で美しい挿絵がとても素晴らしかったです。 「銀河鉄道の夜」や「よだかの星」同様、賢治の描く星々のお話は不思議で美しく、想像力がどこどこまで・・・続きを読む

  • 空を見上げて思いを馳せたい

    丁寧な言葉づかいの文章と幻想的で神秘的なストーリーにぴったりな美しい絵が相まって、一気に引き込まれていきます。優しく真面目な双子の星とそのほかの個性あふれる夜空の星たちとのエピソードは、私たちが知らな・・・続きを読む

  • 素敵な宮沢賢治の世界

    ミキハウスの宮沢賢治シリーズは、どれもその世界観を見事に表現され、難解な物語をわかりやすく届けてくれるので、子どもたちに自信を持って手渡すことができます。 この双子の星も、私にとっては難しいお話でし・・・続きを読む


えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット